オリックス農

農林水産業

オリックス農業法人は植物工場による製造業。自社で販売先も開拓。

こんな会社が農業経営?
ということで、2回連続で紹介します。

まず今回は、リース事業から大企業になったオリックス。
金融事業として、農業関連事業会社に出資するなどは、当然あり得ることですが
みずから汗を流して農業を営む、という感じはなかなかイメージできません。

もうかなり時間が経ってしまいましたが
2016/8/17付日経に
「オリックスの農業法人、野菜の出荷先7割増 小売店やホテル」
という以下の記事が。

-----------------------------

 オリックスは2016年中にグループの農業法人が生産する野菜の販売先を7割増の
約100社に増やす。
 飲食店など約60社に供給しているが、グループの営業ネットワークを活用して首
都圏や中部の小売店やホテルなどに販路を広げる。

 主に長野県にある八ケ岳農園(富士見町)で生産した葉物野菜などを販売する。
 栽培した野菜を使った加工食品などの開発も検討。生産拠点も順次広げる計画だ。

 15年4月に設立したオリックス八ケ岳農園は生産規模を5割増やす。
 水耕栽培施設で年間300トンを出荷できる体制を整え安定的な価格で提供できる
ようにする。
 オリックスと長野県にある農業生産法人の本多園芸が共同出資して立ち上げた。

 オリックスは地元の生産法人との共同出資事業や独自の農業事業などを全国5カ
所で展開。ほうれん草や水菜などを生産している。

 オリックスは04年にカゴメと共同でトマトを生産する施設を和歌山県に開設して
農業に参入。3月には新たに農事業部を設置して自社で生産販売する体制を整えた

カゴメトマト

--------------------------------

全国5カ所とありますが、八ヶ岳以外で分かったのが、2014年に経済特区で注目を
集めている養父市に設立した、オリックス農業(株)の養父レタス工場だけ。
当然といえば当然ですが、オリックスにおいては、農業は、傍流中の傍流なのか、
調べることができませんでした。

確かに、最近の農業は、工場で生産する農産物製造業の趣きの事業体も多い・・・。

養父レタス工場では、年間の収穫回数(サイクル)が19回、19回転とか。
自然農法では考えられません。

オリックスレタス

実際に農地を活用して大規模化する農業生産法人と、こうした植物工場を経営する
農業生産法人。
この2つが主流となって、日本の農業改革を進めていくことになります。
特に後者の方は、資本力を持つ種々の業種からの単独での参入がありえます。
また後者の方は、意外な業種・企業が、もともと農業を営んでいる事業者と連携し
て大規模農業に参画する形が多いですね。

次回は、どういうパターンでしょうか?

 

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. CSN地方創生ネットワーク、業務用ネット鮮魚販売「羽田市場」を開場!超速鮮魚®で…
  2. 変革を要する漁協と水産業のグローバル化:日経「日本の水産業の課題」から(3)
  3. 伊藤園の農業法人出資は地産地消滅?:「お~いお茶」の葉は全国どこでもいいっ茶?
  4. 1年経過の「日本遺産」に明暗:4月第2次選定の「日本遺産」に必要な基盤整備策
  5. 「滞在型観光」化支援ファンド、地方金融機関が設立へ! その向こうにある「体験型観…

関連記事

  1. いちご狩り1

    地方

    日立キャピタルが農業参入で沖縄読谷村に植物工場:2017年1月、イチゴの出荷をめざす

    2016/5/7 付日経掲載の「日立キャピタルが農業参入 沖縄にイ…

  2. f-1
  3. CLT2

    地方

    新製品・加工材開発で林業の再生・復活を:若い世代の創造力で付加価値化を

    しばらく農林水産業に関する投稿をしていませんでした。TPP批准問題…

  4. f-7
  5. %e3%83%ad%e3%83%9c%ef%bc%94
  6. ag7

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. ag10

    地方

    若い世代の農産物製造業への参画とグローバルビジネス化を期待する:日経「農業を解き…
  2. ポートアイランド1

    地方

    地域社会のエネルギーを水素発電で!大林組・川重が神戸市で:水素社会実現へのひとつ…
  3. 物流2

    地方

    物流・国際クール宅急便が切り拓く、農水産物のグローバルビジネス化:日経「食と農・…
  4. 俯瞰2

    農林水産業

    ドコモ、スマホでドローンなど遠隔操縦。育成状況把握、農薬散布等でスマート農業を深…
  5. IT農業例4

    日記・随論

    失敗例も多い企業・農業法人による植物工場経営:これからの農業・再考シリーズ、再開…
PAGE TOP