ふるさと納税Map

人口減少

人口減少問題を考える(1):人口100万人未満、500万人以上の都道府県はどこ?

 

住民基本台帳に基づく、2015年1月1日時点での人口動態調査

日本創生会議による
昨年14年の地方消滅危機論と今年15年の東京圏高齢者の地方移住提言。

この話題との関係もあって、今回の人口動態調査を少し時間をかけて
眺めてみました。

小学校・中学校の頃の社会と地理の勉強を思い出すようで、興味深かった・・・。

 

日本地図
------------------------------

さてそこでクイズです。
<第1問>:人口が100万人未満の8県は、どこでしょうか?

<第2問>:人口が500万人以上の9都道府県は、どこでしょうか?

<第3問>:2015年1月1日時点で、前年比で人口が増加した6都県は、どこでしょうか?

--------------------------------

それでは、各問題ごとにヒントとして、数字を記入しましたので
それがどの都道府県か、考え、回答してみてください。

<第1問>:人口が100万人未満の8県は、どこでしょうか?

少ない県順に、人口数を入力しました。

1.579,554 人 =    県
2.700,491 人 =    県
3.743,616 人 =    県
4.771,627 人 =    県
5.792,166 人 =    県
6.842,099 人 =    県
7.843,124 人 =    県
8.997,903 人 =    県

砂丘

<第2問>:人口が500万人以上の9都道府県は、どこでしょうか?

多い都道県順に、人口数を入力しました。

1.12,880,143 人 =      都道県
2. 8,950,660 人 =      都道県
3. 8,667,415 人  =      都道県
4. 7,297,292 人  =      都道県
5. 7,178,177  人  =      都道県
6. 6,142,717  人  =      都道県
7. 5,543,171 人 =       都道県
8. 5,408,756 人 =      都道県
9. 5,063,272 人 =      都道県

札幌

<第3問>:2015年1月1日時点で、前年比で人口が増加した6都県は、どこでしょうか?

前年比増加率が高い都県順に、その数値を入力しました。

1.0.57 % =       都県
2.0.32 % =       都県
3.0.13 %  =       都県
4.0.12 %  =       都県
5.0.11  %  =       都県
6.0.02 %  =       都県

沖縄
------------------------------

以下に、7月2日付の日経の関連記事を転載しました。

人口、最大の27万人減。出生数、最少の100万人。 東京集中・高齢化が加速

総務省が1日発表した住民基本台帳に基づく1月1日時点の人口動態調査によると、
国内の日本人の人口は1億2616万3576人で、前年比約27万人減った。


年間減少幅は調査を始めた1968年以降で最大

出生数は79年の調査開始以降で最少の100万3554人だった。
町村の9割で人口が減る一方、東京圏への一極集中がさらに進んだ。
少子化対策と地方創生に向けた取り組みが一層求められる。

日本人の人口は6年連続減。
出生数は前年に微増となっていたが再び減少に転じた。
死者数最多の127万311人。
死者数から出生数を引いた自然減は26万6757人で、8年連続となった。

14歳以下の年少人口は1631万18人で人口に占める割合は12.93%
一方で65歳以上の老年人口は3268万764人で25.90%となり、年少人口の2倍超に。
主な働き手となる15~64歳の生産年齢人口は7717万2787人で61.17%だった。

41道府県で人口が減少
すべての町村のうち88%で減少。
市区は77%が減少。

三大都市圏は東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)のみ0.27%増加。
名古屋圏(岐阜、愛知、三重)や、関西圏(京都、大阪、兵庫、奈良)は減少。

東京圏への一極集中が顕著。

三大都市圏でも高齢化は進行。
65歳以上の増加は、東京圏31万3千人、名古屋圏9万8千人、関西圏16万7千人。
三大都市圏で全国の増加分の半分以上を占める。

東京圏の増加率は3.93%で、全国平均の3.48%を上回る。

住民登録外国人人口は2.97%増の206万2907人。
外国人を含む総人口は1億2822万6483人であった。

0-73

-----------------------------

正解は、次回に掲載します。
お楽しみに!

--------------------------
こうした数字を見ると

人口の都道府県比較での格差の大きさ
そこからくる
◆1票の格差問題
◆道州制などによる行政改革

人口の一極集中と減少の継続的状況
そこからくる
◆大都市からの地方移住

少子高齢化による高齢者構成比の急速な向上
そこからくる
◆少子化の歯止め政策、子育て対策
◆若い世代の地方移入・流入政策

など、ここ数年議論され、話題になっている課題が自然に思い浮かんできます。
でも、結局、明確な回答、決め手になる手立てを見るに至っていません。

データを見て、これはまずい、なにか手を打たねばと繰り返し繰り返し
言い続けて、◯◯年!

そうこうする内、皆、年齢を重ね、人口動態も毎年の数字を積み上げ、
人口年齢グラフが変化していきます。

人口ピラミッド2025

結論が明確に存在する課題ではありませんが
長い期間・年数を必要とする課題だけに、実現可能性があるビジョン・方針・
計画に基づき、進捗の評価・確認をしていくことができる取り組みを
合意形成して進めていく必要があります。

その手順・手続き・方法が決まらない、決めれらない状態から
まずは早く脱しなければいけないのですが・・・。

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 脱・太陽光偏重と言えども制約が大きい風力発電:エネルギー政策の日和見主義への疑問…
  2. 農業法人同様、漁業法人化を進めるべき日本の水産業:日経「日本の水産業の課題」から…
  3. 電力自由化でも、再生エネルギー電力販売会社を選べない矛盾:電力に色は付かない?
  4. 国産農産品の輸出はこれから本格化。ソフトの輸出も!:「<時事解析>農業の国際競争…
  5. 成長戦略としてのITベンチャー起業支援:多様な業種の起業支援と出資外支援政策の拡…

関連記事

  1. f-7
  2. エコ1
  3. テスラ2
  4. ローソン2
  5. サミット0

    地方・観光

    国の為政者が悪いことをするかもしれないとの想定での制度設計:『地方創生の正体』から(16)

    『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(山下祐介氏・金井…

  6. 大農2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 5

    エネルギー問題

    三菱商事、ベルギー、オランダで大規模洋上風力発電事業:再生可能エネルギー社会構築…
  2. スマコミ稲毛

    人口減少

    高齢者の地方移住の可能性と課題②・移住事例と背景:<人口病に克つ>超高齢化を生き…
  3. 7

    文化

    14歳プロ棋士藤井壮太四段30連勝ならず!:棋界の基礎知識=叡王戦を生んだAI将…
  4. 2

    グローバル情勢

    米国トランプ・ポピュリズムの異種性と人民種性:『ポピュリズムとは何か』から(3)…
  5. 西岡1

    ATPツアー

    男子プロテニスATPマスターズ1000BNPパリバ・オープン。西岡良仁、身長差4…
PAGE TOP