未分類

  1. 303702

    iPS細胞から血小板量産。治験から承認経て、献血に頼らず輸血が可能に

    前回、がんの早期発見が、血液1滴の診断で簡単かつ安価に可能になる技術開発について◆国立がんセンター、血液1滴で、がん特有のマイクロRNA把握。13種のがんを…

  2. 037

    復興相更迭。「緩み」で済ませるべきでない、資質を欠く政治屋、その存在を許す政治、それを選出する国民と…

    「緩み」。いつの間にか、責任がないことの言い訳や、その責任を咎めないがために、意図的に使い、使われるようになってしまった、以下にも日本的な、情緒的な、心…

  3. %e7%b5%a6%e4%b8%8e%ef%bc%91

    格差・貧困対策には極めて限定的な最低賃金引き上げ策、非正規賃金改善策:日経「貧困・格差をどうするか」…

    昨年12月下旬、日経が<経済教室>面で、ここ数年問題視されている貧困・格差問題を取り上げ、「貧困・格差をどうするか」と題して、3人の学者の小論を掲載しました…

  4. 5

    全国自治体で進む「子どもの権利条例」制定。欠かせない子ども相互の権利教育:「こどもの権利の日」に思う…

     今日11月20日は、「子どもの権利の日」とのことです。2016/11/18 付中日新聞で、この日を考えるとした、以下の記事が目に留まりました。--…

  5. %ef%bc%95

    無年金64万人救済改正法成立から考える、公平性確保と世代継承のための政治・行政・企業経営の責任

    年金制度の根本的な問題にとことん踏み込むことなく、小手先の、目の前の運用レベルデの議論と制度改定でしか論じられない年金制度問題。2016/11/16…

  6. e799fbc1aeb9a3f223da45a2b3f2f3e6_s

    いじめ行動を取らない、社会性と思いやりを持つ子どもを教え育む学校と社会を!:「いじめのない社会」実現…

     今年の上期に、いじめ問題について考えていこうと思い◆正体・実態不明の「いじめ防止対策推進法」。中日新聞「いじめ防止法施行2年半」から:「いじめのな…

  7. 1

    「いじめ認知」とは、どの立場からの認知か?:「いじめのない社会」実現を考える(5)

     今年の上期に、いじめ問題について考えていこうと思い◆正体・実態不明の「いじめ防止対策推進法」。中日新聞「いじめ防止法施行2年半」から:「いじめのな…

  8. 金融2

    資本主義の終焉、さらば資本主義、ポスト資本主義。これからどうなる資本主義:『さらば、資本主義』から(…

    今年(2016年)6月に<資本主義>と名がつく3冊の新書を読みました。◆『資本主義の終焉と歴史の危機』(2014/3/14刊)◆『さらば、資本主義』(2…

  9. 入学2

    高2いじめ自殺と予見性、神戸地裁判決を考える。新たないじめが芽生える新学期:「いじめのない社会」実現…

    2016/2/28付中日新聞の「いじめ防止法施行2年半 進まぬ情報開示」という記事から示唆を受けて開始した「いじめのない社会」実現を考えるシリーズ。…

  10. 中2

    「いじめ防止対策推進法」第二章に見る「いじめ」への意識と本気度:「いじめのない社会」実現を考える(3…

    2016/2/28付中日新聞の「いじめ防止法施行2年半 進まぬ情報開示」という記事から◆ 正体・実態不明の「いじめ防止対策推進法」:中日新聞「いじめ防止…

覚えるパスワードを1つに!

worldbanner2

アーカイブ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ロゴマルシェ - LogoMarche
  1. sunset

    日記・随論

    一億モラトリアム社会から脱却の兆しか2015年の日本:課題先進国日本は、2016…
  2. 地方9

    介護

    存在感が薄い地方議会と地方議員の職務怠慢:『地方議員の逆襲』から(2)
  3. 大農2

    地方

    コメの戦いは日米のみならず日豪などグローバルレベル化:日経「食と農・平成の開国」…
  4. 上だ太陽光2

    地方

    復興計画に組み入れたい復興寄付事業、エネルギー地産地消事業:NPO法人上田市民エ…
  5. 大農3

    地方

    ばらまき政策からの脱却の好機にできるかTPP?やはりムリ?:日経「食と農・平成の…
PAGE TOP