5

日記・随論

稀勢の里、名古屋場所初日完敗で考える力士のケガ管理と角界体質:スポーツ医学活用度は?

またしても先場所に続いて、横綱稀勢の里が、名古屋場所初日に完敗。
ケガの回復状態が、相撲を取るうえでまだまだ無理であることを示しました。

先場所もそうですが、出場・欠場の意志決定が本人に任されたようです。

結局、先場所もやはり横綱の相撲にはほど遠く、負けが込んで途中休場を余儀なくされました。
今場所も同じようになるのかどうかまだ分かりませんが、昨日の一番を見て、これまで感じて
きたことを、あくまでも、勝手な推測に過ぎませんが、書いてみたいと思います。

2

相当の負荷をかけてのトレーニングと食事でつくり上げた相撲取りの体。
毎場所、痛々しくサポーターやテーピングを施して土俵に昇る力士の多いこと、多いこと・・・。

公傷が多く、職業病とも言える、膝・足首・腰などの故障と違い、稀勢の里の場合は、左上腕
部や肩、胸の筋肉の周辺。
トレーナーや理学療法士、医師など、スポーツ医学、スポーツ整形分野の専門家のバックアッ
プが不可欠と思われます。

そこで思うのは、相撲協会の力士のケガの管理システムがどうなっているのか、その疑問です。
稀勢の里の場合、ケガを押して強行出場して優勝をもぎ取ったその場所後、診断結果に基づい
て、リハビリの計画がしっかり立てられるべきだった。
そして、その計画に従ってリハビリを行い、その回復具合を、しっかり医師が判断して、先場
所の出場が可能か、時期尚早かの判断を行ったのかどうか、です。

ケガの場所を考えると、回復を待ちつつ、筋力も鍛えていくスケジュールが必要でしょう。
動く、動かない、というレベルではなく、激しい動きができるまで筋力が回復したか。
あるいは、理想として、ケガ以前よりも筋力がついて、ケガが再発しない、しにくいレベル
まで体ができたかどうか。
そうした、本人と医師双方の確認があって初めて、出場して支障ないという判断が可能になる
はずです。

先場所、ひと場所休場し、2場所後の名古屋場所までの完璧な回復をスケジュール化し、リハ
ビリ・回復トレーニング、そして、本場所に向けての実戦勘を取り戻すための稽古を積み重ね
る一連のスケジューリングを関係スタッフで立てていれば・・・。
あるいは立てるべきだったのでは・・・、そう思います。

悪くても、先場所途中休場後、そうした取り組みをすべきだった。
同じミスを繰り返さない防止・抑止策としても。

5

まして横綱の今後の進退、横綱の力士寿命にも関わる重要な判断ですから、協会が本来責任を
持つべきです。協会の看板なのですから。
その判断が、本人の意志に一任され、協会は興行面から出場させたい一念のみ・・・。
そんなレベルで、この判断に関与しないとすれば、大きく責任が問われて当然ではないかと考
えるのです。
また実績がなく、信頼性も、存在感もない彼の親方にも、しっかり言うべき意見・考えがない
ことも問題でしょう。

不十分のまま出場し、気迫のない、ぶざまな横綱の相撲を見せられることは、ファンにとって
は、裏切りです。まして、負けが込んで途中休場、不戦負け、などとなれば、金返せどころの
落胆・怒りではありません。ファン無視、ファンを馬鹿にした話です。

格闘技の世界やプロのベースボール、フットボール、アイスホッケーなどにおけるスポーツ医学、
スポーツ整形分野のバックアップ体制は、ケガが日常的であり、選手という商品価値を維持し、
興行の価値をも高め続けるために絶対に整備し、持ち続ける必要があり、事実そうしています。

しかし、角界についてそういう情報は、これまであまり耳にしたこと、目にしたことがありませ
ん。
それでなくても、力士寿命が短い相撲取りのこと。
本人自身はもちろん、そして力士を預かる親方を含めて、相撲協会自体が体質と意識を変える必
要があるのでは・・・。
推測の域を出ないので、申し訳ないのですが、そう思われてなりません。

4

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なお、余分ですが、稀勢の里自身に、別に一つ望みたいことがあります。
それは、自分の取り口の狭さを自覚し、横綱ならば、別の取り方の工夫を稽古を通じてすること。
そして、その取り方を柔軟に実戦でできるレベルにまで、形として稽古で創り上げること、です。

現状は、左差しにこだわり、それができなければ、劣勢になってしまう。
すなわち、取り組み相手からすれば、左をおっつけて使わせないか、とにかく離れて突き押しに
徹するかの相撲を取れば勝機が見いだせる。
取り組みにかかる賞金が大きいだけに、相手は、チャンスとばかり挑んできます。

左差しにこだわらずに、右から上手を先に取る、右から前みつ・横みつを狙いにいく。
そのためにこれまでの立ち会いを変える。
踏み込み方を変え、右からの攻めができるように、相撲に幅を持たせるようにする。

それは力士寿命を伸ばすことにもつながるはずです。
これまで比較的長く横綱をつとめることができた力士の多くは、上手投げを得意技の一つにして
いたはずです。

稀勢の里は、組み止めて、左を差してから右上手、という形から寄り切るというワンパターン型。
腰高ですから、立ち合い負けしたり、得意の差し身になれないと受け身に回ってしまいます。
重心が低く、速く、鋭い動きをする力士には簡単に負ける可能性がある・・・。

右からの、強く、速い攻めのパターンを一つ増やすべき。
今回のケガを糧に、まさに怪我の功名としてそういう研究・探究も行い、相撲の幅として、技術
として身に付けて欲しい。
いまからで遅くもないですから、気づき、実行して欲しいと思います。
(これまで、業界関係者のだれかがアドバイスしているとは思いますが・・・)

8

---------------------------------------

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 燃料電池車(FCV)用水素ステーション設置、現状と今後:FCVの普及速度と相関関…
  2. テスラ、太陽光VBを買収。トヨタとのもう一つの戦い:中国が太陽光発電トップ
  3. 福井県坂井市三国湊に北前船時代の町家を復元:歴史・文化再生と地方創生を考える
  4. モーニング(朝食)、午後ティー。快適空間とお値打ち感を求めて彷徨う前期高齢者生活…
  5. スマート農業の事例続々: ルートレック、センスプラウト、デジタルガレージのIT農…

関連記事

  1. 7

    地方・観光

    高知県大川村、村議会廃止検討は、政治・行政改革モデル研究の機会

    先月から話題となっている、過疎化が進む地方の政治と行政の在り方をめぐる…

  2. 046
  3. 議1

    政治

    元民主党最高顧問 藤井裕久氏の提言:日経「かすむ野党 再生への処方箋」より(1)

    2016/7/14付日経に「かすむ野党 再生への処方箋」と題して、…

  4. 047

    日記・随論

    全世代モラトリアム化した先送り民族:財政再建問題、原発再稼働にみる日本人論

    昨年12月の無意味な衆議院選挙で、停滞した国政のおかげでアベノミク…

  5. 11

    グローバル情勢

    4月23日フランス大統領選結果から考えるポピュリズム:『ポピュリズムとは何か』から(20)

    ポピュリズムの現状を評価する上で、政治・選挙の季節を迎えているヨーロッ…

  6. 0-01

    日記・随論

    シャーマン国務次官演説:(中韓の行動)理解できるが、イライラさせる understandable, …

    と米国務省のウェンディー・シャーマン国務次官(女性です)が2月27…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. %e4%b8%89%e8%8f%b1%e5%95%86%e4%ba%8b%e6%ac%a7%e5%b7%9e%e4%ba%8b%e6%a5%ad%ef%bc%92

    エネルギー問題

    グローバルレベルで再生エネのコスト低下:日本のエネルギー政策の致命的な誤り・遅れ…
  2. 7

    文化

    14歳プロ棋士藤井壮太四段30連勝ならず!:棋界の基礎知識=叡王戦を生んだAI将…
  3. 5

    いじめ

    自治体が弁護士を講師に「いじめは犯罪」授業。必修化で加害者化の抑止へ:「いじめの…
  4. 暮らし

    自動車税はクレジット払い可能!そのメリット、デメリット
  5. sf-2

    スポーツ

    錦織圭 速報:ATPツアー・マドリッドオープン、準決勝マレーに完敗。2年連続決勝…
PAGE TOP