智頭町2

地方・観光

地域づくりに必要な要素・項目を抑えておく!:『農山村は消滅しない』から考える地方創世(8)

 

これからの日本の農業と農業に取り組む世代への期待とエールを込めて、
農山村は消滅しない (岩波新書)』(2014/12/19刊・小田切徳美著)をお借りし
「『農山村は消滅しない』から考える地方創世」と題して考えてきています。
これまでは
第Ⅰ章 農山村の実態 - 空洞化と消滅性】
1 「進む農山村の空洞化」 から
第1回:農山村3つの空洞化①「人の空洞化」
第2回:農山村3つの空洞化②「土地の空洞化」
第3回:農山村3つの空洞化③「むらの空洞化」と空洞化の広がり

第Ⅱ章 地域づくりの歴史と実践】
1 「地域活性化」から「地域づくり」へ
第4回:「地域づくり」の内発性、総合性・多様性、革新性:
2 「地域づくり」の体系化への挑戦
第5回: 1989年来の「地域づくり」、新潟県さんぽく生業(なりわい)の里
第6回:鳥取県智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」から学ぶ地域づくり(1)
第7回:智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」から学ぶ地域づくり(2)百人委員会、疎開保険へ

今回は、第8回で<3 地域づくりのフレーワーク>になります。
---------------------------
第Ⅱ章 地域づくりの歴史と実践】
 3 地域づくりのフレーワーク
---------------------------
「ゼロ分のイチ運動」からの一般化>

前回見た智頭町「ゼロ分のイチ運動」の3つの柱の体系性は
住民自治の柱:自分達の手で、自分達の暮らしを築くことを目指した柱
地域経営の柱:地域の文化・資源を見直し、そこに付加価値をつけ、外
の人々に認めてもらうことを目指した柱
交流・情報の柱:地域出身の人々や都市・外国人との出会いの場作りを
行い地域内外の村おこしの情報を発信することを目指した柱
に表れていました。

智頭町3

この基本的な構成を、筆者・小田切氏が、より一般化すべく
「地域づくりのフレームワーク」として構成した軸となる3つの項目とそ
の考え方を以下に引用します。

(1)「暮らしのものさしづくり」
 
これは<主体づくり>を意味し「ゼロ分のイチ運動」の交流・情報に相当。
智頭町の企画書では「村の誇りをつくるには、意図的に外との交流を行う」
とされ「交流・情報」は「誇りづくり」を目的としていた。それを「暮らし
のものさしづくり」としたのは「誇り」という言葉は運動のレベルではやや
重たく、むしろ、身近な暮らしレベルの小さな積み重ねが必要と考えられる
からであり、それを「ものさし」と表現した。

(2)「暮らしの仕組みづくり」
 これは<場づくり>を意味し「ゼロ分のイチ運動」の住民自治に相当する。
コミュニティのあり方を意識したものでもある。
農山漁村では、全戸参加によって成り立っている集落の寄合により、地域
的課題に対応する仕組みが古くから存在している。しかし、そのため地域の
意思決定の場から女性や若者が排除される傾向が強かった。「一戸一票」制
を原則としているから。
「ゼロ分のイチ運動」では、集落と同じ範域でも、集落協議会の設立を要
請し、新たな「暮らしの仕組み」をつくり、そこでは女性を含めて集落全住
人の参加を条件としている。ここから、地域づくりの「革新性」という特徴
が生まれている。

(3)「カネとその循環づくり」
 これは<持続条件づくり>に相当
農山村では全般的に所得の停滞が進む中で、公共事業に依存しない農業を
含む地域産業の育成が、改めて地域的課題となっている。
「ゼロ分のイチ運動」で、「地域の文化や資源に付加価値を付ける」取り組
みを、「地域経営」として重視していることと結びつく。さらにその所得に
より、新たな経済循環が形成されることが重要である。

こうして「主体」「場」「条件」の3要素の意識的な組み立てにより
地域が「つくられる」。これは「ゼロ分のイチ運動」で具体的に取り組まれ
ている内容を定式化したものだが、農山村一般での有効性が予想され、高度
に戦略的な取り組み。 (と自画自賛しています。)

 そして、このフレームワークには、、地域づくりの目的も位置づけられて
いる。このレベルでは、人口増加や地域内GDP増大が目的となるものでは
ない。
「ゼロ分のイチ運動」では、「村の誇り(宝)づくり」としていたが、さら
に一般化して「新しい価値の上乗せ」と表現。
「(地域づくりとは)時代にふさわしい新しい価値を、地域それぞれの特性
のなかで見出し、地域に上乗せすること」という主張を援用している。

「地域づくり」は「地域活性化」とは異なり、所得等の経済的価値に留ま
ることなく総合的な目的を持つものであり、「新しい価値」とは、貨幣的な
価値に限定されるものではない。
環境、文化、あるいは地域内の絆(社会関係資本・ソーシャル・キャピタル)
も、重要な地域内価値であろう。
また「上乗せ」とは、単にこれらの新しい価値を創り出すだけではなく、
それを今までの地域社会が持つ価値とつなぐことを意味している。

以上をまとめれば、「内発性」「総合性・多様性」「革新性」という装い
を持ち、地域の新しい価値の上乗せを目標としながら「主体」「場」「条件」
の3つの柱を地域条件に応じて巧みに組み合わせる体系こそが、今日求めら
れている「地域づくり」である。

※次の項「4 地域づくりの三つの柱」に続きます。

-----------------------------
智頭町8

「ものさし」、「ものさしづくり」については、今ひとつピンとこない
ところがあるのですが、筆者の体系化は、作文でいうところの5W1Hに
当たるようなもので、事業活動においては、常に、有無や質の確認が欠か
せないことを示しています。

上記にもありますが、地域振興や地域づくりの理念・方針・目的などの
中には「誇り」という表現が目につきます。

小田切氏も、その表現をストレートに用いることを避けているかのよう
に思えるのですが、私も、それに似た感覚を持つ者です。

認められることで持つ、あるいは感じる誇り。
認められようが認められまいが、関係なく、自分の心のうちに持つ観念
としての誇り。
漠としてですが、気にはなるテーマであり、また考えてみたいと思って
います。

こうした体系や基準的なものは、ついつい、チェックリスト的に用いる
ことになるのですが、天邪鬼な私としては、そうした意識を努めて持つ
というより、無意識のうちの思考や行動において身についていて、自然に
実践している、そういう感覚になればいいな、と思っています。

ただ、それぞれの基本的な考え方や表現方法等について、事前によく理
解してこそ、自然に身についたレベルに達すると思います。

その基本を、次回、筆者は詳述しています。

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 高齢化・大規模化背景に、クボタ、農業用ドローン参入へ:農業の生産性向上の武器に
  2. イオン、200店舗へ漁港直送化で鮮魚部門強化:イオン農場展開による青果部門含め生…
  3. 経産省、太陽光発電買い取り制度、見直し着手:政府の電力政策の重大な誤りを他人事の…
  4. 18歳選挙権公職選挙法改正は、総モラトリアム社会変革への一石:若い世代と社会への…
  5. トヨタ、燃料電池バス来年発売。まだまだ遠い水素社会への道のり:欧米の電気自動車攻…

関連記事

  1. 034

    地方・観光

    2017年、都議会議員選で地方政治が変わるか?:『地方議員の逆襲』から(22)

    『地方議員の逆襲』(佐々木信夫氏著・2016/3/20刊)を参考に…

  2. 91f9ed5051301c6ca6e28cca68591692_s

    エネルギー問題

    再生可能エネルギー社会、水素社会への道筋は不変かつ普遍

    前々回、◆太陽光発電は、自家消費型で活用すべき:貿易収支、環境対策…

  3. エコ1
  4. 埼玉就農者記者会見資料

    地方・観光

    東京都周辺県が、就農者等移住者誘致活動強化:地元での堅実な取り組みを基盤に

    人口の首都圏一極集中というと、東京都の周辺県への人口流入も進んでいるよ…

  5. 地域おこし1

    地方・観光

    国が掲げる地方創生は、人口増減で勝ち負けが決まる相撲土俵?:『地方創生の正体』から(3)

    『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(山下祐介氏・金井…

  6. phv2

    日記・随論

    PHV、FCV。トヨタ薄氷の戦略は、その地歩を固めることができるか?:急ぐべきEV戦略

    2020年以降、EV(電気自動車)の量産・量販化を目指すべく、社長直結…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. KUBOTA1

    農業・漁業

    クボタ、玄米パン加工事業参入 、IT農業化などでTPPにらみ稲作農家支援強化
  2. 水田5

    地方・観光

    減反・米価政策等農業保護政策が招いた稲作農業の経営実態:『GDP4%の日本農業は…
  3. 破4

    エネルギー問題

    制御不能の技術を生み出した人間の「主体」としての今後のあり方:『さらば、資本主義…
  4. iv2

    人口減少

    構造問題としての財政赤字は、構造改革の最優先課題:『人口と日本経済』<人口減少と…
  5. x2

    日記・随論

    やっぱり人気ナンバー1は、アンパンマン!:乳幼児向け玩具売れ筋。クリスマスプレゼ…
PAGE TOP