果樹4

地方

農家の減少と高齢化をどう捉えるか:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(6)

GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・015/12/17刊)
本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。

【はじめに】
第1回:自動車産業を超える農業の可能性、その根拠は?
【第1章 農業を殺した「戦犯」たち】
第2回:大規模稲作農家の離農という矛盾と米価との関係
第3回:減反・米価政策等農業保護政策が招いた稲作農業の経営実態
第4回:重労働、高齢化に抗することができない農業の弱点
第5回:70歳が農業就業者の定年?2017年大量離農予測の根拠

今回は、第6回です。

------------------------------
 第1章 農業を殺した「戦犯」たち(5)
------------------------------

日本海側と関西と中国地方が深刻

 ただ当然ながら、地域ごとに実態は異なる。
作っている品目も違えば、合理化に向けて農地の区画を大きくする基盤整備
や機械化の進み具合も違う。

作っているのが重量型の農産物なら、高齢者にとっては運び出すのが余計に
負担になる。
このことだけでも、年を取れば農業を辞める理由になる。
逆に、作っているのが軽量な農産物だったり、あるいは基盤整備や機械化が
できているなら、ある程度年をとっても、それなりに作業はこなせる。
だから高齢化の深刻さには地域差がある。

2015年版の農林業センサスを見ると、カンキツ類の産地である和歌山県や愛
媛県、それから九州の各県は、比較的若いままである。

一方、一部のコメどころに加えて、果樹であってもカンキツ類以外の桃やブ
ドウなどを作っている県ほど、高齢化が加速する。
果樹では、カンキツ類と比べ、ほかの果樹は、栽培に手間がかかる。
たとえば10アール当たりの労働時間で比較してみると、最も多いのはブドウ
で427時間。続いてナシで389時間、リンゴで273時間、桃で254時間。

対して、カンキツ類のミカンは206時間に過ぎない。

とにかく、カンキツ類以外の果樹とコメの産地ほど、高齢化は地域の農業に
大きな変容をもたらそうとしている。
具体的な地域を挙げれば、日本海側、関西地方、中国地方である。
特にコメの産地については、2014年産から米価の低迷が離農に拍車をかける
だろう。

果樹6

<農家の減少と高齢化は問題なのか>

本章で問いたいのは、これから始まる大量離農が日本農業の成長にとって好
機なのか、それとも危機なのかということだ。

世間の大多数は、こうした日本農業の現状を危機と捉えているだろう。
ただ、私の意見は逆で、戦後最大といってもいいほどの好機と捉えている。
日本の農業が躍進するも衰退するも、これから迎える変革の時期をどう乗り
切るかにかかっている。
ここから先は、世間の常識に反証を加えながら、なぜ好機となりうるかにつ
いて言及していく。

多くの人が日本農業の危機説になびいてしまうのは、農水省がそう喧伝して
いることに大きく起因している。
たとえば、向こう10年の農政の方向性を示すものとして「食料・農業・農村
基本計画」がある。
この計画はおおむね5年ごとに改定され、2015年3月に発表された最新版で
は、農業の現状について次のように明記している。

「農村では都市部に先駆けて高齢化や人口減少が進行し、農業就業者が高齢
化、減少するとともに、集落を構成する人口も減少している。
高齢者のリタイア等による農地の荒廃や、担い手の不足等による生産基盤の
脆弱化等が進行している」

期間就業者年齢別内訳

豊作人
-----------------------------

一応、農協改革にも手が打たれ、TPP問題も批准日程が視野に入った現状を
考えれば、農水省も保護政策一辺倒では対応できないと理解しているはず。

ここへきて、農水産品輸出額1兆円を目標に掲げたり、海外への農業技術や
機器の移入などの支援、新規就農者の育成支援などの動きもみることができ、
多少は変わりつつあるのでは、変わらざるを得ないのでは、と感じています。

単純に考えれば、耕作放棄地の増加と就労者の減少は、一人当たり耕地面積
の拡大と、一人当たり生産高の拡大につながる可能性がでてくるということ
です。

耕作地面積推移

上のグラフは、2015年農林業センサスからのものですが、耕作地面積の集約
と拡大が進んでいることを示しています。

ただし、生産技術の向上、機械や情報システムの導入のための資金も合わせ
て必要になり、農業法人化など経営管理技術の導入・向上なども伴ってこそ
実現されるものです。

簡単ではないですが、若い世代の参加を従来とは異なる形で促し、従来と異
なる生産性・収益性を得ることが可能になるでしょう。

そうした裏付けとなる事実や予測が、引き続き取り上げられていきます。

次回、<国家の成長とともに農家は減少> に続きます。

ag2
-----------------------------

-『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』構成-

はじめに
第1章 農業を殺した「戦犯」たち
第2章 世界5位を誇ったコメの実力
第3章 大進化するコメ農業の可能性
第4章 輸出産業となった日本農業
第5章 ロボットと農業参入者のシナジー
第6章 農業の「多面的機能」で世界に
おわりに 

-----------------------------
【著者・窪田新之助氏プロフィール】
1978年生。明治大学文学部卒。
日本農業新聞入社。以後8年間、年間100日ほど国内外を取材。
農業政策、農業ビジネス、農村社会の現場をレポート。
2012年フリーに。
2014年、米国国務省の「インターナショナル・ビジター・
リーダーシップ・プログラム」に招待され、アメリカの農業の
現場を視察。

ピックアップ記事

  1. 自転車保険加入者増加。自治体条例化など追い風に快走中!
  2. 高畑母さんは強し!被害強調のマスコミと業界の不思議:明日が来る(5)
  3. 「滞在型観光」化支援ファンド、地方金融機関が設立へ! その向こうにある「体験型観…
  4. 全トヨタ自動車グループ各社が参画・貢献すべき、CO2ゼロ及び水素社会の実現
  5. 東京都の水素社会実現支援2016年度事業:燃料電池バス運行実験、FCV・給電機器…

関連記事

  1. %e9%af%96%e5%88%ba%e8%ba%ab

    地方

    養殖鯖で、日本遺産「鯖街道」が復活するか:若狭湾・小浜サバのブランド鯖化に期待

    2016/10/7付、同12付日経の<養殖新時代>を紹介して、今後の養…

  2. %e6%9d%91%e8%ad%b0%e4%bc%9a
  3. f-1

    農林水産業

    蒲郡市の新規漁業就業者支援制度で研修中:農業に続け、新規漁業就労者!

    2015/11/23 付 中日新聞で「若手研修生「漁師、面白みある…

  4. m2
  5. %ef%bd%83%ef%bc%94

    地方

    訪日観光客増へ、国主導での規制緩和・インフラ整備課題:その後の質は民間責任に

    前回は、インバウンド観光戦略として、国内各地域ごとへの訪問客の実態と…

  6. tanba-b

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

覚えるパスワードを1つに!

worldbanner2
2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ロゴマルシェ - LogoMarche
  1. 錦織圭

    錦織圭、ブリスベン国際、初戦ストレート勝ちでベスト8へ
  2. 太陽石油2

    マーケティング

    顧客囲い込みの手段は選ばず!消費者が困惑する電力自由化、仁義なき競争への対応法
  3. UNYグループ

    時事ニュース

    見えないユニー、ファミマ経営統合事業戦略:ファミマ、サークルK合併で何が変わる?…
  4. おでん2

    未分類

    家おでん対コンビニおでん。異なる時短効果:『マーケティングの嘘』で知るリア充暮ら…
  5. C00279-003E

    未分類

    人工光合成で日本の明るい未来想像&創造:2月22日・日経記事(2)
PAGE TOP