7

政治

対極としての若者世代デモクラシーとポピュリズムを韓国事情で考える:『シルバー・デモクラシー』から(11)

シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任』(寺島実郎氏著・2017/1/20刊)。
筆者とほぼ同世代で前期高齢者のシルバー・デモクラシー世代に属する私が、本書を紹介し
共に考えながら思うところをメモしていくシリーズです。

「第1章 戦後民主主義の総括と新たな地平 -「与えられた民主主義」を超えて」
第1回:2017年3月11日に思う昭和、平成、そして来る次の時代
第2回:与えられた戦後民主主義の理解とその後の懸念、そして今
第3回:70年安保・全共闘世代、団塊の世代の責任とは?
第4回:かち得た民主主義ではなく、与えられた民主主義的国家日本
第5回:思想と現実の統合を構想できなかった全共闘・団塊世代とその後
第6回:団塊の世代責任と体たらく民主党責任は同根?
第7回:課題・問題を抱える民主主義の改善を可能にする仕組み作りの責任
第8回:劣化した代議制民主主義、復活のシナリオ作りを期待したい人たち
第9回:未だ実現されていない普遍的民主主義を追求すべき日本の使命

「第4章 2016年参議院選挙におけるシルバー・デモクラシーの現実
- なぜ高齢者はアベノミクスを支持するのか」
第10回:2016年参院選以降の日本の政治と2017年グローバル社会の政治の季節を重ねる

今回は、第4章の第2回(通算第11回)です。

---------------------------
 2016年参院選が示したもの
----------------------------

一つは、慶応大学名誉教授の小林節が率いた「国民怒りの声」の惨敗である。
 比例区での得票46.7万票、小林節個人はわずかに7.8万票に終わり、比例区で1人を投票さ
せるのに必要な約100万票の半分にも満たなかった。安保法制の違憲性について問題を提起し、
議論を主導した存在に国民は関心を示さなかった。連携する政党など組織論的戦略に欠けるマ
イナー運動に終わり、悲しい結末を迎えたのである。
 「国のありかた」を問う根本問題よりも、「生活と経済が大切」という国民の本音の壁に弾
き返され、風車に向かったドン・キホーテのような敗退であった。

 二つ目は、直前予想でいわれていた「共産党の躍進」が外れ、前回の参院選の当選者8人を
下回る6人にととまったことである。比例区での共産党の得票率は前回より1%伸びたとはい
え、直前予想では「10人以上の当選も」とみられていたにもかかわらず、躍進は幻に終わっ
た。共産党が主導した野党共闘は、与党に対抗可能な選択肢を提示したともいえるが、共産
党候補に対する民進党内の拒絶反応で、共産党自身の議席にはつながらなかった。むしろ野
党共闘によって、「確かな野党」を標榜してきた共産党の輪郭がぼやけ、党勢拡大にはなら
なかったことが指摘できる。共産党としてはジレンマを抱えながらも、国民政党への脱皮に
向けて、この結果を前向きに総括すべきであろう。

 三つ目は、18歳からの政治参加がもたらした意味である。2016年参院選から投票年齢が
18歳に引き下げられ、約240万人の若者が投票権を得たが、注目された18・19歳の投票率
は45.5%であり、予想外に高かったともいえる。全体の投票率は54.7%であった。
 これまでの投票行動の傾向では、総じて高齢者層の投票率が7割近い水準を推移してきた
のに比し、20代の投票率はその半分程度であった。この傾向が続けば、日本の政治的意思
決定は、「老人の、老人による、老人のための政治」となるであろう。

 話は逸れるが、6月に行われた英国のEU離脱をめぐる国民投票において、英国の若者、た
とえば20歳代の若者の66%はEUに留まることを支持した。43歳が分岐点で、それ以下の若
者の過半はEU残留を支持、それ以上の年齢層においては離脱派が過半を占めたという。
 つまり、未来により大きな責任を担う若者が欧州共同体の中で生きることを期待している
のに、老人たちがその道を塞ぐ選択をしたということで、深く考えさせられる。
 そして、注視すべきは、現代日本の社会的意思決定における高齢者が持つ意味であろう。 

EU

※次回、<政権の政策の行き詰まりと代替案なき野党の悲劇> に続きます。

----------------------------

仏大統領選でマクロン候補に敗れた極右ルペン党首は、ポピュリズムを地で行くかのように、
より広範な支持を得るために党名変更も選択肢と考えていると伝えられています。
マクロン大統領選択は、ルペン嫌いを示す行動としてやむを得ない、消去法によりものだっ
たとも言われているのです。
しかし、何よりも、39歳という仏政治史上最年少の大統領を世代を超えて選んだというデ
モクラシーには、その望ましい在り方の象徴的出来事と、羨ましさを併せ持った評価を与
えるべきでしょう。

また遡って、英国のEU離脱をめぐる国民投票で注目された若者の未来志向の行動。
これらに対して日本の若者の思考と行動は?となると、もう1回国政レベルの選挙を経て、
評価すべではと考えます。

そして、いまは何よりも、どこよりも若者世代の意識の象徴としてみるべきは、7日に行わ
れた韓国大統領選の選挙・投票行動でしょう。
多くが現状の雇用や生活に関する不満を抱き、何が革新なのかよく分からない革新政党
「ともに民主党」の文在寅党首を、大半の若者が選択したという現実。
そこには、慰安婦像問題を象徴として反日を叫ぶ声が、これを利用する候補者のアジテーシ
ョンと増幅し、相当の共鳴効果をもたらしました。
実質的には、これは未来志向の選択ではなく、第二次世界大戦時、大戦後、そして朝鮮戦争
後の状況・態勢・結果そのままを維持・固定・継続させての過去回帰・保守志向の選択であ
ることを示すものです。
そしてその時代に、彼ら若者は、当然のことながら存在すべくもなく、何の体験も持たず、
現在に生き、ただ偏った教育と、現状への不満とで、事実と自らの手で切り開いていく気概
を捨て去っている意識が完全に欠落しているのです。

そうした気運を高め、煽動した韓国大統領選。
もちろん、反朴、反保守が形の上での軸ですが・・・。
かの国で見られた今回のイベント自体が、ポピュリズムの一つの典型と見るべきものです。

怨と恨を、生きるためのエネルギーにするしかないかのような国、韓国。
その本質の見方、一面を切り取って見せたのが、ケント・ギルバート氏著の
儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(2017/2/20刊)。

いわゆる革新大統領の誕生で、日韓関係がどう変化していくか。
その変化が、日本国内に、またポピュリズム的政策や行動を引き起こさせそうな可能性を
想定内のこととしておくべきかもしれません。
そして、玉突きのように、米韓関係の変化ももたらし、そのことで日米関係の転換をもも
たらすリスクも想定可能になることも・・・。
そうしたこれからの時の経過の中で、シルバー世代は、未来志向を軸として、望ましい行
動、望ましい選択をできるでしょうか・・・。
若者世代に将来に生きがいと夢を託すべく・・・

8
----------------------------
【『シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任』構成】
はじめに - 戦後日本のタイムカプセルを開くような考察の試みとして
第1章 戦後民主主義の総括と新たな地平 - 「与えられた民主主義」を超えて
第2章 戦後世代としての原点回帰 - 1980年という時点での自画像
第3章 それからの団塊の世代を見つめて - 21世紀に入っての2つの論稿
第4章 2016年参議院選挙におけるシルバー・デモクラシーの現実
      - なぜ高齢者はアベノミクスを支持するのか
第5章 2016年の米国大統領選挙の深層 - 民主主義は資本主義を制御できるのか
第6章 シルバー・デモクラシーの地平 - 結論はまだ見えない、参加型高齢社会への構想力 おわりに 

----------------------------------
【寺島実郎氏プロフィール】
◆1947年北海道生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、
三井物産入社。米国三井物産ワシントン事務所長、三井物産常務執行役員、
三井物産戦略研究所会長等を経て、現在は(一財)日本総合研究所会長、
多摩大学学長。
◆国交省・社会資本整備審議会計画推進部委員、経産省・
資源エネルギー庁
総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員、農水省・「食と農の景勝地」
審査委員会委員長を務める。
◆著書:『脳力のレッスンⅠ~Ⅳ』『中東・エネルギー・地政学』『世界を知る力』他

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 養殖鯖で、日本遺産「鯖街道」が復活するか:若狭湾・小浜サバのブランド鯖化に期待
  2. 日本遺産(10)篠山市(兵庫県):丹波篠山デカンショ節-民謡に乗せて歌い継ぐふる…
  3. 「現状維持」にはらむ不安を払拭すべき日本の政治の在り方:参院選からの田中直毅氏の…
  4. 稀勢の里が、ケガ後初めて見せた名古屋場所4日目、右上手狙いからの攻め
  5. 爆買いに頼らず、中長期視点で観光分野の大学・大学院教育、人材育成強化を

関連記事

  1. 選挙3

    政治

    超党派議連が、選挙候補者男女同数化の「政治分野における男女共同参画推進法案」提案へ!

    2105/9/7付日経に、「超党派議連が、選挙の立候補者が男女同数…

  2. 1

    グローバル情勢

    デモクラシー先進国、西ヨーロッパのポピュリズムを俯瞰する:『ポピュリズムとは何か』から(8)

    未だにトランプ政権中枢スタッフが、相次ぐ指名辞退もあって決まらず、就任…

  3. w3
  4. 010
  5. 女性パーティ
  6. 2

    グローバル情勢

    米国トランプ・ポピュリズムの異種性と人民種性:『ポピュリズムとは何か』から(3)

    従来の政治と社会をひっくり返すような米国トランプ新大統領の政治。選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
RSS
  1. %e7%b5%a6%e4%b8%8e%ef%bc%91

    格差・貧困

    格差・貧困対策には極めて限定的な最低賃金引き上げ策、非正規賃金改善策:日経「貧困…
  2. 5d2661e0511fabcce5a128e3bfe22812_s

    政治

    甘利に脇が甘いガバナーのナンセンスなガバナンスとアイ、ゲス!:人の心はなぜ進化し…
  3. ローソン1

    政治・社会経済

    ローソン玉塚会長退任報道で考える、外部招聘経営トップ人事のイージーさと人材不足と…
  4. f9

    環境・エネルギー

    規制改革・構造改革としての電力自由化と環境問題との繋がり :日経「迫る電力全面自…
  5. 8aff9e7e71208cc7d5e5d075b9addc6b_s

    時事ニュース

    日立造船が風力発電事業、洋上風力普及指針、炭素繊維の東レと風力発電の関係:風の便…
PAGE TOP