バイオマス1

エネルギー問題

太陽光発電採算性悪化で、再生可能エネルギー投資がバイオマス発電にシフト

今月のエネルギー問題シリーズ。
1.太陽光発電、未稼働560万世帯分失効。再生エネ政策失敗の建て直し策は?
2.再生エネルギー地産地消目的の消費電力調整実証実験へ:中部電力、トヨタ自動車、豊田市
3.浜岡原発停止でも増益の中電:火力発電依存は課題を残す

今回は、2017/6/7付日経の
「ゴールドマン系、バイオマス発電参入  再生エネ投資見直し 太陽光の採算性悪化」
と題したレポートを、一部省略して、紹介します。

-------------------------------------

米ゴールドマン・サックス(GS)傘下の発電会社が日本で再生可能エネルギーの一種である
バイオマス(生物資源)発電に参入する。
 GS系で発電事業を手掛けるジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)が、2020年ま
でに、約400億円を投じて10カ所以上のバイオマス発電所を開設。
 発電能力は合計で7万kWを見込む。
 太陽光発電を中心に投資を拡大してきたが、買い取り制度の価格引き下げで採算性が悪化。
安定電源として期待されるバイオマス発電や風力などへ、再生エネ投資をシフトする。

 GSは再生エネ投資の一環で12年にJREを設立。
 JREは現在、全国27カ所でメガソーラー、2カ所で風力発電を運営。
 森トラスト会長が設立した投資会社「MAプラットフォーム」からも約100億円を調達した。

 6月13日に第1弾のバイオマス発電所を茨城県神栖市の工場跡で着工。
 木質チップを燃料とした火力発電で、発電能力は2万4400kWを想定。
 年間発電量で2億kW時を見込む。
 事業費は土地取得を含めて100億円超で、19年4月の完成を目指す。

バイオマス発電所イメージ
※同発電所完成イメージ
記事中の画像を加工転載させて頂きました。

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
政府は再生エネの固定価格買い取り制度(FIT)で太陽光や風力の買い取り価格を
引き下げており、太陽光では12年度のFIT導入時の約5割に低下。
 一方、天候によって発電量が左右されないバイオマスは高値で据え置いている。

 政府はバイオマス発電を安定電源として拡大する方針で、30年の総出力を原子力発電所
7基分に相当する728万kWと、14年の3倍に引き上げる計画。

 太陽光が中心のJREはFITの価格引き下げを背景に採算が悪化。
 新規投資の軸足をバイオマスに移し収益安定を目指す。
 FIT導入後、太陽光発電の開発ラッシュが起きた。
だが制度見直しで魅力が薄れ、足元
ではバイオマスなど他の再生エネに投資を振り向ける
動きが広がっている。

 全国で約110カ所のメガソーラーを手掛けるオリックスは「今後は地熱やバイオマスに
力を入れる」。
 製紙会社や商社も木質チップなどを燃料にしたバイオマス発電所の建設計画を相次ぎ打
ち出している。

 太陽光発電は海外の投資ファンドなどが相次ぎ参入してきた。
 日本で一定の実績のあるGSによるバイオマス発電参入を契機に、海外マネーがバイオマス
発電に流入する可能性もある。
 ただ、バイオマスは木質チップなど燃料の安定調達が難しく、発電所運営の巧拙も問われる。

バイオマ3jpg

-----------------------------------

政府・経産省の電力政策に誤りにより、電力事業者が翻弄され続けています。
それぞれの再生可能エネルギーのよる発電コストの低減が、技術開発や規模のメリットの実現
に伴って実現されるはず。
その予想なしに、参入障壁を下げたいがためだけに、高い固定買い取り価格を設定。
そして予想を上回る太陽光発電事業への参入を見、一気に価格を引き下げるなどし、業界に
冷水を浴びせることになります。

その言い訳は、高い固定買い取り価格が続くことは、消費者の負担を重くするばかり、と。
しかし、バイオマスや風力など他の発電での買い取り価格は高く据え置いたままなのですから、
言っていることとやっていることが反対です。
太陽光発電分野での価格競争を促し、勝ち残れる企業が、コストの安い電力を供給できるよう
になれば、電力料金も下げることができるはず。

なのに、高い買い取り価格を維持した再生エネ事業の方に投資を向かわせようとしているわけ
です。
言うならば、介護保険制度と介護報酬制度に守られた介護事業と同様に、電力業界も、結局官製
市場で保護されていることを示しています。
電力自由化など、単なる言葉の遊び、アヤでしかないのです。
原子力政策・行政と同根です。

他の産業は、政府がどう言おうとも、企業主体で技術革新や競争戦略が進められていくのですが、
エネルギー・電力産業は、本質的に行政主体で、種々の規制のもとで進められていくしかない。
東芝問題も、日立も、原子力事業を柱としてきた大手企業の経営実態が、そこに集約されている
とも言えます。
国有東電の莫大なツケは、結局国民が負担するしかない構図です。
日本国民の最大の不幸のうちの一つと言えるでしょう。

そのブレイクスルーを描ける政治家、出て欲しいのですが・・・。

速水3

 

------------------------------------------


WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 農家へのヘルパー派遣事業は、農業問題の改善・改革につながるか?
  2. 内閣改造は「結果非本位の非仕事人内閣」だった前内閣の任命責任を取った結果!?
  3. 元民主党最高顧問 藤井裕久氏の提言:日経「かすむ野党 再生への処方箋」より(1)…
  4. 当然のアベノミクス失政分析と発想転換型雇用創出対策提案:【経済教室】<あるべき経…
  5. 農地税制が農業改革を妨げる最大要因:耕作放棄地活用と新規就農を拒む税制という岩盤…

関連記事

  1. 総ラー
  2. エコ1

    水素エネルギー

    近ミライのCO₂フリー水素社会へ進む技術開発:水素社会実現への課題と道程(2)

    水素社会は、環境とエネルギー問題対策の理想としての在り方を示すもの…

  3. 国1

    エネルギー問題

    清水建設、再生エネ100%電力小売りを事業展開:そのプロセスで、グリーン電力証書の活用も

    前々回からの12月のエネルギー問題ミニシリーズ◆グーグル等欧米IT…

  4. %ef%bc%96

    地球温暖化

    パリ協定批准読み違えの日本政府:リーダーシップを発揮すべき地球温暖化対策で恥

    ここ数回、廃炉問題を基本として、電力エネルギー行政を巡る国の失政を…

  5. sun1

    再生可能エネルギー

    利用度が高まる太陽光発電の問題点の現実と知っておきたい長所

    温暖化防止、電源構成などとの関係で、ある意味必…

  6. JAXA宇宙太陽光発電1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. %e3%82%a8%e3%83%8d

    エネルギー問題

    積水ハウス、「ゼロエネルギーマンション」建設促進:CO₂、1棟分丸ごと抑制、電気…
  2. うんこ漢字ドリル表紙

    マーケティング

    『うんこ漢字ドリル』発行部数227万部:日経MJ2017年度上期ヒット商品番付前…
  3. famima

    日記・随論

    ココストア買収の優先交渉権得たファミマ、ユニーGとの統合の深謀遠慮は?
  4. __ 1

    地方・観光

    農業・漁業など全産業が観光資源。2016年は地方創生・新時代!
  5. %e5%ad%a6%e7%94%9f%ef%bc%91

    地方・観光

    地域振興に留学生の参画:外国人就労へ、地方大学・企業の取り組み強化を
PAGE TOP