31cbe88c06e99d1fb585bad2126c2bfb_s

グローバル社会

北朝鮮核保有問題にみるグローバル時代における戦後体制の矛盾

前回、北朝鮮の金正恩委員長の「東京五輪に参加する」発言について
IOC会長と会談の北朝鮮・金正恩が「東京五輪に参加」と:なにをバカなことを!
と題して投稿しました。

その中で、北朝鮮の拉致問題から、韓国の慰安婦問題に話が転じ、第二次大戦後の世界の
枠組みが厳然として、現代に、そして今後も大きな壁になっている旨の話になってしまい
ました。

核兵器開発・保有に対して、国際的な非難が起こり、重い経済制裁措置に耐えかねたのか
どうか分かりませんが、平昌五輪以後の南北朝鮮の融和、米中韓首脳会談開催の可能性、
中国・北朝鮮首脳会談実施、韓国芸術団?の北訪問鑑賞など金正恩のあの大変身振りは、
いったいどうしたものか、どういうことか・・・。
想像はつきますが・・・。

ついつい、本題から外れそうになるので、戻して・・・。

--------------------------------

核保有反対をめぐる国際的議論と行動の矛盾

核保有に反対する。
当然と言えば当然・・・。
なのでしょうか???

核を保有しない国が、非保有国の核開発や保有に反対するのは、まだ理解納得できる。
しかし、既に核を保有している国が、新たに別の国が核を保有することに反対などでき
るのか・・・。

わたしが、素朴に考えるところです。
核保有国が自国の核を廃棄・廃絶するから、他国の核保有にも反対する。
これならば、もろ手を挙げて賛成したい。

非難と制裁決議の公的機関・場としての国連。
その安全保障理事会常任理事国5か国、米国、ロシア、イギリス、フランス、中国のす
べてが核を保有している。
その他の核保有国は、インド、パキスタン、北朝鮮の3か国。
それに、中東の国が開発しているとかしていないとか・・・と騒がれている。

全常任理事国が核を保有している国連が、どういう論拠で、他国の核保有に反対するの
か、できるのか・・・。
核を保有しているから、常任理事国であり続けることができるのか・・・。
ふとそんなことさえ考えてしまう・・・。
魑魅魍魎、摩訶不思議の世界です。

8497f4270e924024b06ef7873c971f2a_s

***********************:

第二次大戦後の戦勝国体制のグローバル時代の矛盾

そして、この5か国の常任理事国体制は、第二次大戦の戦勝国の権利を表現・象徴した
ものであり、1945年から既に75年近く、ほぼ3四半世紀経つ今も変わることがない。

設立時の加盟国51が、2017年5月現在、193。
4倍近くになっても、拒否権をもつ常任理事国体制は変わりません。
変えようという真剣な議論もなされる気配がありません。
せいぜいで、非常任理事国を輪番制的に回す程度。

どうみても、どう考えても、非が特定されると思われる国際的な紛争があっても、非難
決議も、制裁動議も、常任理事国の一つの反対で簡単に否決される権力なき、責任なき
国連・国際連合。

敗戦後、多額の賠償金や円借款など負担し、戦後のグローバル社会と経済に多大の貢献
をしてきた日本であっても、敗戦帝国主義国家の烙印を押されたまま、未来永劫負い目
を感じることを強いられるのか・・・。

その非合理性と、偏った正義・道義のもとの岩盤の戦後体制という矛盾が、あるべき、
望ましいグローバリズムの実現を阻んでいるのです。

そして現実は、各国の自国ファーストの色が増し、付いては離れ、離れては付く現実的
地政学。
その判断基準・行動基準の源は、資本と経済、そして武力にあることは、自明です。

fcb275d9eaaaa43b17e13deb768d30a5_s

*********************

グルーバル社会に通用するリーダーを!

日本は、これからどの道、どういう道を描き、歩むべきか・・・。
根本的な議論を、国民レベルで、積み上げていく必要があると思うのですが・・・。
そのためには、やはり、望ましい政治的リーダーの輩出・出現が不可欠。

グローバリズムと自国ファーストを統合してデザインし、行動できる人材・人物。
その姿かたちは、未だ見えません。

a8a3f116b2e19718e37c5b89f4be504b_s

--------------------------------------------
--------------------------------------------


-------------------------------------



-------------------------------------
<PR>
【限定250名】1週間で27万円稼いだツールが無料配布されています!


週給27万円を得ることができるようになったらどうしますか?

・今の仕事をやめて、満員電車やイヤな上司から開放されたい
・親孝行のために、思う存分お金を使ってみたい
・窮屈な想いをさせている子供の夢を叶えてあげたい
・好きな仲間だけで、好きなだけ旅行にいってみたい
・自分の趣味に思う存分お金をかけてみたい

週給27万円。月収にすれば、約100万円くらいでしょうか。
そんなに大金持ちという分けではないですが、
おそらく、多くの悩みは解決できるのではないでしょうか。

ネットビジネスに触れたことのもない
20人のモニターの方が
平均週給27万円の報酬を上げてしまった
とんでもないシステムがあります。

そのシステムが今な無料で手に入ります。
>>>今すぐ週給27万円の権利を手に入れる
→ http://master-system.biz/lp/1/main/index.html?r=1&u=4395

-------------------------------------

 

ピックアップ記事

  1. 地方の私立大学が「公立化」する背景と課題:公費=税金が投入される公立大の存在意義…
  2. 東京都の水素社会実現支援2016年度事業:燃料電池バス運行実験、FCV・給電機器…
  3. 復興計画に組み入れたい復興寄付事業、エネルギー地産地消事業:NPO法人上田市民エ…
  4. 東京都周辺県が、就農者等移住者誘致活動強化:地元での堅実な取り組みを基盤に
  5. 家おでん対コンビニおでん。異なる時短効果:『マーケティングの嘘』で知るリア充暮ら…

関連記事

  1. 1

    グローバル社会

    デモクラシー先進国、西ヨーロッパのポピュリズムを俯瞰する:『ポピュリズムとは何か』から(8)

    未だにトランプ政権中枢スタッフが、相次ぐ指名辞退もあって決まらず、就任…

  2. 11

    グローバル社会

    4月23日フランス大統領選結果から考えるポピュリズム:『ポピュリズムとは何か』から(20)

    ポピュリズムの現状を評価する上で、政治・選挙の季節を迎えているヨーロッ…

  3. 6

    グローバル社会

    気になるドイツのポピュリズム政党をめぐる最近の政情から:『ポピュリズムとは何か』から(9)

    トランプ政治を最新の象徴的事例ともする、グローバル化した「ポピュリ…

  4. 7

    グローバル社会

    福祉排外主義にも一分の理。民主主義政治の課題として:『ポピュリズムとは何か』から(13)

    オランダの下院議会選挙が終わり、極右勢力の自由党が想定されたレベルの伸…

  5. 27

    グローバル社会

    トランプ大統領、無報酬を表明。就任前サプライズへの期待と不安 :トランプ政治とアメリカ社会(4)

    異端と言われていますが、人間であることには違いがないトランプ次期米国大…

  6. 2

    グローバル社会

    フランスの国民戦線の根源・本質は誰にも理解可能:『ポピュリズムとは何か』から(15)

    3月29日のメイ英国首相のよる、EU離脱通知により、いよいよEU離脱に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

覚えるパスワードを1つに!

worldbanner2
2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ロゴマルシェ - LogoMarche
  1. 0-01

    日記・随論

    シャーマン国務次官演説:(中韓の行動)理解できるが、イライラさせる unders…
  2. AO1-6

    スポーツ

    2017全豪オープン、錦織圭、辛勝の全豪1回戦に出た彼の特徴のすべて:今シーズン…
  3. 案内250K

    未分類

    成長戦略遅れ15%、キャノンが監視カメラ世界首位企業、日立がビッグデータ分析ソフ…
  4. 5

    農林水産業

    若い世代の新規就農者増加傾向。農林中金が最大60万円助成金
  5. 6

    政治

    悲しい「起業に無関心」が72%と高い現実:2017年版中小企業白書・小規模企業白…
PAGE TOP