破4

エネルギー問題

制御不能の技術を生み出した人間の「主体」としての今後のあり方:『さらば、資本主義』から(7)

今年(2016年)6月に<資本主義>と名がつく3冊の新書を読みました。
◆『資本主義の終焉と歴史の危機』(2014/3/14刊)
◆『ポスト資本主義――科学・人間・社会の未来』(2015/6/20刊)
◆『さらば、資本主義』(2015/10/16刊)

どちらも、現在の資本主義が限界を呈し、新たなフェーズに入るべき時代にある
という認識を持ち、これからどのような社会を目指すべきか、を問いかける内容と
なっています。
そこでまず『さらば、資本主義』(佐伯啓思氏著)からシリーズ化。

【まえがき】
第1回:資本主義の終焉、さらば資本主義、ポスト資本主義。これからどうなる資本主義
第1章 今こそ、脱原発の意味を問う】
第2回:「原発」というテクノロジーの意味を考えるべき
第3回:二元論への集約リスクを、現状の世界情勢に見る。解決はポケモンGOに頼みますか
第4回:無限衝動の成長願望循環をどう断ち切り、脱成長・脱原発をめざすのか?
第5回:脱原発と近代とはどういう関係があるのか
第6回:自然科学から宇宙科学への転換と人間の変化

今回は第7回です。

--------------------------
 第1章 今こそ、脱原発の意味を問う(6)
--------------------------

<「アルキメデスの点」を探す>②

確かに、核というものは、もはや自然に対する人間の支配などとはいえません。
 素粒子レベルの抽象科学が発見した「何ものか」が、ある意味で「太陽」を生み出して
しまうのです。人工的なエネルギーを生み出してしまうのです。
 この「宇宙的」なエネルギーをわれわれは意のままに管理することなどできるのでしょ
うか。「宇宙科学」が生み出すものは、人間の管理能力をはるかに超えてしまうのではな
いでしょうか。

 もともとは、宇宙的なエネルギーによってこそ、われわれが存在し、あらゆる生物体も
文字通りの自然も存在したのです。
 そのもとで、われわれは、自然や世界の外にたって、これを支配し、いっそうの幸福を
増大できると思ってきたのです。

 しかし、この構造がくずれてしまった。
 われわれという「主体」や「自然」を成り立たせているこの根源にある宇宙的な過程に
踏み込んでしまったからです。
 この後は、ただ、「主体」も「自然」もすべてが、宇宙的な過程に巻き込まれてゆくし
かないでしょう。

 水力も火力もまだわかりやすいもので、それが「自然」のうちにある力をエネルギーに
変換したものでした。われわれは自然の外にたってその力を管理できたのです。

 自然を管理するということは、自然のうちにある法則を使って、人がその意思のもとに
自然を置くということです。
 しかし、核においてはそのことがたいへん困難になるのです。核エネルギーの場合には、
人は、物理学の理論によって自然の中に入り込み、それを変形し、そのなかから人為的な
エネルギーという怪物を作り出す。
 と同時に、その作り出した怪物の自動運転を管理することはできなくなる
 原発にしても、それを廃止しても核の脅威は何百年と残り続け、被爆すればそれを取り
除くことはできません。廃止しても排除できないのです。
 これでは管理できるとはいえません。
 われわれは、放射線という「宇宙的物質」に服従するほかないのです。

 どうも、現代の科学や技術は、ただ従来のものの発展の延長線上にあるわけではない、
ということをまじめに考えてみる必要があるのではないでしょうか。
 それを突き抜けてしまいつつあるのではないでしょうか。
 近年はやりの生命科学もそういう根源的な危うさをもっているように思います。
 ここでは、遺伝子とは「自然」なのか「人間主体」なのか、よくわからなくなります。
 「主体」としての人間が「自然」に働きかけて、主体である人間の幸福を増大する、
というあのわかりやすい近代社会の合理性がもはや成り立たないのです

 ここまでくると、西洋社会が生み出した「近代」は、どうもわれわれをとてつもない
世界まで連れてきたのではないでしょうか・

 現代文明は、われわれ自身で制御できない技術やシステムを生み出し、われわれがそ
こに縛り付けられているように思えます
 人間はエネルギーを創造し、遺伝子操作によって食品を創造し、さらに宇宙工学によ
って人工衛星という星を創造してきました。
 しかし、本当は「創造」は神の領域のことがらです
 人はあくまでも被創造物なのです。
 近代の合理主義科学のもととなったギリシャ哲学はまた、何よりも人間の「傲慢さ(
ヒュブリス)」を戒めたことを忘れてはならないのです。

破5

※今回で、第1章「今こそ、脱原発の意味を問う」を終わります。

-------------------------------

この第1章の最後は、比較的読みやすかった!(ホッ!)
そして当然、共感も・・・。
この部分を確認するために、この章があった、とさえ言えるわけです。

ただ「本当は「創造」は神の領域のことがら」としたのは、筆者の真意からなのか、
ひとつの抽象・象徴としてのことなのか・・・。
そこが気になるのですが、読み進めていくうちに分かるのでしょうか・・・。

いずれにしても、前回も触れたように、西洋社会が生み出した「近代」の影響を、
日本は確かに強く受けてはいますが、ギリシャ哲学やキリスト教の本質まで影響を受け
ているとは、とても言えません。

また、西洋近代を、頑として受け入れない、拒絶する社会も存在することも、認識し
ておく必要があります。
そのため、核融合や核分裂、原発問題を、そしてエネルギー問題を、全地球・グロー
バル社会が共通に認識するモノ、コトと捉えることにも、時に懐疑的でなければならな
いのです。

そうした背景を踏まえて、グローバル社会でのコンセンサス作りと日本国内における
コンセンサス作りを、複眼的に行うと共に、建前と本音を賢明に表現し、まとめ上げて
いく作業が必要と考えています。

無論、結論としては、脱原発、廃原発であることは言うまでもありません。

さて、筆者が「さらば」と別れを告げるべきとする「資本主義」をめぐる課題。
本書を次にどう紹介し用いていくか、もう一度考えてみたいと思っています。

平3

※次回に続きます。

----------------------

【『さらば、資本主義』構成】

まえがき
第1章 今こそ、脱原発の意味を問う
第2章 朝日新聞のなかの ”戦後日本”
第3章 失われた故郷をもとめて
第4章 ニヒリズムへ落ち込む世界 
第5章 「グローバル競争と成長追求」という虚実
第6章 福沢諭吉から考える「独立と文明」の思想
第7章 トマ・ピケティ『21世紀の資本』を読む
第8章 アメリカ経済学の傲慢
第9章 資本主義の行き着く先
第10章 「がまん」できない社会が人間を破壊する
あとがき 

----------------------

【佐伯啓思氏・プロフィール】
1949年奈良県生まれ。京大名誉教授。
京大こころの未来研究センター特任教授。
東大経済学部卒業。東大大学院研究科博士課程単位取得。
『反・幸福論』『西田幾多郎』など著書多数。

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. ドラッグストアの成長鈍化、薬剤師不足、薬剤服用歴未記載から考える薬剤師の仕事
  2. 生活費と政活費の区別ができない富山市議。同類は他地方議会にも :『地方議員の逆襲…
  3. 規制改革・構造改革としての電力自由化と環境問題との繋がり :日経「迫る電力全面自…
  4. 2015年度、国内の風力発電能力6%増。手のひら返しで買い取り価格を安く
  5. グーグル等欧米IT大手、続々再生エネ100%実現へ:目立つ日本のエネルギー政策の…

関連記事

  1. OAI.Bjpg

    日記・随論

    日経記者は政治家に!:日経ビジネス「2000万人の貧困」特集号からの想起

    毎週ほとんどの土曜日には、どこかレストランか、喫茶店か、かみさんと…

  2. 047

    日記・随論

    全世代モラトリアム化した先送り民族:財政再建問題、原発再稼働にみる日本人論

    昨年12月の無意味な衆議院選挙で、停滞した国政のおかげでアベノミク…

  3. 4
  4. 1

    環境問題

    自動運転車・エンジン車ゼロ・全車種通信機能化。環境企業トヨタが相次ぐで行動で見るミライ

    先日、トヨタが公道での自動運転の実証実験の模様と結果を公開。同日、…

  5. 012

    日記・随論

    どこかおかしい、誤楽社会。新しい、ニュースでスキャンダルな?:明日が来る(4)

    1日の終わりに、数行書いて、眠りにつけたら・・・。^^^^^^…

  6. 地方9

    介護

    存在感が薄い地方議会と地方議員の職務怠慢:『地方議員の逆襲』から(2)

    当ブログのカテゴリーの一つが<地方>。地方創生・地方再生問題を多面…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. GI

    地方・観光

    地理的表示保護制度(GI)によるブランド農産品のグローバル化:「<時事解析>農業…
  2. 太陽石油2

    マーケティング

    顧客囲い込みの手段は選ばず!消費者が困惑する電力自由化、仁義なき競争への対応法
  3. 日本遺産ロゴ

    地方・観光

    1年経過の「日本遺産」に明暗:4月第2次選定の「日本遺産」に必要な基盤整備策
  4. エコ

    環境・エネルギー

    亜鉛活用で蓄電池価格を半分に:スタンフォード大と豊田中央研究所が共同開発
  5. 地熱フィンランド

    エネルギー問題

    地熱発電、風力発電、火力発電:日経15/5/20付3題記事から考える日本のエネル…
PAGE TOP