%e6%a3%aedan1

地方・観光

ヒノキの皮むき間伐で林業体験:林業、山林管理への関心広げる

前回、2016/9/5付日経【時流地流】コラムの
「林業の「超長期思考」に学ぶ」という記事から、
日々生産性向上に取り組みつつ、100年200年の計で営む林業経営:紀伊半島・速水林業
として、林業のひとつのあり方を紹介しました。

今回は、それを受けて、2016/9/9付日経の、以下の記事を紹介します。
こういう活動も、とてもいいな!ということで。

-------------------------------
 森を守る 主役は子供
「皮むき間伐」で山林管理 林業体験、自然考える契機
-------------------------------

 子供たちが林業を体験するイベントが各地で盛んになっている。
 重機を使わず、誰でも簡単に取り組める間伐作業などを通じて、森を守ることの
大切さを学ぶ。
 森林の荒廃は年々深刻になっており、イベントの主催者らは「楽しみながら、自
然環境を考える機会にしてほしい」と期待する。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
台風一過の晴天が広がった8月23日、東京都八王子市西部の山林に子供たちの明
るい声が響き渡った。
 「こっちのほうがうまくむけたよ」「もっとむきたい」

 山林の整備や間伐イベントの企画を手掛ける「森と踊る」が主催した「きらめ樹
体験会」には都内や神奈川県などから15人の親子が参加。
 同社が管理する区画で、スギやヒノキの「皮むき間伐」を体験した。

表皮の下からはつるつるのみずみずしい面が現れる
(8月23日、東京都八王子市)
※記事中の画像をそのまま転載させて頂きました。

日当たりを改善

 スギの表皮にナタや竹べらで切れ目を入れ、めくれた部分を力を合わせて引っ張る。
「メリメリ」という音とともに表皮が一気にはがれた。
 つるつるの地肌が現れると、子供たちは思わず「おお」という歓声を上げた。

 スギやヒノキは水を吸い上げる春から夏に表皮をはがすと、1年ほどで枯れる
 この性質を利用したのが皮むき間伐
 一般的な間伐は、チェーンソーや重機を使って不要な木を切り倒すが、皮むき間伐
は力のない子供でも簡単に取り組める。
 皮をむいて枯れた木は水分が抜けて軽くなり、切り倒した後、人力で簡単に運べる

 間伐をしない森林は日光が届かず、地面には植物が育ちにくい
 間伐後は日当たりが改善し、3年ほどたつと数十種類の植物が観察できるように。「森と踊る」取締役の村上右次さんらが森林管理が持つこうした意味を分かりやす
く説明していた。

 八王子市の浅野英子さんは娘の杏樹マリさん(9歳)とともに参加。
 英子さんは「ふつうに生活していたら絶対できない貴重な体験。簡単で面白い作
業で娘も喜んでいる」と声を弾ませた。
 もともと林業に関心があり、子供と一緒に参加できるイベントを探していた。
 ただ、千葉県や静岡県など遠方での開催が多く、「東京にもこれだけ森があるの
にもったいない」と感じていたところ、ネット上できらめ樹体験会の告知を発見し
たという。

 「森と踊る」はこれまで八王子市や奥多摩町などで約20回の体験会を開き、600
本以上の木をむいてきた。
 多い回には160人ほどが参加し、親子連れを中心にリピーターも多い。

森林放置深刻に

 国内の人工林は終戦前後に植えられたスギやヒノキが多く、伐採期を迎えている
 ただ、安価な輸入木材に押され、価格が下落。
 採算が合わずに管理が行き届かなくなった放置林の増加が深刻化している。

 「森と踊る」の村上さんは「ほとんどの山が手入れができずに荒れ放題だ。そう
いう山の現状を知ってもらうきっかけにもしたい」と話す。

 代表の三木一弥さん(46歳)は機械メーカーに勤めていたが、水処理関係の仕事
に携わって森林管理の仕事に関心を持ち、2年前に脱サラ。
 静岡県内のNPOのイベントで「皮むき間伐」を知った。
「東京でも子供が参加できるこんな活動ができないか」と考え、「森と踊る」を立
ち上げたという。
 三木さんは「林業の現状は厳しいが、イベントを通じて子供たちの意識が少しで
も変わり、森の再生につなげられたらいい」と話している。

%e6%a3%aedan3

-----------------------------

<植林・キノコ栽培… 関心広げる催し各地で>

 総務省の統計によると、林業に従事する人の数は2010年時点で約5万人
1990年と比べて半減した。
子供に少しでも林業や山林の管理に関心を持ってもらおうと、林業の体験型学習
は各地で広がりをみせている。

北相木小学校(長野県北相木村)では今年度から、キノコの植菌や植林などの
「林業体験学習」をはじめた。
 キノコ菌が乾燥しないように生徒が当番で水まきをし、秋には収穫・調理して市
販のキノコとの味の違いについて勉強する。17年度以降も継続して行われる予定だ。

県民の森・森林科学館(山梨県南アルプス市)は敷地内のヒノキ林を活用し、8月
14日に今年初めて皮むき間伐の体験会を開催した。
県内外から16人が参加。
伐採した木材は、増改築中の南アルプス市庁舎内のテーブルなどに製材する計画
という。
担当者は「切り倒してから製品化するまでの過程も学びやすく、林業に関
心を持ってもらうきっかけにもなる」と話す。
%e7%9c%8c%e6%b0%91%e6%a3%ae

------------------------------

[森林教育に詳しい宮崎大学農学部・高木正博教授の話]

担い手確保、将来に布石

子供が山での作業を経験することは、自然のサイクルを学び、大人になっても
森林や林業に興味を持ち続けるきっかけになる。

 将来、林業に従事する希望がある若者向けの体験学習を増やせば、林業従事者
の人手不足改善にもつながるだろう。
例えば、宮崎県は大学と共同で高校生を対象にした林業体験会を開いている。
農学部に進学する生徒を増やし、若者の林業への関心を高めることを目指した
取り組みだ。

------------------------------

 「皮むき間伐」
なかなか体験できないものですね。
面白そう~! です。
間伐材の活用法・活用状況についても触れてほしかったですが・・・。

 遊び体験・学び体験と実際に山林・森林管理に有効な労働集約型の作業を一体化
したイベント。
皮むき間伐の後の何かしらのストーリー展開まで活動を結びつけていくことがで
きれば、より楽しく、より有意義になるのでは、と感じました。

 前回の速水林業の事例は、まさにプロの領域での仕事。
日々生産性向上に取り組みつつ、100年200年の計で営む林業経営:紀伊半島・速水林業

今回の、皮むき間伐林業体験は、100年200年とまではいきませんが、20年50年程度
を見据えた、山林の維持と活用、そして興味関心を持つ人々の参画と育成を目指すもの。
 地味ですが、集中豪雨などで災害に結びつくリスクを持つ山林の防災面での課題も
合わせると、非常に大切な意味・意義をもつ課題です。

 自然に直接触れながらの貴重な体験。
一層全国各地に広がれば、と思います。
女性の参加も多く見られ、農業女子ならぬ林業女子もぼちぼち増えるかも、です。

%e6%a3%aedan2

画像は、森と踊るのHP、と県民の森・森林科学館のFacebookページから引用しました。
森と踊るFacebookページもあります。

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 強化される大型風力発電への期待と懸念:電力行政を巡る課題
  2. 村社会の活動レベルの「クオータ制を推進する会(Qの会)」:これじゃ疑問のQの会
  3. 2014年度、自治体の3分の1が実質無借金:最大の自治体、国の現状も比較公開を
  4. 資本主義の終焉、さらば資本主義、ポスト資本主義。これからどうなる資本主義:『さら…
  5. ソフトバンクテクノロジー、IT&AI農業ビジネス化、農業ベンチャーとの提携で加速…

関連記事

  1. 020

    地方・観光

    地方大学が、地方創生活動の拠点の一つに:開かれた新しい大学の創造へ

    2015/11/23付で日経が【地域の現実】というテーマで3回特集…

  2. サミット0

    地方・観光

    国の為政者が悪いことをするかもしれないとの想定での制度設計:『地方創生の正体』から(16)

    『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(山下祐介氏・金井…

  3. ag4

    地方・観光

    政務活動費=政活費は、議員の生活費?:『地方議員の逆襲』から(12)

    初の女性東京都知事が誕生しました。空気が変わり、面白くなりそうです…

  4. 茶
  5. 収穫7

    地方・観光

    地域資源保全型経済による小さな経済づくりから:『農山村は消滅しない』から考える地方創世(11)

    これからの日本の農業と農業に取り組む世代への期待とエールを込めて、…

  6. 登山1

    地方・観光

    地方自治のあり方を基本から考えてみる機会に!:『地方創生の正体』から(1)

    昨年、そのタイトルに惹かれて読んだ『地方消滅の罠: 「増田レポート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 3

    政治

    任せていいのか、記憶力が当てにならない大臣。自身の防衛は大丈夫か:復活!「残念な…
  2. 荒れ地2

    地方再生

    農地税制が農業改革を妨げる最大要因:耕作放棄地活用と新規就農を拒む税制という岩盤…
  3. 独仏

    グローバル情勢

    ポピュリズムは、独仏個々に歴史回帰を進めさせるのか:『ポピュリズムとは何か』から…
  4. 42e7d4fd8cfec65922cbfa76d4e1ebba_s

    政治・社会経済

    外国人人材活用と法務省・出入国管理基本計画との関係
  5. KUBOTA1

    農業・漁業

    クボタ、玄米パン加工事業参入 、IT農業化などでTPPにらみ稲作農家支援強化
PAGE TOP