福島原発

政治

中日新聞社説「原発ゼロへ再考を」を絶対支持!:「もんじゅ」の知恵は正しく使う! 

私が済む愛知県の地方紙、中日新聞。
東京では、東京新聞という名前でのローカル新聞になりますが、
その編集方針には、敬意を表しています。

2015/11/19付同紙
「原発ゼロへ再考を 原子力は高くつく」という社説を
是非ご紹介したいと思い、なまくらですが、そのまま転載させて
頂きます。
ぜひ多くの方々にお読み頂きたいと思います。

文中の数字の元となった試算にからむ、11月17日付の記事も
かなり長い記事ですが、せっかくですから全文転載しました。

中日新聞には、お詫びと感謝を申し上げたく、宜しくお願いします。

---------------------------
きょうは原発推進の人たちにとくに読んでいただきたい。
原子力発電は結局、高くつく。
そろばんを弾き直し、原発ゼロへと考え直してみませんか。

<やっぱり金食い虫でした。>
原子力規制委員会日本原子力研究開発機構に示した、高速増殖原型炉
「もんじゅ」の運営を「ほかの誰かと交代せよ」との退場勧告は、その
操りにくさ、もろさ、危険さを、あらためて浮かび上がらせた。

そして、本紙がまとめた「核燃料サイクル事業の費用一覧」からは、
もんじゅを核とする核燃料サイクルという国策が、半世紀にわたって費
やした血税の大きさを実感させられる。

<巨費12兆円を投じて>
原発で使用済みの核燃料からプルトニウムを抽出(再処理)し、
ウランと混ぜ合わせてつくったMOX燃料を、特殊な原子炉で繰り返
し利用する。それが核燃料サイクル

その上もんじゅは、発電しながら燃料のプルトニウムを増やしてく
れる。だから増殖炉
資源小国日本には準国産エネルギーをという触れ込みだった。

それへ少なくとも12兆円以上
もんじゅの開発、再処理工場(青森県六ケ所村)建設など、核燃サイ
クルに費やされた事業費だ。

国産ジェット機MRJの開発費が約1800億円、
小惑星探査機
「はやぶさ2」は打ち上げ費用を含めて290億円、
膨らみ上がって撤回
された新国立競技場の建設費が2520億円。

12兆円とはフィンランドの国家予算並みである。

<1日5500万円も>
ところが、もんじゅは事故や不祥事、不手際続きで、この20年間、
ほとんど稼働していない。止まったままでも一日5500万円という
高い維持管理費がかかる

もんじゅは冷却に水ではなく、大量の液体ナトリウムを使う仕組みに
なっている。

ナトリウムの融点は98度。固まらないように電熱線で常時温めてお
く必要がある。1700トンのナトリウム。
年間の電力消費量は一般家庭約2万5千世帯分にも上り、電気代だけで
月1億円にもなるという
発電できない原子炉が、膨大な電力を必要とするという、皮肉な存在
なのである。

もんじゅ以外の施設にも、トラブルがつきまとう。
さらなる安全対策のため、再処理工場は3年先、MOX燃料工場は4年先
まで、完成時期が延期になった。
MOX燃料工場は5回目、再処理工場に至っては、23回目の延期である。

研究や開発は否定しないが、事ここに至っては、もはや成否は明らか。
これ以上お金をつぎ込むことは是とはされまい。

核燃料サイクルが、日本の原子力政策の根幹ならば、それはコストの
面からも、根本的な見直しを迫られていると言えそうだ。

欧米で原発の新増設が進まないのは、3・11以降、原発の安全性のハー
ドルが高くなったからである。

対策を講ずるほど費用はかかる。原発は結局高くつく。

風力や太陽光など再生可能エネルギーにかかる費用は普及、量産に
よって急速に低くなってきた。
国際エネルギー機関(IEA)の最新の報告では、太陽光の発電コスト
は、5年前より6割も安くなったという。

ドイツの脱原発政策も、哲学だけでは語れない。
冷静に利益を弾いた上
での大転換だ。
原子力や輸入の化石燃料に頼り続けていくよりも、再生エネを増やした
方が、将来的には電力の値段が下がり、雇用も増やすことができるという
展望があるからだ。

原発
<そろばん弾き直そう>

核燃料サイクル事業には、毎年1600億円もの維持費がかかる。
その予算を再エネ事業に振り向けて、エネルギー自給の新たな夢を開く
べきではないか

電力会社は政府の強い後押しを得て、核のごみを安全に処理するあても
まだないままに、原発再稼働をひたすら急ぐ。
金食い虫の原発にこのまま依存し続けていくことが、本当に私たち自身
や子どもたちの将来、地域の利益や国益にもかなうのか。政治は、その
是非を国民に問うたらいい。

持続可能で豊かな社会へ向けて、そろばんをいま一度弾き直してみるべ
きだ。

------------------------------
2015/11/17付記事は
「実用化めどなく半世紀 核燃サイクルに12兆円 本紙集計 今後も年1600億円」
という以下のレポートです。
上記の記事と一部重複しますが、そのまま転載しました。

高速増殖原型炉「もんじゅ」が廃炉になる可能性も出てきたことを受け、
本紙はもんじゅを中核に国が進めてきた核燃料サイクル事業にかかった
コストを、あらためて調べた。
いずれ必要になる廃炉費用も考慮し集計した結果、少なくとも12兆円が
費やされ、もんじゅが稼働していない現状でも、今後も毎年1600億円ず
つ増えていくことが分かった。
実用化のめどのない事業に、巨額の国民負担が続く実態が浮かんだ。

本紙は、事業を進めてきた経済産業、文部科学両省のほか、電力会社や
関係団体、立地自治体などにコストを問い合わせ、集計した。
高速炉開発が国家プロジェクトになった1966年度から本年度まで、判明
しただけで計約12兆2200億円に上った。

本紙は2012年1月にも同様の集計をし、10兆円弱との結果を得た。
今回、2兆円強膨らんだ理由は、新たに廃炉・解体費などの試算額が判明
し、その後にかかった運営費なども加えて精査したためだ。

部門別にみると、最も高コストなのは、原発で出た使用済み核燃料を溶
してプルトニウムを取り出す再処理工場(青森県六ケ所村)の7兆円強。
原子力規制委員会が文科省に運営者を交代させるよう勧告したもんじゅ
と、
関連の試験施設「RETF」の建設・運営費は計約1兆900億円。

廃炉費用は少なくとも1000億円は必要になるとみられるが、冷却材に危
険なナトリウムを大量に使っており、きちんと見積もられていない。

核燃サイクルのコストは、電気事業連合会が10年以上前の03年、各施設
建設、操業(40年)、解体、最終処分までの総額を約19兆円との試算
まとめた。

しかし、もんじゅはほとんど稼働せず、再処理工場や混合酸化物(MOX)
燃料工場は未完成。
ウラン資源を循環させるサイクルがほとんど動いていな
い中、本紙の集計
結果からは、既に電事連の試算額の六割以上が使われた。

仮に今後40年操業すれば、さらに巨額のコストが必要になる。
これは、核燃サイクルを続ければ、電事連がはじいた19兆円では収まらな
いことを示唆している。

核燃サイクルの財源は、税金か、電気料金に上乗せされた分かの違いは
るものの、国民負担であることに変わりはない。

浜岡

<電力関係者も疑問視、国は撤退決断できず>

繰り返し核燃料を再利用できる。
こんなうたい文句で国が推し進めてきた核燃料サイクル事業だが、12兆円
もの巨費を投じながら、実現されたものはなきに等しい。
原発を推進してきた人の中にも、事業の実現性に疑念を抱く人はいる。
廃炉の可能性が浮上した高速増殖原型炉「もんじゅ」の問題は、事業から
撤退を決断する好機との指摘もある。

核燃サイクルを構成する施設のうち完成したものといえば、実は原発くら
しかない。

青森県六ケ所村に造られた使用済み核燃料再処理工場はトラブル続きで、
完成時期は延び延びになってきた。
混合酸化物(MOX)燃料工場も建設中。
高速炉の輪も、もんじゅは1995年のナトリウム漏れ事故以降、ほとんど
働していない。

再利用の「輪」はブツブツに途切れ、現状では回らない。
にもかかわらず、国は事業からの撤退を決断できずにいる。
理由は主に三つある。

一つ目は、既に投じられた資金があまりに巨額で撤退すれば責任問題が浮
するという思い。
二つ目は、米国と長く交渉し、いちいち米国の許可がなくても核燃料から
プルトニウムを抽出できる「包括的事前同意」する権利を1987年に認めさ
せた。
これを捨てられるのかという思いだ。

三つ目は、撤退すれば、事前の取り決めに基づき六ケ所村内に貯蔵されて
いる核のごみを青森県外に運び出せ、と言われかねないとの懸念からだ。

だが、今ある施設を維持するだけで年間1600億円のお金が消える。
経済的に成り立たないと困る電力会社は、必ずしも核燃サイクルに賛成で
はない。

「誰があんな高いMOX燃料を使いたいものか。使用済み核燃料の体積を
減らす処理は必要だが、使用済みMOXはやっかいな存在だ。通常の核燃
より、冷めるまで時間がかかり、有害物質が大幅に増え、最終処分にも
影響
が出る」。東京電力原子力部門の元トップはこう語る。

立命館大の大島堅一教授(環境経済学)は「事業に携わる研究者は『科学
な意義がある』と信じ込んでいるが、商業化できなければ別だ。コスト
感覚
が薄すぎる」と指摘する。

核燃サイクルを長年調べてきた原子力資料情報室の沢井正子氏も「事業の
全体像が分からないので費用の天井もなく、『足りなければ国民から取れ
いい』という認識で続いてきた。だが、もんじゅの問題で注目が集まれ
ば、
国民の疑念も高まるのではないか」と話している。

原発1
-------------------------

「三人寄れば文殊の知恵」?

とんでもない。
何人かかっても「もんじゅの不知恵」の原燃問題。
出すべき結論は分かっているのに、関わる責任者は「やめよう!」と言わ
ない。

不思議な社会、不思議の国、日本・・・。

ABEの三文字、漢字で二文字の人が、一人で「もんじゅ」の知恵を出して、
「やめます!」「やめなさい!」「やめましょう!」のどれかを選べば、
簡単に決着し、大切なお金を、本当に有効に、将来にも役に立つように使
えるようになるのに・・・。
保育にも、介護にも、非正規社員・シングルマザーなどの支援にも、
そしてもちろん、再生可能エネルギーによるCO2ゼロ社会実現にも・・・。

私は、太陽光発電コストはもっともっと下がると思っています。
エネルギー自国自産・自国消費化は、可能と考えます。

ご本人が、多忙過ぎてそこまで気が回らないならば、だれかが、耳元で、
「やめるべきです」「やめれば支持率が飛躍的に上がります!」
「やめれば平成の宰相、平和の名が上がり、安保も評価されるようになり
ます!」などと囁けば、その気になるのでは・・・。
などと一部不謹慎、一部真面目に思うのですが・・・。

そうしないとすると、何かやっぱり裏がある・・・。
そう勘ぐってしまう・・・。

みんなで「もんじゅ」じゃない「じゅもん」を唱えましょうか。
唱和しましょうか。

「原燃どうすんねん!」
「もんじゅ辞めもんじゃ!」
「堂々巡りの核燃サイクルの矛盾数珠サイクルを葬り、次代の安全と平和
に祈りを!」

菩薩
(菩薩さま、ごめんなさい!)

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. プレミアム商品券・旅行券は地方創生・再生・劣生いずれの策か:見かけのバラマキ地域…
  2. トヨタ、田原工場用に風力発電設備10基新設:水素社会実現のための再生可能エネルギ…
  3. 農園リゾート、農業体験修学旅行&ツアー:農業観光サービス事業化の広がり
  4. 地方創生新型交付金方式に異議あり:上から目線の国・行政は自身の仕事の効果検証から…
  5. 住宅用太陽光電力買い取り価格、19年度まで7年連続下げ:それでも下がらぬ利用料金…

関連記事

  1. 4

    エネルギー問題

    港湾内洋上風力発電に追い風:国・自治体も、事業化エネルギー旺盛な企業を支援へ

    12月のエネルギー問題ミニシリーズ◆グーグル等欧米IT大手、続々再…

  2. エコカー4

    環境・エネルギー

    日産のEV戦略よりも、水素社会実現につながるFCVを応援したい

    これからのエネルギー、エコを勝手に考える1週間として第1回:太…

  3. w3
  4. エコカー0

    エネルギー問題

    テスラ、太陽光VBを買収。トヨタとのもう一つの戦い:中国が太陽光発電トップ

    これからのエネルギー、エコを勝手に考える1週間が10日間に延長。…

  5. 1

    グローバル情勢

    デモクラシー先進国、西ヨーロッパのポピュリズムを俯瞰する:『ポピュリズムとは何か』から(8)

    未だにトランプ政権中枢スタッフが、相次ぐ指名辞退もあって決まらず、就任…

  6. %e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%95%99%e9%a4%8a%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%9b%b3%e6%9b%b8%e9%a4%a8

    地方・観光

    「木と緑のスタジアム」新国立競技場に、国内木材産地が名乗り

    東京五輪と国内産木材。どんな関係があるのかと思えば、新国立競技場の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. マンション

    地方再生

    仲介手数料無料の無店舗不動産ベンチャー台頭!:ネット規制緩和、空き家抑制策を追い…
  2. 女の子2

    地方・観光

    地方創生新型交付金方式に異議あり:上から目線の国・行政は自身の仕事の効果検証から…
  3. リハ1

    介護

    右大腿骨頸部骨折で現在リハビリ中の私、お薦めの「リハビリ治療と施設の基礎知識」
  4. QF-2

    スポーツ

    プロテニス錦織圭のランキングの価値:歴史上最高の日本人グローバル・プロ・アスリー…
  5. 034

    地方・観光

    好都合の無所属議員。その意味・意図は?:『地方議員の逆襲』から(21)
PAGE TOP