地方再生

  1. エコ5

    太陽光発電は、自家消費型で活用すべき:貿易収支、環境対策にも貢献する優れもの

    FIT=固定買い取り価格の引き下げで、期待と成長性が停止してしまった感がある太陽光発電。しかし、それは日本のエネルギー、電力行政の失敗を要因にしたものです。…

  2. 6

    新世代型農業への転換期へ:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(16)

    『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・2015/12/17刊)本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。…

  3. 3

    高齢就農者の離農が招く世代交代と農業改革:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(15)

    『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・2015/12/17刊)本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。…

  4. 別府

    地熱発電、3題噺:大分・九重町、奥尻島、別府巡り。熱さで盛り上がります!

    今月の<エネルギー・環境>問題シリーズは、再生可能エネルギーシリーズ◆理想の水素社会は実現するか?:水素エネルギー関連コストの低減が進むが・・・◆不足し…

  5. 農地1

    地域の比較優位は1日にして成らず。新たな産業集積概念で時空間経済と地方創生を:日経「産業集積による地…

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  6. 3

    国内の地方創生未解決のまま海外展開視野は不自然:日経「産業集積による地方創生」から(3)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  7. %ef%bc%96

    経産省政策作りは、マクロだけでなくミクロも:日経「産業集積による地方創生」から(2)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  8. 8

    空間経済学という耳慣れない視点は地方創生とどう結びつくか:日経「産業集積による地方創生」から(1)

    2017/2/14から日経【やさしい経済学】欄で、「産業集積による地方創生」と題したミニ講座が、8回にわたり、大久保敏弘慶応義塾大学教授執筆で連載されま…

  9. 俯瞰2

    高齢就農者の減少、新規就農者の増加:生産性向上の要件と捉えるべき、就農者構造の変化

    前回、林業および農業分野への新規就業者の増加につながることを期待できる、林業大学校と農業大学校について述べました。しかし、意に反してというか、変わらぬ実…

  10. %e9%80%9f%e6%b0%b42

    農業大学校は経営人材育成の専門職業大学へ。林業大学校卒業生は就職、引く手あまた

    昨年の米国大統領選前後から、共和・民主両党候補者ともTPP離脱を政策としていたこともあり、農業問題に関する話題・報道が顕著に減少していました。…

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アーカイブ

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
RSS
  1. 2

    グローバル情勢

    米国トランプ・ポピュリズムの異種性と人民種性:『ポピュリズムとは何か』から(3)…
  2. グローバル情勢

    エボラ出血熱への日本と国際社会の対応と課題
  3. 太陽光2

    再生可能エネルギー

    八百津町、エネルギー自給自足・地産地消の地域水素社会のモデル実現を
  4. サッカー

    プロテニス

    錦織 曇り、後、ジュリー・ハンプ 霧、後、なでしこ 晴れ
  5. ag7

    農業

    「青年就農給付金」制度の運用は、非農業出身者を重点にすべき:『GDP4%の日本農…
PAGE TOP