渓流1

地方・観光

新しい地域づくりのハードとソフト、広域コミュニティと生活諸条件:『農山村は消滅しない』から考える地方創世(10)

 
これからの日本の農業と農業に取り組む世代への期待とエールを込めて、
農山村は消滅しない (岩波新書)』(2014/12/19刊・小田切徳美著)をお借りし
「『農山村は消滅しない』から考える地方創世」と題して考えてきています。

これまでは
第Ⅰ章 農山村の実態 - 空洞化と消滅性】
1 「進む農山村の空洞化」 から
第1回:農山村3つの空洞化①「人の空洞化」
第2回:農山村3つの空洞化②「土地の空洞化」
第3回:農山村3つの空洞化③「むらの空洞化」と空洞化の広がり

第Ⅱ章 地域づくりの歴史と実践】
1 「地域活性化」から「地域づくり」へ
第4回:「地域づくり」の内発性、総合性・多様性、革新性:
2 「地域づくり」の体系化への挑戦
第5回: 1989年来の「地域づくり」、新潟県さんぽく生業(なりわい)の里
第6回:鳥取県智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」から学ぶ地域づくり(1)
第7回:智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」から学ぶ地域づくり(2)百人委員会、疎開保険へ
3 地域づくりのフレーワーク
第8回:地域づくりに必要な要素・項目を抑えておく!
4 地域づくりの三つの柱
第9回:地域づくりの暮らしのものさしつくりは地元学と都市農村交流で

今回第10回は、<4 地域づくりの三つの柱>の第2回です。

---------------------------
第Ⅱ章 地域づくりの歴史と実践】
 4 地域づくりの三つの柱 -2
---------------------------
<暮らしの仕組みづくり - 第ニの柱

地域づくりの「場」としての、「暮らしの仕組み」には、「ソフト」と
「ハード」のそれぞれの条件がある。

ソフト的要素としては、人々が地域に集い、暮らす時におのずから生ま
れる地域共同性のあり方が重要な条件となる。(言い換えれば)地域づく
りを支える地域コミュニティである。(略)地域づくりのために、集落が
どのように位置づき、あるいはどのように再編が求められるかが議論され
なくてはならない。

ハード条件とは、道路整備や集会場のいわゆる「箱モノ」だけではなく
(それを含みつつ)、医療、教育、生活交通等の農山村の暮らしを基礎的
に支える生活諸条件を指す。

この二つの条件は、どう整備されるべきか。

①ソフト条件としての広域コミュニティ
農山村コミュニティとしての集落は、地域の中で今でもその機能を発揮
している。
 集落とは、農山村において、それぞれの生業に必要な共同労働や生活上
の共同作業のために集住した家族の集まりを指している。
 そのため集落は、一般的に、農業生産補完、生活相互扶助、地域資源維
持管理の諸機能を持つ。

 しかし現代では、混住化の進行、農業生産の機械化・省力化、そして生
活の近代化を通じて、それぞれの機能の必要性が低下した。加えて「むら
の空洞化」のように、集落活動の担い手の減少や高齢化により、諸機能が
低下する事態も起こっている。
 同時に、1990年代後半頃から、(「地域づくり」の)取り組みの単位は
集落という枠を超えることが多くなってきた。その単位とは、農協や役場
の支所があったかつての小学校区であり、「旧村」と言われる明治期の村
である。
 またその延長線上に、2000年代には、集落を超える範囲の地域自治組織
が生まれている。これらは、「地域振興会」「自治振興会」「むらづくり
委員会」などの多様な名称を名乗っている。これらの中には、当時進んで
いた市町村合併により、行政が巨大化する中で、それに抗して住民自治の
拠点をつくりたいという住民の意志により生まれた経緯を持つものもある
(=「手づくり自治区」筆者)。
 その場合、住民自治の拠点としては集落レベルでは小さ過ぎることから、
活動範囲が集落を超える「広域コミュニティ」を基盤とする組織が少なく
ない。

 問題は、この広域コミュニティと既存コミュニティである集落が地域づ
くりの中でどのように位置づくか。(結論を言えば)
 集落は「守り」、広域コミュニティは「攻め」の機能を果たし、両
が相互補完的に暮らしの仕組みを形勢していると考えられる。

(集落の仕組み)
集落は生業や生活上の必要性から生まれた「いえ」連合。その意思決定
は、すべてのいえの代表者である「戸主」が集まる寄合で決められる。従
い集落寄合の参加者の大多数が中高年男性であり、女性や若者は、集落の
意思決定から排除されることが少なくない。集落の持つ「一戸一票制」の
弊害である。
 他方、水路掃除や道普請などの集落行事(むら仕事)の運営には、それ
ぞれが責任を持って、毎年ほぼ全戸による出役が可能となっている。
 集落は本来的に「守り」の組織である。

(広域コミュニティの仕組み)
新しい広域コミュニティには、地域内に暮らす人々が、個人単位で参加
できる仕組みや、さらには地域にかかわろうとする都市住民やNPO等も受
け入れられる仕組みを持つような「革新性」が求められている。
現実に、役員を男女同数とすることを決めている組織や積極的に若者を
責任者として登用するコミュニティ、活動の持続のため役員任期を3~5
年とするところもある。
このような工夫が「攻め」の取り組みの条件となっており、集落の「守
り」が補完されている。

つまり、暮らしの仕組みを維持・発展させるソフト条件として、既存の
集落に加えて、新しい組織(手づくり自治区)が求められ、そこに地域住
民が性別や世代を超えて総参画することが期待される。
 従い、地域づくりの「守り」と「攻め」を分担するような仕組みが構築
されることになる。それは、集落の機能を広域コミュニティが代替するの
ではなく、両者が役割分担をする相互補完システムの構築と言ってもよい

0-24
②ハード条件としての生活諸条件

農山村では、遠隔地や急峻な地形という地理的条件、豪雪等の気候条件、
人口減少という社会的条件により、さまざまな生活上の問題が生じている。
こうした生活問題は、世代により問題と感じる点が大きく異なっている。
 たとえば住民アンケートでは、30歳代では「携帯電話の電波が届かない」
、65歳以上では「近くで食品や日用品が買えない」「近くに病院がない」
などの回答が多い。
 
 このような多様な問題お発生により、農山村における住民の暮らしの「場
」が疎外されており、対応が必要となっている。
 それは、基本的には格差是正の立場からの公的主体による支援となろう。
 例えば「病院」「救急搬送」「通学」「買い物」は住民の命や生活の質
にかかわり、その基本原因が遠隔地性等の地理上の条件不利性に根ざして
いるという点からも、強い妥当性がある。

 しかし、この公的支援地域づくりの中に位置づけることが可能である。
 近年では、住民の通院や商業施設へのアクセス、子どもの通学のために、
地域内から登録ドライバーを集め、生活交通の自主運営を行うケースが見ら
れる。
 また、これらの地域で進む商店や給油所の徹底に対して、コミュニティが
その事業を直接・間接に継承し、高齢者等の買い物弱者対策を目的とした例
もある。

もちろん、それらの代替で地域コミュニティがいきなり事業採算を確保す
ることは難しいが、地域の実情に応じた対応や、独自の創意工夫で対応が
可能になることも十分考えられる。

このように、ソフト条件としての地域コミュニティ、そしてハード条件と
しての生活諸条件がともに整備され、相互に連携しながら「暮らしの仕組み」
が構築される。

0-92
------------------------------

長くなりましたが、一部修正・省略し、ほぼ原文を転載しました。

著者の主張はほぼ理解・納得できるものと思います。

<暮らしのものさしづくり>、<暮らしの仕組みづくり>、そして次回の
<カネとその循環づくり>が、地域づくりの3つの柱となりますが、やはり
そこでの組織運営や事業管理など、マネジメントのあり方が軸となることは
明らかです。

そして、企業でいうところのステークホールダー、地域づくりと地域事業
に直接・間接にかかわる企業・行政・諸団体・学校・顧客そして住民と望まし
い関係・連携を形成し、維持し、発展させていく、時間と空間の統括・統合
も、必須の要件となります。

加えて、そうした視点の原点として、経済的・財政的な合理性・効率性を
追求する従来の資本主義に基づくものではなく、土地・森林・海などの自然
環境を人間と地域社会にとって根源的な<資本><資源>として捉え、これ
<自然資本主義>と位置づける考え方が提起され、広がりつつあります。

里山資本主義
里海資本論
がそのバイブル的な書と言えるでしょうか。

__ 20
__ 19

次回の3番目の柱を取り上げた後、この視点を加えて議論をふくらませ、
継続して考えていきたいと思っています。

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 国内農業縮小は投資不足に因?:<経済教室>TPPと日本の農業(中)から
  2. ドコモ、スマホでドローンなど遠隔操縦。育成状況把握、農薬散布等でスマート農業を深…
  3. 日本農業経営大学校、広がる卒業生の取り組みとネットワーク化:農業経営者輩出基地へ…
  4. 南北朝鮮統一と核保有国家を夢想?:韓国文在寅大統領の本質は超保守主義?
  5. 大手電力解約、原発15基分:電力小売り自由化への壁、送配電網使用料審査開始

関連記事

  1. 電1

    暮らし

    電流のように流れない、地域間送電網開放化の取り組みに見る電力行政への不信

    鳴り物入りで喧伝された電力小売り全面自由化。結局、契約転換したのが…

  2. 高浜原発
  3. 智頭町
  4. 3

    地方・観光

    地方自治を地域経営と見る視点からの自治制度改革:日経<地方自治制度の課題(上)>から 

    現在連載中の「『地方議員の逆襲』から」シリーズで◆2000年地方分…

  5. ハッチェリー渋谷
  6. 議会

    地方・観光

    住民・国民としての私的個人と自治体・行政・国との関係:『地方創生の正体』から(13)

    『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(山下祐介氏・金井…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. QF-2

    スポーツ

    錦織圭 試合速報:シティ・オープン準々決勝、2-0ストレート勝ちで準決勝進出!チ…
  2. %ef%bd%83%ef%bc%94

    地方・観光

    訪日観光客増へ、国主導での規制緩和・インフラ整備課題:その後の質は民間責任に
  3. 031

    政治

    劣化した代議制民主主義、復活のシナリオ作りを期待したい人たち:『シルバー・デモク…
  4. resizeCAP3Z41K

    エネルギー問題

    エネルギー問題の視点と唯一の基本政策:再生可能エネルギー水素社会の実現
  5. 上士幌0

    地方・観光

    北海道上士幌町、ふるさと納税原資に10年間、認定こども園保育料完全無料化!
PAGE TOP