学生

日記・随論

岩手、中2いじめ死亡問題に思う-1:いじめ・暴力がなくならない、人の精神構造と社会的行動認識

 

岩手県で、中学生がイジメが原因で自殺したとされる、悲しい報道が
数日前にありました。
ここ数日、毎日少しずつこれまでの経緯や問題点が明らかにされるなど、
その報道の経緯も、過去何度も同じように繰り返されてきたような感覚を
覚えます。

何度となく繰り返される、いじめが原因とされる児童・学生の自殺事件。
この問題について、いくつかの視点で考えてみたいと思います。

図書館
---------------------------

どんな原因であれ、子どもたちが親よりも早く亡くなるということは、
この世の最大の不条理と思っています。

その中で、最も重い死のあり方の一つが、イジメや暴力に拠る他殺、もし
くは、それを原因とする自殺です。

腕力や武器を用いての暴力行為が、この世から全くなくなることはありえ
ない。
そう考えてもよい、いやそれを想定・前提としているのが人間社会と言う
べきかもしれません。

科学技術が、限界を見せることなく発展し続けてきている人間社会にあっ
て、喜怒哀楽、恨み・妬み、嫌悪・排斥・・・。
そうした感情系・情緒系、精神構造とそれに起因する暴力やイジメ、武力
・攻撃、無視・排他などの行動は、本質的に成長・進化することはありま
せん。
発達・変化した技術は伝承できますが、温和・愛情・友情・親和などの望
ましい精神構造や社会的行動だけを遺伝子として引き継ぎ、望ましくない
モノを抹消・抹殺してしまうことは不可能です。

044

もちろんこうしたマイナスの性向は、もともと性格として持っていない場
合だけでなく、個人個人の理性でコントロールすることも可能です。
社会的に学んで身に付けることも、個人が自ら学ぶことで負の行動を起こ
さないよう心がけることも可能です。

人みなすべてこうならば良いのですが、どうやら現状も将来にわたっても
ムリと断定してよいのでは、と思います。

そうした性向を行動化しないようにする方法の一つは、それが社会的に悪
であること、相手の生命や心身の健康に被害を与える犯罪行動であること
を教え、万一そうした行動を取り、相手に被害を与えた時には、罰則が与
えられることを教える仕組みを持つことです。

しかし、警察的に犯罪を取り締まるということを発生の抑止力とするので
なく人の命の尊さ、他人の生命や健康、心の安寧をその人が当然持っている
権利と認め、それを尊重することが人としてあるべき基本であることを伝え、
理解し、それに沿った行動をとることが根本であることを親子、地域社会、
経済社会それぞれのレベルで理解し、実践していくことが優先順位として
先にあります。

そのことを物心つく時から、絶えず日常の生活や行動の中で、だれかが、
伝え、実践するよう求め、相互に望ましい行動を取り続けていく。自然に・・・。

もし誰かが負の行動を取ろうとした場合に、その人が属する、または関係す
る何かしらの社会のメンバーまたは社会が、それを諌め、思いとどまらせる
行動を取る。
親子・夫婦・家族間、友人・同僚間、何かしらの縁でつながった人同士で・・・。

学校社会においては、生徒間で、教師と生徒間で、父兄と教師間で、子ども
が家に戻れば親子間・家族間で・・・。

集団行動2

いじめること、嫌がること、暴力を振るうこと・・・
これらは、他の人の生命や安全安心や体・健康に害や苦痛を与え、個人が持
つ権利を侵害する行為であることを伝え、行動化されそうになれば、それを
諌め、止める行動が直接・間接に取り巻く人々から起こされる社会へと仕向
けて行く。

生涯、そうした人間観・価値観・社会観を持つよう教え伝え、実践を求め、
大切にすべきことが語り継がれていく・・・。
幼稚園・保育所で、小学校・中学校・高校で、企業で、就労場で、社会活
動の場を含め、すべての場と機会を通して・・・。

そして万一それが守られなかった時には、相手の受けた心身両面での被負担
や被害に対して、相手の求める賠償・対償に応じる義務があること、あるい
はそれに応じた制裁を受けるべきことを知らしめておく・・・。

命を尊重し、大切にする社会作りとそれを守ることを当然のように実践する。

こうした尊重と自制が働き、機能する社会作り、人の育成をめざすことが
最も大切な課題となるわけです。

バスケ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 楽天が電力小売り参入:電力自由化が促すビジネスモデルの進化・拡充と効果
  2. 自動運転トラクター、ドローン、クラウドサービス。IT農業の進化で変革する日本農業…
  3. 公的サービスの地域間格差是正のための補助金投入は国民的合意:地域格差と財政(3)…
  4. 日本遺産(16)太宰府市(福岡県):古代日本の「西の都」~東アジアとの交流拠点~…
  5. 今までなかったことが不思議なノートPC、内蔵ACアダプター:小型化技術で可能に

関連記事

  1. 最高裁法廷

    日記・随論

    不毛な衆院選「一票の格差」訴訟・判決のイタチごっこ。訴訟されるべきは議員と裁判官?

    昨年の衆議院総選挙をめぐる「一票の格差」訴訟判決結果が各地の高裁で…

  2. 037
  3. 13

    政治

    国内製造業の復活は、白人以外の力なしでは不可能な現実と課題:トランプ政治とアメリカ社会(3)

    異端と言われていますが、人間であることには違いがないトランプ次期米国大…

  4. 5d2661e0511fabcce5a128e3bfe22812_s

    政治

    甘利に脇が甘いガバナーのナンセンスなガバナンスとアイ、ゲス!:人の心はなぜ進化しないのか「残念な日本…

    いまどき、というか、まだこんなことをやっているのか、いたのか、とい…

  5. %ef%bc%96
  6. カプセル錠

    健康・医療

    ジェネリック医薬品への切り替え案内とメリット

    1年に2回ほどでしょうか、医療費の削減、抑制につながるようにと加入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 6

    政治

    悲しい「起業に無関心」が72%と高い現実:2017年版中小企業白書・小規模企業白…
  2. エコ3

    水素エネルギー

    水素社会街づくり、地域づくりへ:水素社会実現への課題と道程(3)
  3. 議1

    政治

    元民主党最高顧問 藤井裕久氏の提言:日経「かすむ野党 再生への処方箋」より(1)…
  4. %ef%bc%95

    暮らし

    無年金64万人救済改正法成立から考える、公平性確保と世代継承のための政治・行政・…
  5. LA1

    環境問題

    ポスト「プリウス」で重大な遅れ:トヨタのエコカー戦略の不安とZEVクレジット負担…
PAGE TOP