SNS3

文化・暮らし

使用料無料SNSに潜む罠から身を守る:SNSトラブル消費者相談、中高年急増!自身のソーシャルの意義は?

2016/4/26 付日経掲載の
「SNS絡む消費者相談9000件  15年度、中高年急増で最多に」
と題した記事を紹介します。

-----------------------------------------

LINE(ライン)やフェイスブックなどソーシャル・ネットワーキング・サービス
(SNS)に絡むトラブル相談が2015年度、全国の消費生活センターに過去最多の
約9千件寄せられ、5年前の10年度に比べて3倍近くに急増したことが4月26日まで
に、関係者への取材で分かった。

 ※同記事掲載の画像をそのまま転載させて頂きました。

 60代は5年で約13倍、70歳以上で約23倍と中高年で顕著に増えており、消費者庁は
「SNS利用が中高年層に広がり、慣れないうちにトラブルに巻き込まれているのでは
ないか」とみている。
 統計や分析結果を16年版の消費者白書に盛り込む予定。

 SNSを巡る相談数は、集計を始めた09年度は約2500件、10年度は約3100件と徐々
に増え、14年度は約7100件に急増した。
 15年度はさらに1.3倍増に。
 相談内容は「SNSをきっかけにアダルト情報サイトにつながった」「広告を見て
試しにサプリメントを注文したら定期購入になっていた」などだった。

 一方、消費者相談全体の件数は92万7千件(速報値)で、14年度より1万9千件減少。
 架空請求の被害が多発した04年度をピークに年々減少していたが、13年度から増加に
転じ、14年度は94万6千件だった。

 15年度は再び減ったものの、消費者庁は「依然として高水準」としている。

 15年の1年間で消費者被害・トラブルとして認識した商品・サービスに支払われた
総額は6兆1千億円(14年比で6千億円減)と推計した

 65歳以上の高齢者の相談件数は14年度比で2万2千件減の24万件。
 支払いが高額になりがちなファンドや為替、株式、社債への投資話など、金融商品
関連の相談件数が減ったことなどが影響したとみられる。

スパム
------------------------------------------

SNSの特性は、利用料がタダであることと簡単に利用できること。
しかし、タダであるコトで、利用時にあまり危険性を考えないことも、その特性に
加わります。

基本的にタダのものはない、と考えるべきで、SNSを開発・公開している事業の
収益は広告料。
無料を(表現は悪いですが)エサにして、有料コンテンツに誘導する・・・・。

もう一つ。
利用のしやすさは、悪事に利用することも容易なコトを意味します。

そして、アカウント、メールアドレス、パスワードその他の個人情報などのセキュ
リティが完全でなく、いつの間にか、自身がターゲットにされるリスクが、爆拡大
していること。

そして、そのアプローチ方法、勧誘方法は、よくよく考えれば疑問を感じるべきも
のなのですが、ついついうっかりしてクリックしてしまう・・・。

こちらから先にアプローチしたかのように、
◆<Re.>入りの返信メール扱いや、◆「当選しました」返信メールなど、なりすま
しには、やはり引っかかりやすいですね。
悪意に対して、善意が、あるいは無意識が自然反応する。

その簡便さ、イージーさがネットの特性でもあるので、どうしても無防備になって
しまいます。

いつの間にか、膨大な量の迷惑メール、スパムメールが毎日送り届けられています。
外国人からのものも随分増えました。
まとも?なメールの方が圧倒的に少なく、埋もれてしまいそう・・・。

こうした善悪の判断が付きにくくなるのも高齢者の特性?
特殊詐欺の被害にかかりやすい高齢者の、ある意味、社会性の欠如とも言えるので
はと考えています。

LINEは利用しないのでわかりませんが、最近ではFacebookの広告の種類、幅が
随分広がってきた印象が強いですね。
サプリやネットビジネスに勧誘するような広告が非常に目に付きます。
うっかり、気にもしないで、クリックしてしまうことも多いのではないでしょうか。
Facebook個人ユーザー自身が、自身の利益のために広告塔の代わりを務めて投稿す
るケースも、どんどん広がっています。
それがSNSの意義、みたいに、都合よく解釈し、不要な情報を拡散させる・・・。
真の意味の「ソーシャル」、社会性が変質していくリスクが拡散している・・・。

SNSやネットの利用に当たっては、自身のソーシャルのあり方を確認して、利用す
べきと考えます。

SNS1

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 海上輸送による水素供給体制強化へ、川重、英蘭シェルと提携:水素社会インフラ強化へ…
  2. 企業の自家発電、原発7基分増加:環境対策とコスト低減を基本とすべき企業と国のエネ…
  3. 智頭町「ゼロ分のイチ村おこし運動」から学ぶ地域づくり(2)百人委員会、疎開保険へ…
  4. 解消急ぐべき「機会の不平等」。その道筋を具体的に提示せよ!:日経「貧困・格差をど…
  5. 外国人人材在留期間延長と高度技術人材活用、技能実習制度、双方に必要な課題

関連記事

  1. 4

    政治

    人気取り政治と不人気回避政治が一体化した民主主義の扱い:日経「シルバー民主主義を考える」より(2) …

    ◆地政学上の変化で支えられるアベノミクスの実相:『シルバー・デモクラシ…

  2. 文化・暮らし

    自動車税はクレジット払い可能!そのメリット、デメリット

    自動車税納付、クレジットカードが払い可能に!------------…

  3. f5
  4. マンション
  5. 温暖化1

    エネルギー

    再生可能な人類が果たすべき、再生可能エネルギー社会の創造と温暖化防止

    2016/7/25 付日経「温暖化が危機的、再生エネ活用を」と…

  6. 1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

覚えるパスワードを1つに!

worldbanner2
2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ロゴマルシェ - LogoMarche
  1. 母子1

    時事ニュース

    無戸籍児・非嫡出子・シングルマザーの不幸の連鎖を断ち切る社会へ:少子化対策の盲点…
  2. 牛肉

    地方

    ふるさと納税人気上昇、寄付金ランキングにも注目!:サポートシステムも拡充
  3. 4

    エネルギー

    港湾内洋上風力発電に追い風:国・自治体も、事業化エネルギー旺盛な企業を支援へ
  4. 218

    地方

    「地方創生」「一億総活躍」。掛けかえ自由な看板。リサイクル、リユースのご予定は?…
  5. 012

    地方

    イオン農場は、製販一体型農業法人方式:農業再生ではない従来型ビジネスモデル。近大…
PAGE TOP