住宅太陽光発電モデル

再生可能エネルギー

太陽光パネルメーカー、住宅市場に注力へ:太陽光発電コスト低減を進め、持続可能な環境エネルギー生活社会へ

前回、
太陽光発電買い取り価格下落を背景とした中古市場ファンド・ビジネスと家庭用蓄電池導入動向
と題して、これからの太陽光発電に関する行政とビジネスの方向性について
確認しました。

その関連で、今月2016/5/7付日経で
「太陽光パネル 住宅に照準
保守拠点倍増やセット販売 価格下落、普及に弾み メガソーラーは市場縮小」
というテーマの、興味深いレポートがありました。

パナエネゼロ3
以下、紹介します。

------------------------------------

太陽光パネルメーカー各社が家庭向けの営業に注力している。
地元に強い工事会社と組んで保守拠点を倍増させたり、周辺機器とのセット商品
を売り出したりする動きが相次ぐ。
売電目的のメガソーラー(大規模太陽光発電所)からつくった電気の買い取り価
格下落を受け、住宅用が主戦場となっている
パネルの価格も下落傾向にあり、普及に弾みがつきそうだ。

太陽光発電見通し
※同記事掲載の資料をそのまま転載させて頂きました。

[海外メーカーの動向]
 国内の太陽光パネル市場に占める海外メーカー製は5割以上を占めるが、住宅用
に限ると2割未満とみられる。
住宅用では営業拠点の少なさや認知度の低さが壁になっていた。

 この状況で、以下の各社の動向を紹介しています。

<カナディアン・ソーラー>
太陽光パネル世界3位のカナディアン・ソーラーは6月、保守拠点を現在の2倍
の約300カ所に増やす。

納入した太陽光発電システムにトラブルが発生したときに技術者を早期に派遣でき
るようにする。
地方の電気工事会社など業務の委託先拡大を急ぐ。
 太陽光パネルとセットで販売する関連機器の性能を無償で保証する期間も従来よ
り5年延長し、15年間とした。

<ハンファQセルズ>
韓国メーカーのハンファQセルズは年内にも住宅向け営業員を現在の倍となる

100人体制にする。中国、四国地方では支店も開設。

※冒頭の画像は、ハンファQセルズのHPから

<トリナ・ソーラー>
 世界最大手のトリナ・ソーラー(中国)は月内に太陽光パネルと設置に使う架台、
電力変換装置などがセットとなった住宅向け商品を売り出す。

「兵庫・高岡西水上メガソーラー発電所」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 住宅用太陽光発電の導入費用は現在、1キロワット当たり35万円前後とみられる。
この2年間で1割強下がった。一般的な出力4キロワットの場合、工事代も含め導入
費用は新築で現在150万円ほどが相場となる。

 低価格品に強い海外勢が家庭向けに本格参入することで今後、導入費用が安くなる
可能性が高い。
埼玉県の50代の男性は「太陽光発電と蓄電池などをうまく組み合わせれば光熱費を
減らせる」という。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
[国内勢の動向]

国内勢も拡販に注力している。

 三菱電機>:発電ロスを減らし、出力を高めた住宅用太陽光パネルを6月に発売
する。

 <東芝グループ>:太陽光発電と連携可能な電力変換装置、住宅用蓄電池をセット
にし
た製品を売り出す。
 <京セラ>:同じ屋根の面積に同社従来品より3割多く敷き詰めることができるパ
ネル
の販売を始めた。
シャープ>:事業縮小を検討課題とするなか、内外のメーカーの間で需要取り込
みに向
けた競争が激しさを増している。

ソーラーパネル

---------------------------------------

いつの間にか、海外製太陽光パネルが、国内で相当の力を持っていること、この
レポートから分かります。
(一方、記事中の国内メーカー2社は、問題企業で、冴えません。)

太陽光発電に関しては、一般住宅でも取り扱い可能ということで、持続性をもっ
て住宅用太陽光発電を行う条件は、耐用年数に限りがある太陽光パネルと付随する
機器のメンテナンス基盤の拡充とその諸コストの低減の2点にあることは、これま
でも述べてきました。

当然、関連する技術の研究開発で、コスト低減の動きは、継続され、広がってい
ます。
資源の再生・活用の循環システムも次第に整ってきています。

しかし、住宅用太陽光発電が広がっていくだけでなく、より望ましいのは、(これ
もここまで何度も触れてきていますが)地域・地方自治体レベルで、電力エネルギ
ーの地産地消の循環を確立することと考えています。

理想は、設備投資の償却部分だけがコスト化され、あとはエネルギーコストが無料
になること。
そのメンテナンスコストは、税収で賄われること。
企業の税収増は、その地域でのエネルギーコストが安いことも要因の一つになる。
その循環、連関を産官学の取り組みで実現する。

そのモデルが、2025年くらいまでの間に出てこないものかと・・・。

f16

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. CSN地方創生ネットワーク、業務用ネット鮮魚販売「羽田市場」を開場!超速鮮魚®で…
  2. コメ・ウォーズ:地方創生の武器のひとつ、熱く、温かいブランド米の美味しい戦い
  3. 外国人人材活用と法務省・出入国管理基本計画との関係
  4. 地方大学が、地方創生活動の拠点の一つに:開かれた新しい大学の創造へ
  5. 水素エネルギー社会の実現は、エネルギーの地産地消とCO2ゼロ化の理想の元に

関連記事

  1. 食事3
  2. 8

    政治・社会経済

    電力料金決定重要要素、送配電網使用料の小幅減止まりと電力自由化政策への疑問

    来年2016年4月からの電力小売りの全面自由化の前の課題として、新…

  3. %ef%bc%96

    地球温暖化

    パリ協定批准読み違えの日本政府:リーダーシップを発揮すべき地球温暖化対策で恥

    ここ数回、廃炉問題を基本として、電力エネルギー行政を巡る国の失政を…

  4. 太陽光4

    水素エネルギー

    自宅に光触媒水素工場:パナソニックがめざす2030年の水素社会の実現

    地球温暖化抑止のためには、再生可能エネルギー政策へ…

  5. 温暖化2

    日記・随論

    再生エネへの転換が進む世界。逆行する米国トランプ政権政策をしのぐ民間企業政策

    今月も、環境・エネルギーに関する日経の報道から、いくつかピックアップし…

  6. テスラ2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 荒れ地2

    地方・観光

    農地バンク利用実績目標比2割:不耕作農地所有者、農地バンク、地方自治体、農水省の…
  2. 再生エネ1

    再生可能エネルギー

    ベースロード電源と再生エネルギー政策の再構築でエネルギー地産地消・自給国家作り
  3. 学生

    地方・観光

    地方大学での地方経済創生・活性化につながる学科創設・再編を!:茨城大、千葉大の事…
  4. QF-2

    スポーツ

    錦織圭 試合速報:シティ・オープン準々決勝、2-0ストレート勝ちで準決勝進出!チ…
  5. デコポン

    政治・社会経済

    「適応計画」で農業・災害など地球温暖化対策:シナノゴールド、デコポンが増える理由…
PAGE TOP