地方再生

  1. 6

    新世代型農業への転換期へ:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(16)

    『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・2015/12/17刊)本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。…

  2. 3

    高齢就農者の離農が招く世代交代と農業改革:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(15)

    『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・2015/12/17刊)本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。…

  3. 別府

    地熱発電、3題噺:大分・九重町、奥尻島、別府巡り。熱さで盛り上がります!

    今月の<エネルギー・環境>問題シリーズは、再生可能エネルギーシリーズ◆理想の水素社会は実現するか?:水素エネルギー関連コストの低減が進むが・・・◆不足し…

  4. 農地1

    地域の比較優位は1日にして成らず。新たな産業集積概念で時空間経済と地方創生を:日経「産業集積による地…

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  5. 3

    国内の地方創生未解決のまま海外展開視野は不自然:日経「産業集積による地方創生」から(3)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  6. %ef%bc%96

    経産省政策作りは、マクロだけでなくミクロも:日経「産業集積による地方創生」から(2)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  7. 8

    空間経済学という耳慣れない視点は地方創生とどう結びつくか:日経「産業集積による地方創生」から(1)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  8. 俯瞰2

    高齢就農者の減少、新規就農者の増加:生産性向上の要件と捉えるべき、就農者構造の変化

    前回、林業および農業分野への新規就業者の増加につながることを期待できる、林業大学校と農業大学校について述べました。しかし、意に反してというか、変わらぬ実…

  9. %e9%80%9f%e6%b0%b42

    農業大学校は経営人材育成の専門職業大学へ。林業大学校卒業生は就職、引く手あまた

    昨年の米国大統領選前後から、共和・民主両党候補者ともTPP離脱を政策としていたこともあり、農業問題に関する話題・報道が顕著に減少していました。…

  10. 3

    人口減少・地方消滅の論拠は、女性人口の減少に:『人口と日本経済』<人口減少と日本経済より>(5)

    2016年12月下旬から『人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長』(吉川洋氏著・2016/8/25刊)を用いながら、人口減少と高齢化社会、日…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RSS
  1. 豊田市0

    社会インフラ

    再生エネルギー地産地消目的の消費電力調整実証実験へ:中部電力、トヨタ自動車、豊田…
  2. 集団行動

    日記・随論

    岩手、中2いじめ死亡問題に思う-2:学校という特殊閉鎖社会の限界とあるべき社会構…
  3. 044

    政治・社会経済

    社会の不条理に立ち向かう「義」と共生社会の意味:日経「村木厚子さんに聞く」から
  4. 6

    地方・観光

    北海道体験移住「ちょっと暮らし」のお試し心地:地方移住促進につながるか?道内自治…
  5. 20

    地方・観光

    企業での働き方改革ではない「ひとりダイバーシティ」と「ひとり働き方ダイバーシティ…
PAGE TOP