智頭町9

地方・観光

智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」から学ぶ地域づくり(2)百人委員会、疎開保険へ:『農山村は消滅しない』から考える地方創世(7)

 

人口減少問題を『地方消滅』と結びつけてセンセーショナルに喧伝した
増田レポート(群)への反論書でもある
農山村は消滅しない (岩波新書)』(2014/12/19刊・地方消滅著)。
が好著です。

これからの日本の農業と農業に取り組む世代への期待とエールを込めて、
この書をお借りし「『農山村は消滅しない』から考える地方創世」と題して
考えてきています。
これまでは
第Ⅰ章 農山村の実態 - 空洞化と消滅性】
1 「進む農山村の空洞化」 から
第1回:農山村3つの空洞化①「人の空洞化」
第2回:農山村3つの空洞化②「土地の空洞化」
第3回:農山村3つの空洞化③「むらの空洞化」と空洞化の広がり

第Ⅱ章 地域づくりの歴史と実践】
1 「地域活性化」から「地域づくり」へ
第4回:「地域づくり」の内発性、総合性・多様性、革新性:
2 「地域づくり」の体系化への挑戦
第5回: 1989年来の「地域づくり」、新潟県さんぽく生業(なりわい)の里
第6回:鳥取県智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」から学ぶ地域づくり(1)

今回は、その続きの第7回です。
---------------------------
第Ⅱ章 地域づくりの歴史と実践】
 2 「地域づくり」の体系化への挑戦
---------------------------
鳥取県智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」>(2)

※前回からの続き

この企画書は、1996年に町の広報で町内に周知。
97年度より町の正式な事業として支援システムを決定し、実施過程に。
初年度は7集落が取り組み、最終的に町内89集落中16集落がこの運動に
取り組んだ。

(4集落の事例からピックアップ)
◆テーマ:自然を友に活力・魅力・微笑みあふれる村づくり、
夢ステージ早瀬づくり、人形浄瑠璃の里・新田づくり など
住民自治:高齢者を対象とした「ふれあい会食」、花いっぱい運動
女性会、共同作業場の効率的運営 など
地域経営:集落としての喫茶店経営、地酒づくり、美林育成、
ほたるの復活、人形浄瑠璃芝居の定期的上演・後継者育成など
交流・情報:高校や生協、外国人との交流、スキー教室、HPの管理など

智頭町7
---------------------
各集落は10年後の地域の姿を念頭においてテーマ設定。
 どの集落も「住民自治」「地域経営」「交流・情報」の3つの柱につい
て具体的な取り組みを計画・実践しているが、その活動は極めて多彩で、
その幅の広さは、地域づくり運動の「ショーウィンドー」の感さえある。

 このような運動の成果は、何よりも取り組んだ集落住民の住民自治へ
の熱意や行政へのかかわり方として顕著に表れている。それらは町行政
により、次のように評価されている。

(1)目標に向かって住民総参加の活動を行うことにより、集落内の
住民同士の心が通じ合うようになった。
(2)運動に取り組んだ集落とその他の集落では、明らかに集落自治
への勢いに差が見られるようになっている。実施集落では、まず住民
が汗をかき、その後行政へ提言する姿勢が当たり前となった。
(3)イベントだけではなく福祉のネットワークを広げるなど、自分
達で支えあう新しい自治活動が実践され、暮らし全般にかかわる活動
へと波及し始めている。

こうした一連の成果により、企画書で目標とされた「誇り高い自治」
は確実に形成された。

 現在では、この運動に取り組んだ16集落では、政策支援がある10年間
が終了。
 しかし、その後もこの運動は、集落単位から、昭和の合併時の「旧村」
単位による、通称「地区ゼロイチ」として継承され、集落と同様に行政
の支援も行われている。そこでは、集落段階のものより、一層多様な展
開が見られる。各地では、集落を超える取り組みのための広域組織の整
備も進んでいる

智頭町6

また智頭町は「平成の大合併」をめぐり、町民が賛否で二分される激
しい政治過程を経ながらも、最終的に合併しない道を選択。
 
その後は
①「百人委員会」の導入:公募制の町民100人が、町の予算を含めた町政の
  方向性を議論し提案する場

②「疎開保険」の実施:「保険代金」を支払う加入者の住所地で災害が発生
  した場合、智頭町および周辺地に7日間、避難のため滞在でき、災害の
  有無に関係なく加入者全員に町内で生産された野菜や米、特産物などが
  贈られる仕組み

③「森のようちえん」:野外を中心とした自然体験を意識した保育活動で、
  智頭町では先の百人委員会で提案され、親による「共同保育」として
  運営されている。 
  (『智頭町森のようちえん まるたんぼう』今井書店2014年)
④「木の宿場(やど)プロジェクト」:いわゆる「木の駅」プロジェクト
等に取り組み、全国的にも注目されている。

 いずれの取り組みにも、この「ゼロ分のイチ村おこし運動」の過程で
育った人材が中心となり、役場だけでは発想できない柔軟な制度や仕組
みの提案、実践、あるいはそれに対するサポートが行われている。

※上記の4項目は、それぞれ該当するサイトにリンクしています。

智頭町のHPはこちらから
智頭町のFacebookページはこちらから

※次回に続きます

 -----------------------

すべて実績の記録・紹介ですから、説得力がありますね。
そして、現在の同町のHPFacebookページ同町の観光協会のHP
そうした活動に基づく種々の資源を確認することができます。

当然、今全国各地で人気の「ふるさと納税」にも参加中。

「疎開保険」というアイディアも「いいね!」です。
木の香り、ふと嗅ぎたくなりました・・・。

私が経営コンサルタントとして独立した1988年。
最初の仕事が、鳥取市を拠点とするローカルのスーパーマーケットでした。
その時に何度も智頭町の名前を耳にしましたし、緑豊かな地域を車に同乗
させて頂き、各店を訪問しました。
当時、ダイエーの進出を控えて、緊張感・危機感を持っての経営改革活動
を展開。企業理念づくりから社員の業務改善活動などを実践し、軌道乗せ・・・。
懐かしい思い出です。

今日の私が住む愛知県の最高気温予想が38度とか・・・。

智頭町の森林の木陰でひんやりとした風を体感・・・!
しばしの自然のエアコンをイメージして・・・

智頭町5

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. セブン対アマゾン・ゴー。日米コンビニ対決新時代が来る?:米アマゾン、2017年コ…
  2. PHV、FCV。トヨタ薄氷の戦略は、その地歩を固めることができるか?:急ぐべきE…
  3. 国際的に低い教育への公的支出のGDP比率:改善策のベストは保育園義務教育化・無償…
  4. 内閣改造は「結果非本位の非仕事人内閣」だった前内閣の任命責任を取った結果!?
  5. 農業人口減少と農業就労者高齢化に対する大規模農業化・農業法人化の意義

関連記事

  1. キリコ祭り1能登町
  2. %ef%bc%95

    政治・社会経済

    無年金64万人救済改正法成立から考える、公平性確保と世代継承のための政治・行政・企業経営の責任

    年金制度の根本的な問題にとことん踏み込むことなく、小手先の、目の前の運…

  3. 津和野城址

    地方・観光

    日本遺産(13)津和野町(島根県):津和野今昔~百景図を歩く~ (前編)

    文化庁が、地域の有形、無形の文化財をストーリー化してパッケージで認定。…

  4. 7

    地方・観光

    中小企業庁のモデル事業。都市から地方へ経営幹部人材紹介は成功するか?

    2010/10/12付日経に、地方創生に一役買う人材の紹介を、中小企業…

  5. %e9%af%96%e5%88%ba%e8%ba%ab

    地方・観光

    養殖鯖で、日本遺産「鯖街道」が復活するか:若狭湾・小浜サバのブランド鯖化に期待

    2016/10/7付、同12付日経の<養殖新時代>を紹介して、今後の養…

  6. 国1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 収穫7

    地方・観光

    地域資源保全型経済による小さな経済づくりから:『農山村は消滅しない』から考える地…
  2. 5a116bad77ea680f25303e27e3445376_s

    政治・社会経済

    格差社会を考える原点は、自立心を養う小中学校教育に:公共性・個性を育む教育改革
  3. 資金

    日記・随論

    政治家は法遵守以前に、道義・倫理が問われる存在:補助金企業の献金問題を考える
  4. 湖南市

    地方・観光

    電力小売り全面自由化で、増える自治体独自の電力事業方式:エネルギー地産地消、その…
  5. 洋上風力

    エネルギー問題

    不足し、費用負担を迫られる送電線網対策不在で進む、再生エネ事業、再生エネ支援ファ…
PAGE TOP