1

政治

第3次安倍第3次改造内閣、野田聖子総務相入閣の残念と当初「ポスト未定」の怪

支持率を急速に下げた安倍内閣の支持率回復を目論むための第3次安倍内閣改造。
人心一新を図れば、支持率が回復できると考えること自体が、おかしな、矛盾に満ちた
ことなのですが、とにかく、目先を変えるための常套手段。

そのプロセスで不思議に感じたのが、第一報における入閣決定速報において、何人かが
「ポスト未定」(あるいは「ポスト調整中」)で入閣が決定したと報じられたこと。

どの官庁の大臣になるか決定していないが、一応内閣には入ることを決定した・・・。
ん~~・・・
サラリーマン社会においては、人事ローテーションで、いくつかの部門の管理職を経験
すべく、その候補者を複数上げ、社長・役員で決めるというのはよくある話。
国政の大臣を決めるのは、その次元の話ではないと思うのですが・・・。

本来、大臣になる人は、その所管官庁に関する専門性が知見を持ち、政策にもある程度
通じている人、自分の意見や政策も持っている人であるべき。
ですから、就任時の記者会見で、所管官庁のスタッフが作った方針・抱負コメントをそ
のまま読んで済ますようでは、本来おかしいはず。
マスコミも習慣化されたそうした行事に、クレームを付けて大臣を困らせるのは悪い、
可愛そうと思うのでしょうか・・・。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ポスト未定プロセスを経て決まったポストについては
2017/8/3日経夕刊の
「第3次改造内閣発足へ 首相「初心に戻り結束」」
で確認頂けます。

その中で、初入閣組が少なかったのが、意外かつ残念なことの一つ。
その理由は、過去の大臣経験者で失点がなかった人、スキャンダルがなかった人を任用した
かったから。
事前に、身体・身辺検査がしっかり行われなかったことで、入閣後、スキャンダルや適格性
を欠く人物であることが問題となり、政権の脚を引っ張ることが、茶飯事だったから。

要するに、任命責任を問われるリスクを少しでも回避したかったから・・・。
でも、よくよく考えれば、任命責任とやらを取るために内閣改造をする権利を持っている、
とも言える・・・。
為政者には都合がいい、政治システムがあるのです・・・。

ということで、恐らく順送りで大臣就任を待っていた諸兄には、相当不満が残る人事だった
はず。
そういう点では、これまでの内閣改造と違うと言えば違う。
しかし、当初、ポスト未定という形で公表したことで、組閣が、どの政治家が、どの分野に
強い関心を持っているか、高い専門性と意見・見識を持っているかで検討し、決定されるも
のではないことも明らかになったわけです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
もう一つの残念は、毎度のことですが、2世議員の入閣者が多いこと。
安倍総理自身がそうですが、小此木、江崎、河野とか、梶山とか、きちんと調べればまだい
るでしょうね。

3

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ちょっと話を回り道してしまいました。
この内閣改造で、安倍政権とは距離を持ち、どちらかというと、反安倍的な立場に身を置い
てきた(はず)の野田聖子が、総務相として入閣。
これが、私が最も残念に思うこと、です。

実は先日、彼女の自民党内での立ち位置を望ましいと考えるゆえ、蓮舫民進党代表辞任と絡
ませて書いた
蓮舫に薦める民進党離党と今後の身の振り方:小池都知事・野田聖子グループ化と師事を
と題したブログで、野田さんが、自民党から離れてくれることを期待したばかりだったので
あります。

彼女が座った総務相の椅子。
これは、長くその役割を無難に務めた、もう一つ存在感が希薄な、高市早苗氏の後釜。
その高市氏は、先日離婚を発表したばかりでもあります。
まあそれは野田さんの任用に関係あるのかないのか、各段の想いはありませんが、タイミン
グがいいというか、悪いというか・・・。
まあ、高市さんよりも知名度と人気がありますし、総裁選に出たいと考えたこともある女性
議員ということで、やはり、今人気と注目を一身に集めている上野動物園で産まれたパンダ
の赤ちゃんと並べてみてしまう・・・。
(かなり失礼な話と承知していますが・・・。)
要は、人気回復のためのカードの一枚であることに違いはない。
それに野田さんは乗った、いや座った、のです。
自民党思いゆえのことか、やはり大臣ポストに魅力を感じたためか、ご本人の本音はどうで
しょうか・・・。

彼女の経歴を読めば、やはり余人とは異なる人物人材であること。
◆参考:ja.wikipedia.org/wiki/野田聖子
(但し、2世議員であることは、人並みですが。)
やっぱり残念だなあ・・・。

6

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
折角ですから、ついでにもう一つ。
これをやれば人気回復の大きな要素になりえたかも、という話。
それは
経済再生とか、1億総活躍とか、地方再生とか、元々は、他の基幹省庁から切り取って設置し、
機能的に重なり合う省庁間の調整や統合を必須とする省と大臣職を、この際リストラし、統合
か廃止すれば良かったのに、ということ。
順番待ちで、だれもが欲しがる大臣ポスト。
増やすことはあっても、減らすことなど考えるはずもないですが、内閣を一新する気ならば、
そのくらいやってもよい、やるべき・・・。

復興と地方創生は統合。
経済再生は経済産業がやればいいこと。
1億総活躍は廃止。どうしても、ということならば、総務相兼任で総務省内に同機能を。
五輪も、文科相兼任で、文科省内に機能を置けば済む。
などなど、現状、何故か当たり前になっている省庁の構造改革・行政改革に手を付けること
で、財政改革への取り組みも実効を見せて、取り組む姿勢を見せる・・・。
こういうところまで踏み込むならば内閣改造のの意味・意義もあるというもの。

人心もさして新しくできず、政策も変わらなければ、時間とコストのムダしかない。
以前にも述べましたが、そもそも改造を必要とする内閣というのは、あまりよくなかった、
成果を上げられなかったということを証明したもの。
ゆえに、前任者は、失格だったと言えるわけで、その責任を問われ、それなりの処遇・対応
を受けるべきなのでありますぞ・・・。

2

-------------------------------------

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. コメ・ウォーズ:地方創生の武器のひとつ、熱く、温かいブランド米の美味しい戦い
  2. 利用度が高まる太陽光発電の問題点の現実と知っておきたい長所
  3. 地方創生・観光立国・農政新時代の成果はいつ実現するか?:安倍首相所信表明演説から…
  4. 風力発電所ハマウィングでトヨタなど水素生産実証実験:水素社会実現への課題と道程(…
  5. いよいよパワーロボットスーツ、建設現場に:大林組、サイバーダイン「HAL」ゼネコ…

関連記事

  1. 怒3

    地方・観光

    全国1788自治体の地方議会議員総数3万3438名の内、女性議員1割の現実:『地方議員の逆襲』から(…

    当ブログのカテゴリーの一つが<地方>。地方創生・地方再生問題を多面…

  2. マンション
  3. 荒れ地
  4. %ef%bd%83%ef%bc%92
  5. 宇宙2

    日記・随論

    自然科学から宇宙科学への転換と人間の変化:『さらば、資本主義』から(6)

    今年(2016年)6月に<資本主義>と名がつく3冊の新書を読みました。…

  6. 1

    エネルギー問題

    「風力よ、お前もか」。電力行政の矛盾と混迷の長期化で増す、国民と新規事業者の負担と損失

    現在のみならず、ずっと将来にまで社会に重大な影響をもたらす環境・エネル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アーカイブ

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 1

    水素エネルギー

    海上輸送による水素供給体制強化へ、川重、英蘭シェルと提携:水素社会インフラ強化へ…
  2. %e5%92%8c%ef%bc%98

    地方・観光

    農水省が海外の和食料理店向け日本産食材紹介サイト:その先の展開は「和を以て尊しと…
  3. 西岡24

    ATPツアー

    男子プロテニスATPマスターズ1000BNPパリバ・オープン。西岡良仁、錦織圭共…
  4. IT

    成長戦略

    成長戦略としてのITベンチャー起業支援:多様な業種の起業支援と出資外支援政策の拡…
  5. 荒れ地2

    地方再生

    農地税制が農業改革を妨げる最大要因:耕作放棄地活用と新規就農を拒む税制という岩盤…
PAGE TOP