__ 1

地方

農業・漁業など全産業が観光資源。2016年は地方創生・新時代!

今年11月末から12月初めにかけ伊豆半島に行き、伊豆稲取漁港に、
12月中旬には知多半島に行き、豊浜漁港にちょっと立ち寄りまし
た。
さかな大好き(食べる方です)人間なので、漁港は好きです。
日本は本当に自然資源に恵まれた国と、つくづく思います。

__ 2
2015/12/25付日経に
「農業観光へタッグ 旅行各社×農園や料理学校 地方創生に一役」
と題した記事が載りました。
以下に引用しました。

------------------------------

旅行会社が農園などと組み、自治体などを巻き込んだ農業観光ツアー
の開発やコンサルティングに乗り出し始めた。
政府が進める地方創生の一環として自治体は地元の農業資源を観光振興
策に生かそうとしている。
各社は自治体のニーズを取り込むとともに、旅行商品の品ぞろえ拡大に
もつなげる。

<日本旅行>
日本旅行は貸農園を手がける農業ベンチャーと提携し、要望のあった
地域を訪問する商品を企画。

提携相手は農業ベンチャーマイファーム
マイファームの運営する約100カ所の貸農園や農産物を栽培する農場
を生かした旅行商品を開発する。
旅行者を呼び込みたい自治体の近隣にあるマイファームの拠点を訪問
し、農産物の収穫を楽しんだり、研修の一環として農作業をする。
拠点を足場に地域を巡る商品づくりも目指す。

同社はこれまで、農業観光を前面に打ち出した商品をほとんど持って
いなかった。
提携を機に商品開発を進め、初年度に数千人に利用してもらうようにする。

<近畿日本ツーリスト>
近畿日本ツーリストは道の駅に魅力的な農業観光のやり方を助言する。

農園運営の和郷(千葉県香取市)や料理レシピサイト「クックパッド」、
辻調理師専門学校と連携し、自治体などが運営する道の駅への農業観光
のコンサルティング事業を始めた。
道の駅の中にある農産物直売所やレストランを生かしたイベントなど
を提案する。
和郷は観光農園の開設や農産物直売所の販売、クックパッドや辻調理師
専門学校はレストランのメニュー開発などで協力する。
初年度で10カ所の支援をめざす。
3
政府は地方創生を進める中、地方での雇用創出のため観光振興などを促し、
全国の自治体には今年度中に地域ごとに戦略をとりまとめるよう求めている。
中でも農業は全国に遍在しており、「観光振興策として農業観光に取り
組みたい自治体のニーズは大きい」(日本旅行)とみている。
-----------------------------
農業と観光との親和性は、いちご狩り、ミカン狩りなど季節の果物の産地が
全国各地にあることで認知されています。
最近では、この記事中にあるように<道の駅>も観光の定番化。
各地にある<さかなセンター>もそうですね。
ただ、それらがすべて、特徴を持っているかというと、だんだん同じような
お土産センター的なものに流れがちになってきているのが気になります。
旅行会社が企画するとなると、その傾向が強くなるのでは、とちょっと心配
です。
そうならないように祈りたいですね。
マイファームとの提携も面白いですが、あまり観光客が押し寄せ過ぎると、
会員さんが迷惑するかも・・・。
駐車場の心配もしてしまいます。農業に限定せず、産業全般を観光資源と捉えれば、より商品の種類は増えます。
例えば、蒲郡ラグーナの経営を引き受け、ラグーナテンボスに転換したHIS
は、トヨタの工場の見学をツアーに組み入れています。

数年前までは、蒲郡ラグーナ時代に時々夫婦で行き、デッキでコーヒーを飲み
ながら、ボラがジャンプするのを眺めていましたが・・・。

今年読んだ本の中でのお薦めのひとつが
稼げる観光: 地方が生き残り潤うための知恵
(鈴木俊博著・2015/7/1刊・ポプラ新書)

 地方再生・地方創生にもヒントになる事例・考え方が詰まっています。
来年、その内容を紹介するシリーズを考えています。もちろん、ベストセラーになった
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く
も参考になります。
どちらもいずれ紹介したいと思っているうちに、今年2015年も終わって
しまいます。
地方創生や観光・農業などに関係した図書は数多く出ていて、どれを読
むべきか迷ってしまいます。
でも、どれを読んでも、地方が頑張っている様子がうかがえ、楽しくか
つ頼もしく感じます。アベノミクスなどには関係なく、独自の資源と知恵を活かして地域・地
方を活かす!
来年は、ますますその勢い・活動が広がり、地方が元気になっていくと
信じています。

__ 3

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 若い世代の新規就農者増加傾向。農林中金が最大60万円助成金
  2. 住宅用太陽光電力買い取り価格、19年度まで7年連続下げ:それでも下がらぬ利用料金…
  3. 国内農業縮小は投資不足に因?:<経済教室>TPPと日本の農業(中)から
  4. 国内居住日本人人口は、1億2589万1742人(2016年1月1日):7年連続減…
  5. 再生エネ政策の誤りで、電力自由化でも下がらぬ電気代:有効なのは省エネシステム化と…

関連記事

  1. 3
  2. tea0
  3. 智頭町9
  4. b1ebb128d5622dd0d798e999888a30b1_s

    エネルギー

    世界最大級水素工場を福島に建設:ミライの水素社会への一歩。トヨタ不参加が残念

    2016/9/29付日経に久し振りに、私が生きているうちにその具体的な…

  5. 富岡製糸場C

    地方

    富岡製糸場を世界遺産に!イコモスがユネスコに登録勧告!

    4月26日に、ユネスコの諮問機関であるであるイコモ…

  6. コメ2

    地方

    ふるさと納税、米に人気!返礼品用で年間1万3100トン、年間需要の0.2%は、民業圧迫か?

    なるほど、そんなことにもなるんだ!と感じさせられた記事。2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. f16

    エネルギー

    伊藤忠、米で風力発電・太陽光発電:米国にも再生可能エネ事業補助政策と推進NGO組…
  2. K-12

    スポーツ

    錦織圭 試合結果:ゲリー・ウェバーオープン初戦、苦戦もストレート勝ちでベスト16…
  3. 風力7

    エネルギー

    オリックスが再生エネルギーで原発一基分発電へ:電力自由化に向け、進む業界変革
  4. %e6%96%b0%e8%81%9e%ef%bc%91

    地方

    地方議会の政務費不正受給事件を巡るマスコミの姿勢と市民感情とのズレ:その報道から…
  5. 5

    マーケティング

    セブン対アマゾン・ゴー。日米コンビニ対決新時代が来る?:米アマゾン、2017年コ…
PAGE TOP