社会インフラ

  1. 11

    4月23日フランス大統領選結果から考えるポピュリズム:『ポピュリズムとは何か』から(20)

    ポピュリズムの現状を評価する上で、政治・選挙の季節を迎えているヨーロッパ。その第一の矢であり、砲弾でもあった、英国のEU離脱国民投票。その影響の度合いを…

  2. 1

    モデルなき日本の長期停滞社会経済における処方責任は?:『「老後不安不況」を吹き飛ばせ!』<第1章>か…

    今月4月から、新しいシリーズを始めています。最新刊『「老後不安不況」を吹き飛ばせ! 「失われた25年」の正体と具体的処方箋』(大前研一氏著・2017/3…

  3. テスラ3

    トランプ政権とは無関係の米国の良識と期待:NY州公立大学無料化、テスラ時価総額業界首位に

    トランプ大統領によるシリア爆撃を巡り、マスコミ、ネットとも随分賑やかに種々論じられていますが・・・。それらに関知せずに、アメリカの懐の深さ、と言うか、財…

  4. db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

    2017年3月11日に思う昭和、平成、そして来る次の時代:『シルバー・デモクラシー』から(1)

    どういう因果か、誕生日が3月11日。昨日のニュースでは、韓国・朴大統領の罷免、南スーダンからの陸自PKO撤収決定、そして次元が低すぎる森友学園認可申請取…

  5. 刈羽崎原発

    再生可能エネルギー対原発という構図を変えるべき時期・時代:国有状態東電と大手電力に変革は可能か

    今月の<エネルギー・環境>問題シリーズは、再生可能エネルギーシリーズ◆理想の水素社会は実現するか?:水素エネルギー関連コストの低減が進むが・・・◆不足し…

  6. 地熱発電イメージ

    地道に開発する小規模地熱発電:環境影響評価は客観的に、再生可能エネルギー比向上は意欲的に

    今月の<エネルギー・環境>問題シリーズは、再生可能エネルギーシリーズ◆理想の水素社会は実現するか?:水素エネルギー関連コストの低減が進むが・・・◆不足し…

  7. 洋上風力

    不足し、費用負担を迫られる送電線網対策不在で進む、再生エネ事業、再生エネ支援ファンド事業

    先日、電力行政のミス・矛盾を指摘するシリーズの一つ、みたいな視点で、風力発電をめぐる馬鹿々々しい事例を、以下のブログで紹介しました。◆ 「風力よ、お前も…

  8. FCV-1

    理想の水素社会は実現するか?:水素エネルギー関連コストの低減が進むが・・・

    自分が生きている間での実現は難しいかな、と思い始めている、再生可能エネルギーから水素を作り、その水素を電力などエネルギーに変換し、すべてのエネルギーをまかな…

  9. %ef%bc%96

    経産省政策作りは、マクロだけでなくミクロも:日経「産業集積による地方創生」から(2)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  10. %e3%82%a8%e3%83%8d%ef%bc%91

    「仮想発電所」システム化で再生可能エネルギー社会現実化へ

    最近、またまた書いた、エネルギー・電力行政のミスについてのブログ。◆脱原発を超えたエネルギー戦略構築の政治・行政は不可能か:新しい政治リーダー登場期待は? …

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. f-1

    漁業

    蒲郡市の新規漁業就業者支援制度で研修中:農業に続け、新規漁業就労者!
  2. 048

    地方・観光

    2014年度、自治体の3分の1が実質無借金:最大の自治体、国の現状も比較公開を
  3. Lexus

    水素エネルギー

    レクサス、ミライ生産工場の水素活用化でCO2削減:水素社会実現へ、トヨタが果たす…
  4. 社会インフラ

    虎ノ門ヒルズ オープン! 森ビルが東京・国際新都心構想を加速!
  5. sf-2

    スポーツ

    錦織圭 速報:ATPツアー・マドリッドオープン、準決勝マレーに完敗。2年連続決勝…
PAGE TOP