048

地方・観光

2014年度、自治体の3分の1が実質無借金:最大の自治体、国の現状も比較公開を

-----------------------------------
2015/10/14 付日経の
「自治体の3分の1、実質無借金に 昨年度、税収増で 財政格差は顕著に」
と題した記事を概括し、思いついたことをメモしました。
0-45
-----------------------------------

全国の市町村と東京23区のうち、3分の1以上にあたる598市区町村が2014年度決算
実質無借金だった、総務省が発表しています。
 13年度と比べると46市町村増え、7年で3倍以上に。

 総務省が発表した14年度の地方自治体の財政健全化判断比率を分析。
 地方債残高などの負債から、基金や国が将来支払いを約束した地方交付税を差し引き、
ゼロまたはマイナスの場合、実質無借金を意味。

全国の自治体の数は、2014年4月5日時点で
市:790 町:745 村:183 合計1718市町村

ちなみに、参考までに、1998年10月1日時点では
市:670 町:1994 村:568 合計3232市町村

と15年超の間で合併が進み、ほぼ半減しています。

もともと財政に余裕のある東京23区すべてのほか、千葉県船橋市、浜松市、愛知県
豊田市、大阪府吹田市などが実質無借金。

 歳出削減に加え、企業業績の好調を背景にした税収増で多くの自治体で財政の健全
化が進んでいる。

 都市部以外でも目立ち、例えば
 鳥取県日野町や香川県さぬき市などが14年度に新たに実質無借金に。
 日野町は08~09年度、財政破綻の一歩手前だったが、事業を抑えシビアにコストカ
ットし急速に改善。人口は今後も減る見通しなので、ためられるときに基金を積む。
 さぬき市は、今後第2庁舎を造る計画もあるので、借り入れを制限してきた。

 14年度の全国の法人市町村民税は13年度と比べ13%増。
 消費税の一部が地方の財源に充てられるため、14年4月の消費増税も自治体の増収
寄与している。
 多くの自治体が基金を積み増しており、市区町村の積立金残高は2.5%増えた。

 しかし、人口減で税収が低迷している自治体も多い。
 高齢化の進展で社会保障関係費の負担は重く、14年度でも市区町村全体で6%増加。
 老朽化した施設やインフラの更新投資を先送りしている自治体も目立つ。
 自治体が運営する病院や交通機関など「公営企業会計」で債務超過が相次いでおり、
地方の財政力の差が一段と顕著に。

 また、総務省が地方公営企業の会計基準を14年度から民間並みに厳しくしたところ、
全体の7%にあたる215事業で債務超過になった。
 課題が山積している状況に変わりはない。

資金
-----------------------------

こうした新聞報道は、官庁からの一方的な提供資料に基づくことが多いのですが、
もう一歩突っ込んだ取材とレポートが欲しいところです。

今、総務省のHPで、関連した公開情報があるか、チェックしたのですが、見当た
らず、598市町村の一覧を見ることができませんでした。

また、この記事で思ったのは、都道府県単位ではどうなのかということと、最大の
自治体である「国」の状態についても、こういう機会に対比させて提示すべきでは、
ということです。

構造的に、継続的に無借金体質である自治体と、瞬間的に税収が潤って財政が改善
された自治体、構造的・長期的に財政赤字である自治体。
それぞれが、地方再生・地方創生にどのように取り組んでいるか。
国は、種々の計画と成果についての監視・管理・評価を重視していますが、本家本
元の国の財政の年々続く赤字については、自ら問い、評価し、責任の所在を明らかに
し、当然ながら責任を取ることもない・・・。

それから、国を含む自治体の財政状況を、いつでも総務省のHPで見ることができる
ようにしておくべきと、今ふと思ったのですが、可能なんでしょうか?
個々の自治体ごとのデータはないようですが・・・。

さて問題の、地方再生・地方創生。
主体である地方は、自治体の財政問題を基盤として考え、行動すべきことは明らかで
す。
最も気になるのは、若い世代の認識・意識。
10年、20年スパンでの財政改革と地方創生のプログラム化、プロジェクト化は、30代
が、今から主役になって進めるべきなのですから・・・。

018

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 地方首長選出方式の改革による地方自治改革を考える:『地方議員の逆襲』から(15)…
  2. 金融所得の税制改革、中低所得勤労世帯の税及び社会保険料負担軽減策で所得・資産再分…
  3. 仮想通貨ニュースを中心に、「仮想通貨・暗号通貨入門ナビ」サイトを立ち上げました…
  4. セブン対アマゾン・ゴー。日米コンビニ対決新時代が来る?:米アマゾン、2017年コ…
  5. 全世代モラトリアム化した先送り民族:財政再建問題、原発再稼働にみる日本人論

関連記事

  1. %e4%bd%8f%e6%b0%91%e6%8a%95%e7%a5%a8-2
  2. 物流2
  3. ag4

    地方・観光

    政務活動費=政活費は、議員の生活費?:『地方議員の逆襲』から(12)

    初の女性東京都知事が誕生しました。空気が変わり、面白くなりそうです…

  4. 子供1
  5. 崇城大学
  6. 浜岡原発

    エネルギー問題

    浜岡原発停止でも増益の中電:火力発電依存は課題を残す 

    今月のエネルギー問題シリーズ。1.太陽光発電、未稼働560万世帯分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 富岡製糸場C

    地方・観光

    富岡製糸場を世界遺産に!イコモスがユネスコに登録勧告!
  2. ふるさと納税Map

    人口減少

    人口減少問題を考える(1):人口100万人未満、500万人以上の都道府県はどこ?…
  3. QF-2

    スポーツ

    錦織圭 試合速報:シティ・オープン準々決勝、2-0ストレート勝ちで準決勝進出!チ…
  4. 218

    地方・観光

    「地方創生」「一億総活躍」。掛けかえ自由な看板。リサイクル、リユースのご予定は?…
  5. 政2

    地方・観光

    教科書の世界に止まる民主主義、地方民主主義:『地方議員の逆襲』から(5)
PAGE TOP