木1

再生可能エネルギー

三洋貿易、洸陽電機提携でバイオマス発電の効率向上とコストダウン:バイオマス発電地産地消にもプラス

これからのエネルギー、エコを勝手に考える1週間として

第1回:太陽光発電の住宅用蓄電池、各社、電力自家消費にらみ小型化・低価格化へ
第2回:日本電産、独大手火力発電企業ステアグから大型蓄電設備受注。日本の電力企業へ技術移転を期待
第3回:亜鉛活用で蓄電池価格を半分に:スタンフォード大と豊田中央研究所が共同開発
第4回:原発廃炉ニーズで、ドイツの廃炉ノウハウが輸出産業に!:廃炉拠点が風力発電工場に
第5回:欧州の洋上風力発電コスト、4割ダウンの見通し:脱原発に必要な再生エネコスト大幅削減の見通し
第6回:ダイムラー、燃料電池車を2017年発売:EVかFCVか、エコカーの競争段階前哨戦模様

と続けてきました。
今回は、2016/6/14付日経の
「ドイツ製バイオマス発電で販売提携 三洋貿易、洸陽電機と」
という、バイオマス発電をめぐる記事です。

-------------------------------------

    専門商社の三洋貿易とエネルギー関連事業を手掛ける洸陽電機は、発電効率の
高い小規模バイオマス発電システムの販売で提携する。

 三洋貿易が輸入するドイツメーカーの発電機を、洸陽電機が購入先に合わせて
再設計し、据え付け工事を手掛ける。
 両社は5年間で20数カ所の導入を目指し、売り上げは600億円を見込む

 共同で販売を目指すのは出力2000kW未満のシステム。
 国の固定価格買い取り制度(FIT)では、同規模のバイオマス発電で未利用
木材を燃料とした場合、1kW時当たりの買い取り価格が最高の40円となる。
 バイオマス発電は林業の延長として地域の未利用材が活用できる小規模が推進
されている。
 両社のシステムは燃料に対して約30%と比較的高い発電効率が特徴
 排熱による温水を木質ペレットの乾燥工程に活用し、総発電効率を75%にできる

バイオマス2
-------------------------

地味な情報ですが、こうした技術の積み重ねが、これからのエネルギーコスト
の低減と環境問題対策、両面で、やはり地道に貢献していくんだろうな、と感じ
ます。

たまたま、今リハビリ入院先の病院で、山林が市内の相当の比率で面積を占め
る市から通っている理学療法士さんにリハビリを受けながら話しました。

地域再生に取り組んではいるが、農業に適した土地も地形・気候からさほど多
くなく、今一つパッとしない。
地域おこし協力隊からの若者の移住と取り組みも、TVで取り上げられたことが
ありましたが、その後どうなっているでしょうか。

こういう地域では、私は、バイオマス発電に官民で取り組み、林業の振興と、
電力料金の引き下げを市内全家庭に適用して、生活コストの低減、環境整備など
も実現。
そうして若い世代の定着と、流入を促すことが良いのではと思います。
実際、この若い療法士さんは、その市から隣の岡崎市に、今年開通した新東名
を利用して通勤しているのです。

地産の木材を活用した住宅建設、地産地消の安い電力料金などをベースに、ベ
ッドタウンとして機能する可能性を広げるのもよいのではないでしょうか。

木9
あとは、子どもたちの林間学校、森の幼稚園など、森林資源を他地域からの活
用を想定した教育事業の資源とすることも特徴となるでしょう。

その市とは、愛知県新城市です。

話が、少しというか、かなりというか、ずれてしまいました。
思いつきで、こうなってしまいました・・・。

木5

 

ピックアップ記事

  1. 金融所得の税制改革、中低所得勤労世帯の税及び社会保険料負担軽減策で所得・資産再分…
  2. 国内居住日本人人口は、1億2589万1742人(2016年1月1日):7年連続減…
  3. 日本遺産① 水戸市・足利市・備前市・日田市:近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の…
  4. ふるさと納税は富裕層ほど豊かに。格差・不公平を隠さない、ふるさと狂騒曲第1楽章「…
  5. 日本遺産(11)明日香村・橿原市・高取町(奈良県):日本国創成のとき―飛鳥を翔(…

関連記事

  1. pointc

    マーケティング

    ローソンの電力小売り参入も三菱商事主導の広告媒体の役割。ポンタカード効果は見込めるか?

    このところ来春4月からの電力小売り全面自由化に向けての異業種格闘技?…

  2. %e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%82%b9%e7%99%ba%e9%9b%bb

    環境・エネルギー

    イーレックス、東燃ゼネラル石油。発電量安定のバイオマス発電所新設、相次ぐ

    遠い水素社会への道のり。◆トヨタ、燃料電池バス来年発売。まだまだ遠…

  3. 関空ソーラー

    エネルギー

    ソーラーフロンティアが、効率高めた新型太陽光パネルを開発:太陽光発電コスト低減は止まることなし

    これからのエネルギー、エコを勝手に考える1週間が10日間に延びています…

  4. %ef%bc%93

    エネルギー

    欧米大手企業、低炭素化・再生エネ100%化シフト加速:パリ協定発効による日本の責任

    12月のエネルギー問題ミニシリーズ1回目は、直近の日経記事をもとに…

  5. エコ1

    エネルギー

    大ガス・生駒市が再生エネで、地域新電力会社構想:エネルギーの地産地消が目指すもの

    再生可能エネルギーで、エネルギーの地産地消を目指すべきというのがわ…

  6. ベンツGLCred

    環境・エネルギー

    ダイムラー、燃料電池車を2017年発売:EVかFCVか、エコカーの競争段階前哨戦模様

    これからのエネルギー、エコを勝手に考える1週間として第1回:太…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

覚えるパスワードを1つに!

worldbanner2
2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ロゴマルシェ - LogoMarche
  1. 稲米

    地方

    日本独自のグローバル農業ビジネス展開を:「<時事解析>農業の国際競争力」から(3…
  2. 浜岡原発

    エネルギー

    浜岡原発停止でも増益の中電:火力発電依存は課題を残す 
  3. 破4

    エネルギー

    制御不能の技術を生み出した人間の「主体」としての今後のあり方:『さらば、資本主義…
  4. 案内250K

    未分類

    成長戦略遅れ15%、キャノンが監視カメラ世界首位企業、日立がビッグデータ分析ソフ…
  5. 太陽光7

    エネルギー

    太陽光発電行政の場当たり的政策のツケが国民生活に:子供だましの長期利用促す保守管…
PAGE TOP