温暖化1

エネルギー問題

再生可能な人類が果たすべき、再生可能エネルギー社会の創造と温暖化防止

2016/7/25 付日経
「温暖化が危機的、再生エネ活用を」
と題して、ドイツ気候変動研究所のハンス・ヨアヒム・シェルンフーバー所長の話を
簡潔に報じていました。
-------------------------------------

 ドイツ・ポツダム気候変動研究所のハンス・ヨアヒム・シェルンフーバー所長が本紙
の取材に応じ、地球温暖化をもたらす「気候変動は(二度と後戻りできない)臨界点に
向かっている。今世紀における大きな課題だ」と強調した。

 一部に根強い温暖化の懐疑論には「99%の科学者が温暖化が非常に危険だという中で、
科学を信じないのは犯罪に等しい」と話した。

 同氏は約20年前、産業革命前からの世界の気温上昇をセ氏2度以内に抑える目標を提唱。 
 現在はドイツ首相やローマ法王の気候変動に関するアドバイザーも務める。

 「2度を超えれば海面上昇など様々な災害が起きる」と述べ、昨年採択された温暖化
対策の新枠組み「パリ協定」のもとで、主要国が社会を変革すべきだと訴えた。

 脱原発政策をとるドイツは再生可能エネルギーの普及で電力の供給能力が増えたと説明。
 「冬の電力需要期には(原発大国の)フランスにも輸出している」と話した。

 深刻な事故を経験した日本に対しては「原発を再稼働すべきではない」と主張。
 「唯一の解は再生エネだ。日本は陸上以外に水上設置型の太陽光発電など、スマート
な再生エネで先進国になれるはずだ」と語った。

温暖化6
---------------------------------

もう、日本では当然のことと合意形成されているべき内容なのですが、なかなかそう
はいかない事情があるかのような、漠とした状況が続いています。

否、エネルギーコストを盾にして、原発活用が絶対条件であるかのように、政府・行
政と財界との変な口合わせ・合意が既定化されている、不思議な国が、何事も問題がな
いかのように存在しています。

今日の愛知県地方は、最高気温予想が37度。
連日、そしてこのところ毎夏続く猛暑・酷暑が、温暖化を示す紛れもない事実。

省エネ型の家電が当たり前になり、企業も工場をはじめ、省エネ型の設備改善と、エ
ネルギー管理システムの導入を当たり前のこととして進めていますが、それが温暖化の
抑制にどれほど貢献しているのか・・・。
節約分を試算したとしても、地球上のどこかで、誰かが、どの国かが、お構いなしに
浪費し、生活の向上、利便性の向上を当然の権利として追うことで、またエネルギーを
消費する・・・。

所長が言う、供給力が増した電力は、貯蔵されることなく、どこかで消費されるとい
う矛盾を、矛盾と捉えず、成果として語っている・・・。

これも考えてみれば不思議なことといえます。

前回は
広がるバイオマス発電。高い固定買取り価格制に依存しない発電・販売事業を!
と、再生可能エネルギーの中で、最も地味な?供給量的にはマイナーなバイオマス発電
をとりあげました。

これとても、現実を見れば、植物の燃焼による発電であり、その植物の再生には、時
間を要するわけですから、再生可能とは言っても、循環型環境においては、時間という
資源をそれなりに消費しているわけです。
その時間の消費中にも、温暖化は進んでいる・・・。

悲観しても何も変わらない?
実績・実例で示すことで、ようやく、温暖化を抑止する方策が現実のモノとして確認
でき、議論の場に乗せられ、検討される・・・。
決め手、確実な方策は未だ見いだせていませんが・・・。

命に限りがある人が、その時間内でできることは?
世代継承という形で再生可能な人類が、その取り組みを続け、引き継いでいくしかない。
別の人に置き換わりはしますが、再生可能なうちに・・・。

温暖化2

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 税制改正か改悪か。豊かな財政誇る豊田市、法人住民税半減の怪
  2. 三井住友銀、農業参入で「みらい共創ファーム秋田」設立
  3. 錦織圭 試合速報:シティ・オープン準々決勝、2-0ストレート勝ちで準決勝進出!チ…
  4. 農家全体の7%で農産物の全販売金額の6割を生み出す農業:『GDP4%の日本農業は…
  5. ふるさと納税人気上昇、寄付金ランキングにも注目!:サポートシステムも拡充

関連記事

  1. %ef%bc%96
  2. 原子炉

    原発問題

    原発廃炉ニーズで、ドイツの廃炉ノウハウが輸出産業に!:廃炉拠点が風力発電工場に

    これからのエネルギー、エコを勝手に考える1週間として第1回:太…

  3. ele2

    マーケティング

    電力自由化、各社新料金出揃い、評価・決定の要素・違いは?

    4月1日からの電力完全自由化に向けてのおさらいを先日、日経<時事解…

  4. 湖南市
  5. バイオマス2
  6. 8aff9e7e71208cc7d5e5d075b9addc6b_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 送電線2

    環境・エネルギー

    2016年4月の電力小売り全面自由化に向け、経産省が小売電気事業者40社を登録
  2. トマレタ2

    地方・観光

    大手ゼネコン大林組、農業参入。異業種から:農業再生の具体策を考える(4)
  3. クルーズ4

    地方・観光

    クルーズ船発着や地方空港利用で優遇:訪日客増支援策拡大
  4. 食事3

    健康・医療

    家族との団らん、日常と異なる食事、利便性。食と暮らしの多様性を楽しむ:日経<食と…
  5. 風力3

    水素エネルギー

    CO2フリーの水素活用実証実験開始:トヨタ、横浜市等共同で風力発電で製造の水素を…
PAGE TOP