錠剤

日記・随論

トヨタ役員逮捕、オキシコドン、麻薬密輸容疑報道を考える

 

「トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が
麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件」

これが
日本経済新聞が、同事件を報じるときの枕詞・共通書き出し文です。
以下に、関連報道記事の日付順に並べてみました。

0-45
--------------------------

1.警視庁組織犯罪対策5課は18日、米国から麻薬を密輸したとして、
麻薬取締法違反(輸入)の疑いで、トヨタ自動車の常務役員で米国籍の
ジュリー・ハンプ容疑者(55)を逮捕した。
同庁によると、「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している
逮捕容疑は6月11日、米国からハンプ容疑者宛に、
麻薬成分の「オキシコドン」を含む錠剤57錠が入った国際郵便を輸入した疑い。

2.トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が
麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件で、
国際宅配便で運ばれた麻薬錠剤はアクセサリーの包みに小分けされて
入っていたことが19日警視庁組織犯罪対策5課への取材で分かった。
国際宅配便はネックレスとして輸入申告されていたという。
同課によると、ハンプ容疑者は容疑を否認しており「弁護士が来たら話す」
供述している。同課は同日、ハンプ容疑者を送検した。

3.警視庁は19日、ハンプ容疑者が密輸したとされるのは
国際郵便ではなく国際宅配便だったと発表を訂正した。

4.捜査関係者によると、ハンプ容疑者は調べに対し
「体の痛みを和らげるために輸入した」との趣旨の供述をしているという。
同課は使用目的を慎重に調べているもようだ。(2015/6/24付朝刊記事)

5.トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が
麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件で、
麻薬成分を含む錠剤の入った宅配便について、
同容疑者が「父親が発送した」と供述していることが24日
捜査関係者への取材で分かった。

6.トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が
麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件で、
同容疑者が麻薬成分を含む錠剤について
「自分に処方されたものではない」と供述していることが25日
捜査関係者への取材で分かった。

7.トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が
麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件で、
東京地裁は26日同容疑者の勾留を29日から10日間延長し、
7月8日までとする決定をした。
警視庁は、同容疑者が米国から密輸したとされるオキシコドンの
使用目的や違法性に関する認識などについて捜査を進める。

(もう当然、済んでいるのでは・・・?)

0-03
---------------------------

オキシコドンとは 2015/6/19付日経記事から転載しました。

オキシコドンは、がんの痛みを和らげる医療用麻薬の一種として
海外だけでなく、日本でも2003年に承認されている。
鎮痛効果が高いためモルヒネが効きにくい患者にも有用とされる。
麻薬のため使用には医師の処方が必要。

麻薬として用いると多幸感が得られ、09年に死亡の
マイケル・ジャクソンさんも常用していたとされる。

内閣府が2011年度にまとめた米国の若者の薬物乱用に関する報告書
によると、米国ではオキシコドンは医療以外の目的で使われ、
問題となっている薬物の一つ。

麻薬取締法は、厚生労働相の許可を受けた業者以外の輸入などを
禁じている。
ただし、例外規定として、病気の治療目的で処方されている人が、
事前に地方厚生局長の許可を受ければ、携帯して持ち込むことができる。

038
-------------------------
こうした事件報道があるたびにいつも思うこと。
そして今回の事件報道について、その特性から思うことを
いくつか書き出してみたいと思います。

◆容疑段階で、逐一その状況をマスコミに発表することへの疑問
容疑を否認している場合でも、マスコミに事件を発表することに
いつも疑問を感じています。
基本的には、仮に容疑を認めたとしても、冤罪の可能性もあるわけで
小出しに捜査状況をマスコミに伝えるのは、情報操作の側面もあると
考えるのです。
また、捜査プロセスの1日毎の状況をこと細かに記者に話すことが
果たしてあっていいものかどうか・・・。
正確に関連性や流れを確認・把握した上で発表すべきことを、未確認
事項があるまままず発表し、翌日、不足情報を追加発表するなど
一貫性が欠けている。
却って、その小出しの状況が、供述自体が不誠実であったり、曖昧で
あるかのような印象を抱かせることにもなりかねない。
内容によっては、矛盾する供述を発表し、供述の曖昧さを伝えることで
犯罪性を強く印象付けようとする意図があるように思える・・・。

◆初期の捜査段階での国際郵便と国際宅配便とのミス報道と訂正発表は
捜査のいい加減さの現れであり、お粗末。これだけでも信頼性を欠く。

世界のトヨタの現役役員であり、米国人役員でもある容疑者の逮捕
が、事前に政府やトヨタ社、米国関係者に対して連絡も確認もなく行
われたのか、疑問が残る。
犯罪においてそうした配慮は必要ないのは当然ですが、組織性や凶悪
性がないとみなされた場合には、2国間や企業と政府間でのなにかし
らのコミュニケーションや配慮があっても支障ないのではと感じた
のですが、実のところ、どうなのでしょう・・・???

◆また、容疑者は当然、英語(米語)で取り調べに応じているのだから
記者発表するならば、その内容も、英語で発表すべきと思うのですが。
日本語への翻訳は、警視庁側が行ってori、本人が伝えたい内容・ニュ
アンスかどうか、的確性を欠く可能性もあると思うのです。

捜査関係者への取材で分かった」「捜査関係者によると」
という警視庁とマスコミの関係は、刑事事件の容疑段階・捜査段階で
果たして公正なものなのか、あっても構わないものなのか・・・。
ここは、是非マスコミや法律家に聞きたいところです。

0-30
-------------------------

今回の事件で
私は、容疑者の肩を持つ気持ちはまったくなく、
重大な刑事事件、ニュース性が高い事件が起きるたびに感じる
取り調べプロセスや報道のあり方についてのみ
思うところを書いてみたものです。

殺人や被害が大きい犯罪など社会的な影響が大きい事件でなければ
捜査段階での発表やリークは最小限とし、
その容疑が裏付けられ、本人が容疑を認めた段階で発表・報道すれば
ことは足りるのではというのが、私の意見です。

その他今回の事件に関して付け加えるならば
米国では問題が指摘されているにも拘らず、市販されている薬が
日本では麻薬とみなされているという違いへの対応の難しさについて
です。

父親と容疑者との間で、どのようなやりとりや日米での法律の違いに
ついてのコミュニケーションがあったのか、現時点ではまだ不明です。
その状況において、細切れの情報リークがあるのは、やはり不自然で
あり、捜査の合理性・一貫性を欠きます。

これらの認識については
AP通信では「日本について知っておくべきことへの認識が不足」
日本のマスコミやトヨタサイドでは「海外人材へのサポートの不足」
「赴任時の研修のあり方」という内容が目につきます。

勾留延長が認められたことが、事の重大性を示すものなのか、
容疑者の犯罪性を強く認識しているためのものなのか、知るよしも
ありません。

延長された拘留期間の取り調べ状況が、またまた小出しにならないよう
容疑者が固まり、本人が認めた場合のみの報道で十分と思うものです。

それにしても
「弁護士が来たら話す」と言うかなぁ・・・。

ミライB

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 家族との団らん、日常と異なる食事、利便性。食と暮らしの多様性を楽しむ:日経<食と…
  2. 国産農産品の輸出はこれから本格化。ソフトの輸出も!:「<時事解析>農業の国際競争…
  3. 家おでん対コンビニおでん。異なる時短効果:『マーケティングの嘘』で知るリア充暮ら…
  4. 農水省が海外の和食料理店向け日本産食材紹介サイト:その先の展開は「和を以て尊しと…
  5. 日本遺産(9)宇治・城陽・八幡・京田辺・木津川市、宇治田原町(京都府):日本茶8…

関連記事

  1. m020033

    地方・観光

    初の女性都知事誕生を、女性議員比率向上の好機に!:『地方議員の逆襲』から(10)

    東京都知事選が終わり、初めての女性都知事が誕生しました。「地方議員…

  2. 010
  3. ミライB

    日記・随論

    「トヨタ、初めて副社長に外国人起用」 って・・・どうなの?

    業界、世界トップのトヨタ自動車が、副社長に初めて外国人、ディディエ…

  4. ふるさと納税Map
  5. 西岡24
  6. 風力7

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 二6

    地方・観光

    地域ブランド、人材育成、空港活用、訪日客用保険:「訪日客4000万人」観光立国へ…
  2. ECO

    四大大会

    錦織圭、2015全豪オープン結果:1回戦、ストレート勝ちで2回戦進出
  3. 中1

    政治・社会経済

    正体・実態不明の「いじめ防止対策推進法」。中日新聞「いじめ防止法施行2年半」から…
  4. sun1

    再生可能エネルギー

    利用度が高まる太陽光発電の問題点の現実と知っておきたい長所
  5. w8

    エネルギー問題

    風と太陽の寓話が、原発の神話に優れ、地球と社会を温かく包んでくれる?:風力発電3…
PAGE TOP