綾町肉

地方再生

ふるさと納税、特典に人気!3つの満足感で増えるリピーター

寄付金の大部分が税金の控除対象となる「ふるさと納税」

先日、豊田市がふるさと納税者に対して燃料電池車ミライへの試乗権
地元農産品と合せて提供することを書きました。
→ http://xn--3kqa523p6xe.net/jijisaiji/?p=301

-----------------------
日経産業地域研究所が1月末に「ふるさと納税」について
インターネットで実施した調査結果が
3月16日付日経MJに掲載されていました。

※調査対象は、20~60歳の個人年収500万円以上の人
または専業主婦のその妻721人

ふるさと納税で納税者が感じる3つのお得は

1.好きな自治体、応援したい自治体のお役に立つという納得感・満足感
2.寄付金の大半が、税金から控除されるという納得感・満足感
3.納税に対して受け取った特典・返礼品に対する納得感・満足感

その結果

◆その地方を観光などで訪問したいと思うようになった
◆その地方の特産品を注文したくなった

という相乗効果が出て、どちらもメデタシ、メデタシ・・・。

寄付金の返礼には、金額の半額近い価値の地元特産品や宿泊券を送る
自治体が多いようです。

ふるさと納税が認知された東日本大震災

制度が導入された2008年以降しばらくは
73億円、66億円、67億円と伸び悩んでいたものが
2011年の東日本大震災による被災自治体支援として
活用されるようになった事を契機に、その年649億円に急増。

2012年は反動で減少したものの130億円を維持。

ふるさとチョイスという
ふるさと納税のポータルサイトも人気を集め
2014年1月の456万PVが、12月には2296万PVに
同サイト経由の納税申込も、1月の2574件が、12月には34万5188件と
異常とも言えるくらいの伸び。
→ http://www.furusato-tax.jp/

このサイトは
<特徴でチョイス><寄付金額でチョイス>
<特産品でチョイス><地域でチョイス>
と使いやすさが特徴。

サイトに掲載する自治体数もどんどん増えていると思われます。

株主優待の人気振りと競争しているかのような感じですね。

ふるさと納税の金額

納税額は
1万~3万円未満が34.6%で最も多く
5万円以上も31.6%と高額?納税者も多いですね。

その内、年収1000万円以上者の64.4%が5万円以上納税しているそうです。

ふるさと納税先自治体を選んだ理由と満足度

ではどの自治体をどんな理由で選んだか?

1.カタログにある特産品・特典に魅力を感じた(4割強)
2.その自治体の特産品・特典が欲しかった(4割弱)
3.寄付金額に対する返礼品の還元率が高い(3割強)

などのお得要素が判断理由となる率が高く
その自治体で育った、とか、両親の故郷 といった
自分の実際の「ふるさと」と関係しているから、という理由は1割前後と
見事な合理性・経済性優先主義!?
返礼で受け取った特産品は
コメが46.3%、牛肉が40.8%の2大人気

返礼品への満足度は、8割以上が73.2%と概ね好評。

今後は
上記のサイトを使って、
いろいろな自治体に納税する、ふるさとをたくさん持つ納税者が増えそう!

ふるさと納税、リピーターが増える要因

返礼品に満足した自治体に対して持った気持ちとして

◆次の年も応援したくなった が70%近く
◆観光に行きたくなった が約30%
◆特産品を注文したくなった も約30%

と、ふるさと納税自体に満足感を持ち
次に繋がる行動が想定される結果が出ていることが嬉しいですね。

私も
ふるさとチョイスで調べてみて
動機不純ですが、今年どこか1自治体を応援し?
美味しい特産品も食べたいと思っています・・・。

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 再生エネルギー政策推進と中小企業の再生エネルギー技術開発への期待
  2. 生活費と政活費の区別ができない富山市議。同類は他地方議会にも :『地方議員の逆襲…
  3. 米国テスラ、国内11カ所めのEV用充電施設、スーパーチャージャーを浜松に
  4. 電力自由化による電気料金。安さだけの事業者のリスクを考える:新電力・日本ロジテッ…
  5. 低調な電力切替率の原因は、さぼり行政が確信犯:日経<電力自由化の先>から(上)

関連記事

  1. 7

    地方・観光

    地方自治体が国の「ヤレヤレ詐欺」に遭わないために:『地方創生の正体』から(8)

    『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(山下祐介氏・金井…

  2. 8
  3. %ef%bd%83%ef%bc%94

    地方・観光

    訪日観光客増へ、国主導での規制緩和・インフラ整備課題:その後の質は民間責任に

    前回は、インバウンド観光戦略として、国内各地域ごとへの訪問客の実態と…

  4. %e8%ad%b0%e4%bc%9a
  5. 地方9

    介護

    存在感が薄い地方議会と地方議員の職務怠慢:『地方議員の逆襲』から(2)

    当ブログのカテゴリーの一つが<地方>。地方創生・地方再生問題を多面…

  6. 政2

    地方・観光

    教科書の世界に止まる民主主義、地方民主主義:『地方議員の逆襲』から(5)

    新刊『地方議員の逆襲』(佐々木信夫氏著・2016/3/20刊)を参…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. パスポート2

    暮らし

    顔認証で日本人出入国審査無人化、外国人旅客審査の迅速化、テロ対策強化とビザ免除国…
  2. b1ebb128d5622dd0d798e999888a30b1_s

    エネルギー問題

    世界最大級水素工場を福島に建設:ミライの水素社会への一歩。トヨタ不参加が残念
  3. 4

    グローバル情勢

    注目を集める日米首脳会談。安倍政治も一種のポピュリズム政治?:『ポピュリズムとは…
  4. 電3

    エネルギー問題

    ネガワット取引導入で省エネ・原発停止分カバー、という発想の矛盾
  5. 日本遺産ロゴ

    地方・観光

    1年経過の「日本遺産」に明暗:4月第2次選定の「日本遺産」に必要な基盤整備策
PAGE TOP