議員5

政治

元官房副長官 石原信雄氏、元中国大使 丹羽宇一郎氏の提言:日経「かすむ野党 再生への処方箋」から(2)

2016/7/14付日経に、「かすむ野党 再生への処方箋」と題して

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
参院選で安倍晋三首相に国政選挙4連勝を許し、「安倍1強」体制を強めた野党。
 政権が遠くかすむ民進党は、万年野党と呼ばれたかつての社会党に似てきたとも
いわれる。
 野党再生に何が必要か。旧民主党、霞が関、経済界のOBが説く処方箋とは。

と、3人の意見が提示されていました。
◆1回目:元民主党最高顧問 藤井裕久氏の提言:日経「かすむ野党 再生への処方箋」より(1)

当初3回に分けて紹介する予定でしたが、2回目の石原氏の内容が、前回の藤井氏の
内容とかなり重なっていたので、3回目の丹羽氏のものと合わせて紹介します。

-----------------------------------
官僚組織生かし政策提言磨け 元官房副長官 石原信雄氏
----------------------------------

 民主主義の健全な発展には、政権担当能力のある野党が常に存在することが大切だ。
 野党の存在感があまりに小さくなると、一党独裁の危険が生じる。
 政権に緊張感をもたらす上でも健全な野党の存在は必要だ。

 いつの時代も政策で勝負するのが政治の原点だ。
 今、経済政策「アベノミクス」が具体策で苦しんでいるのだから、今回の参院選で単に
「アベノミクス反対」と唱えるのではなく、民進党の対案を示してほしかった。

 経済政策では分配重視を訴えるが、その前に分配を可能とする経済強化策がない。
 野党ボケせず、もっと地に足を着けた政策提言が必要だ。

 かつて自民党の長期政権時代は派閥によって政策が異なった。
 自民党の政策に幅があり、国民の意見を幅広く吸い上げられた。
 今は派閥が実質的に解消され、批判勢力が自民党内から生まれにくい状況になった。
 そういう時代に、対案を示すべき野党第1党の責任は重いと自覚すべきだ。

 今回の民共共闘で民進党は「政権交代可能な二大政党」という構図から遠のいた
 このままでは新しい「55年体制」の始まりという印象を与えかねない。
 共産党との共闘で失ったものは大きい。
 目先の選挙戦術を優先し、政策で相いれない共産党と組んだのは不安を与えた。
 国民の目にどう映ったか検証すべきだ。

 経済政策で共産党は大企業への法人税強化を掲げるが、日本企業の国際競争力はどうなる
のか。
 消費税廃止を訴えるが、社会保障を守るには消費税率の一定の引き上げは必要だというの
が、少なくとも野田政権の結論だったはずだ。
 民進党が共産党との共闘を優先し、自分たちの政策をあいまいにするなら危険だ。

 野党の政策提言能力は一時に比べ、明らかに低下した。
 旧民主党政権時に政策決定過程から官僚組織を完全に排除し、霞が関と健全な関係を築け
なかった後遺症だろう。

 私が官房副長官として仕えた細川内閣は非自民の連立政権だったが、政権の政策実現に当
時の官僚組織は全面的に協力したし、政権側も官僚組織をうまく生かした。
 ところが鳩山政権はいきなり次官会議を廃止して官僚を排除した。
 旧民主党政権が短期間で行き詰まった原因はこれだ。

 民進党が政権交代を目指すなら官僚組織をうまく活用することも国民を安心させる一つの
要素だ。
 当時の失敗を検証し、次のチャンスに備えるべきだ。民進党は自信を失いすぎていないか。

 将来、自民党におごりが出たとき、代わり得る政党は民進党だけだ。
「将来この国を預かる」という自負は崩してほしくない。

******************

【石原信雄氏】:東大法卒。自治(現総務)次官などを経て、1987~95年に官房副長官。
        仕えた首相は竹下内閣から村山内閣まで7人。
        現在は地方自治研究機構会長。89歳。

議2
-----------------------------------
  耳の痛い話こそ信頼回復に 元伊藤忠商事会長 丹羽宇一郎氏
----------------------------------

 参院選は争点がぼやけ、選挙になっていなかった。
 野党は国民に訴えるべき的を射た政策を持っていなかった。

 政府・自民党がアベノミクスの継続を主張するなら、民進党は「オカダノミクス」で対抗
すべきだった。国民にどちらがいいか訴え、選択肢を示すだけでも意義は大きかったはずだ。

 アベノミクスは日銀の金融緩和で国民の痛みを先送りする政策だ。
 一時的には心地いいかもしれないが、いよいよインフレになったらどうするのか。
 利上げすれば、今度は国債が暴落しかねない。非常にリスクの高い政策を取っているのに、
野党は問題提起ができていない。

 野党は財政再建も、もっと主張すべきだ
 日本の国家予算のうち、6割近くが社会保障費と国債利払い費で消える
 少子高齢化でますますこうした傾向に拍車がかかる。
 現実と向き合い国民にとって耳の痛い話をしていくことが野党の信頼回復につながるはずだ。

 野党は魅力的な政策立案をするためにもっと学者などから意見を聞き、理論的な数字にも
とづいた財政、金融など経済政策を提言できるようにする必要がある
「日本経済再生研究所」のような政策集団を立ち上げて一から出直すのがよい。

 政権与党には色のついた学者が多くなり、次第に政策論争が起きにくくなる。
 若手の学者らを掘りおこし、ブレーンとして味方につける努力が必要だ。
 政権を取ったときに備えて政策を磨いていくことが大事である。

 民主党政権は約3年の短命に終わってしまった。
 実現性の乏しい政策をマニフェスト(政権公約)として掲げ、政権交代だと国民を熱狂させ
て政権を取った。

 しかし、政策が実現不可能とわかると支持率はどんどん下がっていった。
 抽象的に夢を語るだけではだめだ。地に足の着いた政策提言が大事になる。

 財界から見て野党とパイプを築く利点は、残念ながら今の状況では非常に乏しいと言わざる
を得ない。
 野党はもっと人材育成に力を注ぐべきだ。
 政権与党は責任を問われるので緊張感から自然と人が育ちやすいが、野党には難しい面が
ある。

 たとえば国会議員になりうる人材を発掘して、米国や中国、インド、ドイツなどに留学させ
るしくみを考えてはどうか。
 米国と中国では外交で激しくやり合っても若者同士はしっかり交流している。
 日本の政界も見習う余地がある。

 野党の立て直しには10年かかるかもしれない。
 だが強すぎる権力は必ず腐る。野党は将来を見据え、腰を落ち着けて取り組むべきだ。

******************

【丹羽宇一郎氏】:名大法卒。伊藤忠商事の社長、会長。
         第1次安倍政権で経済財政諮問会議の民間議員。
         民主党政権の2010~12年に中国大使。15年から日中友好協会会長。77歳。

----------------------------

<腰据えた再建へ政策論議覚悟を> 日経記者による

 国政選挙で自民党に4連敗を喫したにもかかわらず、いまの民進党には奇妙な静けさが漂う。
 大惨敗した3年前よりは議席を増やし、党の退潮に歯止めをかけた。
 とはいえ、改選議席を大きく割り込み自民党にさらに水をあけられた。
 この評価が定まらない。

 岡田克也代表は共産党などとの野党共闘にカジを切り、一定の効果はあった。
 では政権選択選挙の衆院選にどう臨むのか。
 連携するなら、政策の擦り合わせは欠かせない。

 野党転落からすでに3年半余り、有権者にはなお旧民主党政権時代の混乱の記憶が残る。
 信頼を取り戻し、二大政党の一翼たり得る政党になるには、5年、10年先を見据え、腰を
据えて再建すべきだ。
 そのためには憲法改正や安全保障など、党が割れがちな政策論議から逃れられない。
 その覚悟が問われている。

-------------------------------

 「国家予算のうち、6割近くが社会保障費と国債利払い費で消える」
という現実に対する意識、危機感。
 政治家はもちろんのこと、国民の大多数は、持ち得ていないでしょうね。
 そこに、一億総モラトリアム社会、日本が集約されているかのようです。

すべての政党が、ポピュリズム政党化しているわけです。
(もちろん、国民にもその責任があるのですが・・・)

その中で、自民党だけが、無責任ですが、希望的政策として経済成長をかかげ、すべてを
アベノミクスに包み込んで、カネをばらまき続ける愚を続け、さらなる人気取りに走る。
改憲の本質の議論さえも包み込んだままで・・・。
独裁の危うさ・・・。
そういう声が、少しずつ大きくなりつつあるのか、ないのか・・・。

昔の自民党の派閥は、政策を競っていた・・・。
今の民進党に必要なのは、そういう党内の変革へのダイナミズムだと思うのですが、相変
わらず執行部の失点待ちで、自分に自然と順番が回ってくるのを待っているかのよう・・・。
なんとも年寄りじみた政党になってしまったものです。

それとりも、全員、首相にスリスリの自民党こそ責められるべきなのですが、みな、一度
は大臣の椅子に座れるのではと、こちらもダンマリと待ち一辺倒。

政治がマヒしているのです。
会期切れで、カネと時間を投じてきたはずの法案の審議をやめてしまうのですから、職務
怠慢で責められるべきなのですが・・・。
マスコミも甘いものです。

しかし、なんとか政治を変えなければならない・・・。

be805ff5b2718c5c64fbd263e5d9a952_s

3回の予定を2回にして紹介しましたが、1回目の藤井氏の提言だけで良かったような
気がしました。(反省)
ぜひ、こちらを再度チェックしてみて頂ければと思います。
元民主党最高顧問 藤井裕久氏の提言:日経「かすむ野党 再生への処方箋」より(1)

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 住友林業、本業を基盤として、風力・地熱・バイオマス発電等再生可能エネルギー事業を…
  2. 増える住民投票が意味する、地方議会・議員・首長・自治体不信:『地方議員の逆襲』か…
  3. 地方大学に増える起業家育成基盤:熊本・崇城大学の部活「起業部」を起業学部や復興研…
  4. 社会保障だけで精一杯の地方自治改革の手始めは:日経「自治体 迫り来る危機」より(…
  5. 無年金64万人救済改正法成立から考える、公平性確保と世代継承のための政治・行政・…

関連記事

  1. 子供2

    政治

    政策はすべて選挙・政局次第。消費増税再延期から考える:重症化する「一億総モラトリアム社会」、日本

    先日6月2日に投稿予定のブログを書きかけで外出した午後。不覚にも、…

  2. テスラ3

    日記・随論

    トランプ政権とは無関係の米国の良識と期待:NY州公立大学無料化、テスラ時価総額業界首位に

    トランプ大統領によるシリア爆撃を巡り、マスコミ、ネットとも随分賑やかに…

  3. 034

    地方・観光

    2017年、都議会議員選で地方政治が変わるか?:『地方議員の逆襲』から(22)

    『地方議員の逆襲』(佐々木信夫氏著・2016/3/20刊)を参考に…

  4. 西岡24
  5. %e3%82%a8%e3%83%8d

    エネルギー問題

    積水ハウス、「ゼロエネルギーマンション」建設促進:CO₂、1棟分丸ごと抑制、電気代1/5

    12月のエネルギー問題ミニシリーズ◆グーグル等欧米IT大手、続々再…

  6. 人口減少

    配偶者控除見直し策、女性就業率と出生率向上策のムリと矛盾

     成長戦略としての女性の活用・戦力化と就業率向上<アベノミクス>の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. ふるさと納税Map

    地方・観光

    鳥取島根合区、高知徳島合区。2つの合区制は、2県合併の好機。県庁所在地はバーチャ…
  2. 014

    人口減少

    人口減少に無関係の労働生産性向上による経済成長をめざす:『人口と日本経済』<人口…
  3. 050

    介護

    農業分野に外国人労働者を。国家戦略特区諮問会議:外国人労働者活用政策の基本
  4. 3-2

    スポーツ

    錦織圭 試合速報:ATPツアー、ロジャーズ・カップ2回戦、2-0ストレート勝ちで…
  5. CLT2

    地方・観光

    新製品・加工材開発で林業の再生・復活を:若い世代の創造力で付加価値化を
PAGE TOP