地方創世

  1. 7

    高知県大川村、村議会廃止検討は、政治・行政改革モデル研究の機会

    先月から話題となっている、過疎化が進む地方の政治と行政の在り方をめぐる高知県・大川村の議会廃止検討問題。日経掲載の関連記事を、時系列的にいくつかピックア…

  2. 6

    新世代型農業への転換期へ:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(16)

    『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・2015/12/17刊)本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。…

  3. 3

    高齢就農者の離農が招く世代交代と農業改革:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(15)

    『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・2015/12/17刊)本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。…

  4. 農地1

    地域の比較優位は1日にして成らず。新たな産業集積概念で時空間経済と地方創生を:日経「産業集積による地…

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  5. 3

    国内の地方創生未解決のまま海外展開視野は不自然:日経「産業集積による地方創生」から(3)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  6. %ef%bc%96

    経産省政策作りは、マクロだけでなくミクロも:日経「産業集積による地方創生」から(2)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  7. 8

    空間経済学という耳慣れない視点は地方創生とどう結びつくか:日経「産業集積による地方創生」から(1)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  8. %e9%80%9f%e6%b0%b42

    農業大学校は経営人材育成の専門職業大学へ。林業大学校卒業生は就職、引く手あまた

    昨年の米国大統領選前後から、共和・民主両党候補者ともTPP離脱を政策としていたこともあり、農業問題に関する話題・報道が顕著に減少していました。…

  9. 3

    人口減少・地方消滅の論拠は、女性人口の減少に:『人口と日本経済』<人口減少と日本経済より>(5)

    2016年12月下旬から『人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長』(吉川洋氏著・2016/8/25刊)を用いながら、人口減少と高齢化社会、日…

  10. 013

    既存組織に属さない現役世代リーダーの輩出を:『地域再生の失敗学』から(19)

    『地域再生の失敗学』(2016/4/19刊)を用いた、新しい視点からの地方創生・地方再生シリーズ。【第1章 経営から見た「正しい地域再生」】…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RSS
  1. 国1

    地方・観光

    個人地方税・法人住民税を安定化する基盤作り:日経「自治体 迫り来る危機」より(2…
  2. sf-2

    スポーツ

    錦織圭 速報:ATPツアー・マドリッドオープン、準決勝マレーに完敗。2年連続決勝…
  3. 5

    グローバル情勢

    デモクラシーと繋がるポピュリズム。双方が持つ多義性・多様性:『ポピュリズムとは何…
  4. 集団行動

    日記・随論

    岩手、中2いじめ死亡問題に思う-2:学校という特殊閉鎖社会の限界とあるべき社会構…
  5. SNS3

    暮らし

    使用料無料SNSに潜む罠から身を守る:SNSトラブル消費者相談、中高年急増!自身…
PAGE TOP