政治・社会

  1. 037

    復興相更迭。「緩み」で済ませるべきでない、資質を欠く政治屋、その存在を許す政治、それを選出する国民と…

    「緩み」。いつの間にか、責任がないことの言い訳や、その責任を咎めないがために、意図的に使い、使われるようになってしまった、以下にも日本的な、情緒的な、心…

  2. 11

    4月23日フランス大統領選結果から考えるポピュリズム:『ポピュリズムとは何か』から(20)

    ポピュリズムの現状を評価する上で、政治・選挙の季節を迎えているヨーロッパ。その第一の矢であり、砲弾でもあった、英国のEU離脱国民投票。その影響の度合いを…

  3. テスラ3

    トランプ政権とは無関係の米国の良識と期待:NY州公立大学無料化、テスラ時価総額業界首位に

    トランプ大統領によるシリア爆撃を巡り、マスコミ、ネットとも随分賑やかに種々論じられていますが・・・。それらに関知せずに、アメリカの懐の深さ、と言うか、財…

  4. 1

    EU離脱英国との交渉で、EU、欧州議会・委員会のポピュリズム勢力はどう行動する?:『ポピュリズムとは…

    前回の終わりに、今回の項目は、現在の日本におけるポピュリズムの波として日本維新の会と橋下徹の動きを取り上げた<日本における「維新」の躍進><橋下とフォル…

  5. 10

    忘れられた人々のポピュリズムは現実の政治で継続するか?:『ポピュリズムとは何か』から(18)

    トランプ大統領のポピュリズムについての論が続きます。トランプ大統領誕生と、イギリスのEU離脱決定国民投票における背景の共通性を再確認する、今回の項。…

  6. 2

    シリア攻撃で確認できたトランプの米国ファーストの正体と義:『ポピュリズムとは何か』から(17)

    トランプの心変わりで、グローバル情勢が、大きく変わるリスクが生じることとなった、米国によるシリア空軍基地攻撃。当然ながら、当事者国、非当事者国、それぞれ…

  7. 8

    未だ実現されていない普遍的民主主義を追求すべき日本の使命:『シルバー・デモクラシー』から(9)

    『シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任』(寺島実郎氏著・2017/1/20刊)。筆者とほぼ同世代で前期高齢者のシルバー・デモクラシー世代に属する私…

  8. 031

    劣化した代議制民主主義、復活のシナリオ作りを期待したい人たち:『シルバー・デモクラシー』から(8)

    『シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任』(寺島実郎氏著・2017/1/20刊)。筆者とほぼ同世代で前期高齢者のシルバー・デモクラシー世代に属する私…

  9. 6

    課題・問題を抱える民主主義の改善を可能にする仕組み作りの責任:『シルバー・デモクラシー』から(7)

    『シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任』(寺島実郎氏著・2017/1/20刊)。筆者とほぼ同世代で前期高齢者のシルバー・デモクラシー世代に属する私…

  10. 1

    極右政党政権樹立の可能性が現実的になったオーストリアの政情:『ポピュリズムとは何か』から(16)

    トランプ政治を最新の象徴的事例ともする、グローバル化した「ポピュリズム」を考えてみたいと思い、昨年12月に刊行されたベストセラー『ポピュリズムとは何か …

覚えるパスワードを1つに!

worldbanner2

アーカイブ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ロゴマルシェ - LogoMarche
  1. 西岡1

    ATPツアー

    男子プロテニスATPマスターズ1000BNPパリバ・オープン。西岡良仁、身長差4…
  2. 1

    地方

    不平等で不思議な地方再生策。暑さで狂う判断力。:ふるさと狂騒曲第2楽章「プレミア…
  3. くまモン0

    地方

    まちおこし・地域おこし定番のゆるキャラの経済効果とは?
  4. タンカー

    地球温暖化

    売電価格最大6%安くても、火力発電に拠る東燃ゼネラルは、「新電力」に相応しいか?…
  5. 地熱発電仕組み

    地熱発電

    自社株買い1200億、アローラ副社長600億自社株個人買いのソフトバンクが地熱発…
PAGE TOP