給与1

政治

金融所得の税制改革、中低所得勤労世帯の税及び社会保険料負担軽減策で所得・資産再分配を:【経済教室】<あるべき経済対策とは>(3)

2016/4/19から3回シリーズで、日経の【経済教室】
<あるべき経済対策とは>という小論が掲載されました。

1回目は、小野善康・大阪大学特任教授による
「恒常的な雇用創出こそ筋 保育・介護など充実を」というテーマから
当然のアベノミクス失政分析と発想転換型雇用創出対策提案

2回目は、2016/4/20付の、稲田義久 甲南大学副学長による
「賃上げ通じ消費底上げを 政府、景気判断早期に」から
企業経営経験のない学者・官僚・政治家の賃上げ要求への疑問

3回目の最終回は、2016/4/21付の森信茂樹中央大学教授による
「所得・資産の再分配進めよ 中間層の底上げ急務」を紹介します。

----------------------------
 あるべき経済対策とは(下)所得・資産の再分配進めよ
----------------------------

安倍政権の経済政策「アベノミクス」が始まって3年がたつ。
実質経済成長率は平均で0.6%と民主党時代の3年間平均の2%を下回る。
主因は個人消費の低迷にある。

 これに対し、消費税率8%への引き上げが原因とする説が見受けられ
るが、既に増税から2年がたっており、最近の消費低迷の要因は消費増税
とは別なところにあると考えるべきだろう
 家計調査をみると実収入の伸び悩み・停滞とともに、平均消費性向の低
下が消費の低迷に拍車をかけている。
 背景には、消費者の将来不安による消費態度の慎重化があると思われる。

 小塩隆士・一橋大教授が2015年の家計調査を使ってアベノミクス前後の
所得・資産の分布を比較した分析をみてみよう。
 アベノミクス後は年収400万~700万円の層が薄くなり、その両脇(400
万円以下と700万円以上)の層が厚みを増すという、所得分布の二極分化、
中間層の崩壊が顕著に表れている。

 この傾向は資産(貯蓄)についても同様で、アベノミクス以降、中程度
の貯蓄残高の層の比率が低下し、貯蓄残高3千万円以上の層の比率が上昇
している。
 こうした所得・資産の二極分化の要因としては、正規雇用と比べ賃金水
準の低い非正規雇用者の増大、アベノミクスに伴う株高の恩恵の偏りなど
が考えられる。

 この事実はアベノミクスで想定したトリクルダウン(浸透)現象、つま
り円安による企業収益改善が賃金や設備投資の増加につながり、中小企業
や地方経済に波及していくという「成長と分配の好循環」が生じていない
ことを示す。

 経済協力開発機構(OECD)統計で所得分配の不平等度を示すジニ
係数を比較すると、わが国は税・社会保障前ではそこそこ平等な国だが、
税・社会保障後では不平等な国の部類に入る
 つまり税と社会保障の所得再分配度が、先進国中最も低い部類に属し
ているのである。

 以上みてきたように、最近の消費低迷は、格差拡大による中間層の
崩壊という現象などを反映しており、将来不安を背景とする消費性向の
低下が主因といえる。
 こうした状況下で、経済対策として一時的な商品券の配布や年金生活者
へのバラマキ給付をしても効果はなく、税金の無駄遣いというべきだろう

 今必要な政策は、わが国の経済社会をこれ以上二極化しない所得・資産
の再分配政策である。
「負担に余裕のある層」から「そうでない層」への所得再分配・格差縮小
が経済成長にプラスに働くことは、国際通貨基金(IMF)やOECDの
多くの研究成果が証明している。
 単純に考えても、所得の割にあまり消費しない高所得者から、消費割合
の高い低所得者への所得移転は、消費拡大効果を持つ

 ではどのような再分配が必要なのか。
 わが国の所得再分配度が国際的にみて低い最大の原因は、税だけでなく
社会保険料にある定額の国民年金保険料は逆進性があり、厚生年金も
賦課方式の下で、今年負担する中低所得勤労者から今年受給する富裕高
齢者へと所得移転がなされている

 このことを念頭に置くと、望ましい所得再分配は、負担余力のある
「富裕高齢層」から「中低所得勤労者」への移転ということになる。

1.<金融所得の税制改革>

 「富裕高齢層」を象徴するのは、株式譲渡益や配当といった金融所得。
 これに対しては勤労所得と分離して課税する税制となっており、その
税率は13年は10%で、14年には20%に引き上げられた。


※資料は、同論利用のものをそのまま転載させて頂きました。

 図は13年と14年の申告納税者の所得税負担率をみたものだが、どちら
も合計所得金額1億円のところでピークをつけている。
 その理由は、富裕層に多く発生する株式譲渡益や配当の税率が、勤労
所得の最高税率(14年までは40%、15年以降は45%)より低いことから
生じている。
 金融所得の税率が14年に20%へ引き上げられた後も、1億円を超える
と所得税負担率が低下していく構造は変わっていない。

 そこで金融所得の税率をさらに5%程度引き上げることが考えられる
 アベノミクス以降の株高で潤う富裕層の資産から生じる所得への税負
担を増すことは、所得・資産双方の公平な分配につながる。

 もう一つ理由がある。
 株式譲渡益や配当など金融所得の源泉は法人利益だが、法人税率は
アベノミクスの下で7%以上引き下げられている。
 それと辻つまを合わせる形で個人段階で生じる金融所得の税率を引き
上げることは、税理論として十分な理屈がある。
 現在20%で4兆円強の金融所得税収があるので、税率を5%上げる
と機械的な計算では1兆円程度の増収となる。

 その際重要なのは、税率引き上げによる株式市場への影響が、勤労者
の資産形成や年金運用に波及しないようにすることだ。
 未成年者向けも含めた少額投資非課税制度(NISA)の拡充・恒久
化とセットで進める必要がある。

ストック3


2.<中低所得勤労世帯の税及び社会保険料負担軽減策>

次に負担の軽減はどうすべきか。

 対象は中低所得の勤労世帯だ。
 こうした世帯では収入から税・社会保険料を除いた可処分所得がここ
10年以上低迷している。
 原因は消費税も含めた税負担の増加というより、年金や医療保険など
社会保険料負担の増加にある

 経団連の試算では、14年度の1人当たり現金給与総額は564万円で、
12年度より11万円増えているが、そのうち社会保険料負担が5万円増
えたので、手取りの増加額は6万円にすぎない。
 この社会保険料負担が20年にはさらに15万円程度(勤労者1人当たり)
増えると予想されている。
 税と社会保険料を合わせた負担軽減を考える必要がある

 具体的な方法としては、税と社会保険料の負担を合わせて軽減する
オランダ型の「勤労税額控除」の導入が考えられる
 税と社会保険料負担を一定割合で減額(相殺)する方式をとってい
るため、執行コストが低いという利点がある。
 わが国でもこの方式を導入するには、税と社会保険料の徴収一元化
進め、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)を活用して所得を把握
する必要がある。

 こうした政策は、生活保護の受給を減らすだけでなく、勤労インセン
ティブ(誘因)を高める効果がある。
 わが国では、年収が130万円を超えると社会保険料負担が生じるため
就労調整をする「130万円の壁」が課題となっており、この打開にもつ
ながる。

 この政策を実現するには時間がかかる。
 そこでまずは400万~500万円の中低所得勤労世帯の税と社会保険料
の負担を軽減する給付からスタートしてはどうか。
 順次マイナンバーの普及とともに、子どもの数に応じた給付(児童税
額控除)に発展させていくことも検討すべきだ

 政府が担う重要な権能の一つは、税制と社会保障を活用した所得再分配。
所得再分配には損得が生じるので、政治家は避けたがる。
 だが経済界に設備投資の増額や賃金引き上げを要請するだけでは、
効果も限定的で持続的な経済成長はおぼつかない。

 負担に余裕のある高所得者層(とりわけ富裕高齢層)の負担を引き
げ、ワーキングプア層を含む中低所得者の税・社会保険料負担を軽減
し、
勤労意欲の増大を通じて中間層の底上げを図る政策こそが、今求め
られ
る経済対策だ。

 最後に社会保障財源である消費税率を、法律通り引き上げて社会保障
を充実させる政策が所得再分配政策として重要なことは言うまでもない。

資金1

--------------------------------

3回・3人の経済対策提言。

今回の森信茂樹中央大学教授の小論が、最も納得度の高い、現実的な政策提言
と評価したいと思います。

もちろん、筆者自ら言う通り、「この政策を実現するには時間がかかる。」
 簡単にできるばら撒き政策が、すべて一過性のもので、構造的な問題解決に
まったく至らない、至るはずがないことは分かり切っているのです。

現状の金融緩和策も、結局は、ほんの一時的なもの。
社会経済の構造を変えるものでは、まったくありません。

1.<金融所得の税制改革>
2.<中低所得勤労世帯の税及び社会保険料負担軽減策>

という見出しで区分してみました。
いずれも合理性・公平性があり、なんとか導入・実現して欲しい政策と思いま
すが、果たして、同様の議論・検討は、官庁や政治家、政党などで行われたこ
とがあるのでしょうか。

もう一つの課題は、今回の提案が、果たして政策検討・決定プロセスになにか
しらの形で乗っていくのか、実際に影響するものとなるのか、ということです。

内容的には、政府与党も、関係省庁も反対しそうなもの。
本来ならば野党が研究検討し、今夏の参院選から大々的にキャンペーンを打ち、
わかりやすく説明すれば票に結びつきそうに思うのですが・・・。

提案そのものに至るまでにさえ、時間が掛かり過ぎ、結局・・・。
ということになってしまうのでしょうか・・・。

学者・研究者は、自分の提案の実現までの方法、プロセスも描くべき・・・。
最近つとに思うところであります。

最後に筆者が付け加えた
「最後に社会保障財源である消費税率を、法律通り引き上げて社会保障
を充実させる政策が所得再分配政策として重要なことは言うまでもない。」
という内容も、言うまでもなく、わたしも賛成です。

007

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 2015年度、国内の風力発電能力6%増。手のひら返しで買い取り価格を安く
  2. 極右政党政権樹立の可能性が現実的になったオーストリアの政情:『ポピュリズムとは何…
  3. 地域振興に留学生の参画:外国人就労へ、地方大学・企業の取り組み強化を
  4. ドラッグストアの成長鈍化、薬剤師不足、薬剤服用歴未記載から考える薬剤師の仕事
  5. 日本への留学生の就職者数、15年最多1.5万人は、多い少ない?:外国人就労者を着…

関連記事

  1. 住民届

    地方・観光

    二重住民票制度が、人口減少社会の地方創生を推し進める:『地方創生の正体』から(11)

    『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(山下祐介氏・金井…

  2. 稲米
  3. エコ5

    エネルギー問題

    太陽光発電は、自家消費型で活用すべき:貿易収支、環境対策にも貢献する優れもの

    FIT=固定買い取り価格の引き下げで、期待と成長性が停止してしまった感…

  4. 050

    介護

    農業分野に外国人労働者を。国家戦略特区諮問会議:外国人労働者活用政策の基本

    このところ安倍内閣が乱造・乱設している種々の会議の活動を巡る報道を…

  5. %ef%bc%96
  6. 荒れ地2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 004jpg

    スポーツ

    錦織圭 2015全仏準々決勝ツォンガ戦、ファイナルセットで敗退:ベスト4ならず、…
  2. 豊作計画

    農業

    農業人口減少と農業就労者高齢化に対する大規模農業化・農業法人化の意義
  3. sf-4

    スポーツ

    錦織圭 試合速報:ロジャーズ・カップ準々決勝、2-0、対ナダル初勝利で準決勝マレ…
  4. ミサワエネゼロ2

    環境・エネルギー

    太陽光発電でゼロエネルギー住宅が主流に:ミサワホーム、 パナホームが積極展開。
  5. 1

    水素エネルギー

    海上輸送による水素供給体制強化へ、川重、英蘭シェルと提携:水素社会インフラ強化へ…
PAGE TOP