w8

エネルギー

風と太陽の寓話が、原発の神話に優れ、地球と社会を温かく包んでくれる?:風力発電3題話?

11月に入ってから、日経で、風力発電に関する記事を3回見ることができました。
興味深く読んだ3つの記事をつないで紹介します。

まず、2016/11/5付を
---------------------------
 洋上風力、港湾に整備 沖合より事業化容易
 北九州や秋田 国、法改正で支援
---------------------------

洋上風力発電所を沖合に比べて事業化を進めやすい港湾内に整備する動きが広がる。
 国もルール作りなどで普及を後押ししており、国土交通省によると全国で9港が導
入を検討している。

 北九州市は北九州港内の2700ヘクタールを洋上風力発電の利用区域に設定。
 事業者の公募を10月に締め切り、現在は選考作業を進めている。
 2017年1月下旬にも事業者を決め、21年度に着工する予定だ。

 秋田、能代両港では丸紅が特別目的会社(SPC)を設立。
 大林組や東北電力子会社、秋田銀行なども参加し、現地で事業化調査に入った。
 出力は14万5000kWを想定。
 丸紅は鹿島港(茨城県)でも事業化を検討している。

 石狩湾新港では風力発電開発会社のグリーンパワーインベストメントを中心とす
る企業グループが、出力10万kW規模の風力発電所を計画。

 20年春の稼働を目指している。

 地元自治体は「洋上風力発電立地を機に、エネルギー産業を誘致するなど、地元
経済の活性化につなげたい」(北九州市)考えだ。

 洋上風力発電は安定して吹く海風を利用するため、発電効率の高い再生可能エネ
ルギーとして欧州を中心に普及している。
 日本の再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度でも、洋上風力は1kW時当
たり36円と、大規模な太陽光(24円)や陸上風力(22円)に比べて高い価格を設定
している。

 しかし日本周辺の海域は利用ルールが曖昧な場所もあるうえ、漁業関係者との調
整などに時間がかかり、福島県沖など実証実験段階にとどまっているところが多い

 これに対し港湾内は、原則として自治体が管理しているため、施設の設置に必要
な手続きが明確
 洋上風力発電に参入しようとする企業にとっては、事業が滞るリスクが減り、収
益計画を立てやすいなどの利点がある。

 国も7月に施行された改正港湾法で、港湾内での洋上風力発電の事業者公募手続
きを定めるなど普及を支援している。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、15年度末の国内の
風力発電施設の発電能力は前年度末より6%増え、311万7000キロワットになった
 これは原子力発電所3基分に相当する
 洋上施設の整備が進めば、風力発電は今後さらに伸びる可能性もある。

%e9%a2%a8%e5%8a%9b%e7%99%ba%e9%9b%bb%e7%ab%8b%e5%9c%b0
※記事中の資料をそのまま転載させて頂きました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 第2話は、2016/11/13付のこの記事

--------------------

 大規模風力、稼働率が上昇
--------------------

経済産業省は国内で運転を予定している大規模風力発電設備の稼働率が平均25%
に上昇するという調査をまとめた。
 2006~10年に設置した設備の平均19%を6ポイント上回る。
 技術革新で発電事業者が販売できる電気の量が増えており、経産省は買い取り
価格の引き下げを検討する。

 今後運転を始める44件の設備の稼働率について事業者を対象に調査を実施した。
 運転開始済みの設備の稼働率は00年以前の設備が16%、01~05年は18%にとど
まる。
 風向きや風速が変わっても安定的に発電する技術が向上し、次第に稼働率が高
まりつつある。 

 大規模風力発電の電気を大手電力会社に買い取らせる価格は12年度の制度導入時
から1キロワット時22円に据え置いてきた。
 経産省は価格引き下げの検討が可能だとみている。

風力1

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そして、締めのお話は、上の2題を受けての、2016/11/18付の社説
-----------------------
 洋上風力伸ばす法整備を
-----------------------

海で発電し、運転中は温暖化ガスを出さない洋上風力発電の計画が各地で動き出
している。
 国土交通省が港湾内に風車を建てるルールを定め、弾みがついた。
 沖合にも設置できるよう法整備を急ぎ、洋上風力をもっと伸ばすべきだ。

 海に囲まれた日本は洋上風力発電に向いた場所が多い。環境省によれば、技術的
に見込める発電量は陸上の風力の約5倍あり、2030年時点で原子力発電所10基分以
上の電力を賄える可能性がある。
 再生可能エネルギーのなかでは太陽光に次いで有望とされる。

 だが国内での導入は遅れていた。
 福島県沖などで官民共同の実験が進んでいるが、事業化のめどは立っていない。
 英国やドイツなどで大型風車の稼働が相次いでいるのに比べ、出遅れが目立つ。

 洋上風力は陸上に比べて克服すべき課題が多い。
 水深が大きい場所では、いかだのような設備で風車を支える必要があり、電気
を陸に届ける送電線も要る。漁協などとの調整も避けて通れない。

 当面有望なのが港湾だ。港湾は国の委託で自治体が管理し、漁業権がないところ
も多い。
 政府は港湾法を改正して自治体が事業者を公募する手順を定め、北九州市や秋田
県などで計画が始動した。

 再生エネルギーの普及を促す買い取り制度により、洋上風力による電気は陸上風
力の1.6倍の高値で電力会社が買い取ることになった。これも追い風だ。

 ただ沖合に建てるにはなお壁がある。
 領海を管理するのは国だが、どの省庁が風車建設の許認可を出すのかはっきりし
ない。
 漁協などと協議する手続きも曖昧なままだ。
 法律などでこれらを明確に定めることが欠かせない。

 政府が導入目標をはっきり示す必要もある。
 再生エネルギー全体については30年に電力の22~24%を賄うとしたが、洋上風力
でどの程度担うのか示していない。

 先ごろ東京で開かれた風力の国際会議ではコスト低減に有望な技術が相次ぎ報告
された。普及に必要なのは政策的な後押しだ。

風力

-------------------------------------

最初の記事で、夢と希望を語り、次の記事で、発電事業者の意欲を少し削ぎ、利
用者にはちょっと暖かい情報を提供。
そして、最後に社説で、国や自治体の積極的な政策導入を促す。

まあ、寓話や神話というロマンとは質が異なる、随分現実的な話ではありますが、
少なくとも、未来永劫不安を増幅させ、先送りし続ける原発政策の抜本的な転換を
促すためには、少しは力になるかな、と思います。

地球温暖化対策をグローバルレベルで推し進めることに合意した「パリ協定」。
これを否定し、地球環境の破壊を、偏狭な自国利益主義で進めようと言うトラン
プ米国新大統領。
彼には、そんな邪悪なジョーカーを選ぶ権利などないのですが・・・。

環境4

さて日本の政治での環境・エネルギー政策。
原発ノーの意志決定は、端から考えていないのが根本的な問題。
また、太陽光発電バブルを引き起こし、エネルギー政策に混乱をもたらしたのは
政治と行政のミス。
加えて、枠組みだけで、利用者のためにならない電力小売り自由化も不発。
現実のお話は、どうも暖かみに欠けます。

太陽も風も、私たちの社会に、生活に必要なエネルギーをもたらしてくれる・・・。
その自然のロマンを、人と社会の営みと継続・継承に、ムリなく活かしていく・・・。

海や港の景色が、風力発電の風車で覆いつくされるのは、反ロマンですが、その
程度には配慮してもらい、太陽が休んでいる間にも働いてくれる風と風車には、
頑張ってもらいたいですね・・・。
(太陽も、他の地では休むことはありませんが・・・。)

f16

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 第3次安倍第3次改造内閣、野田聖子総務相入閣の残念と当初「ポスト未定」の怪
  2. 地方大学の意識向上で高まる地方創生・地域貢献:日経「地域貢献度調査」から
  3. 豪州方式によるコメ生産性向上と低コスト化:農業再生の具体策を考える(1)
  4. 製造業としての養殖魚漁業は、自然災害に弱点。その期待と課題:日経<養殖新時代>か…
  5. オリックスが再生エネルギーで原発一基分発電へ:電力自由化に向け、進む業界変革

関連記事

  1. 湖南市
  2. エコカー4

    環境・エネルギー

    日産のEV戦略よりも、水素社会実現につながるFCVを応援したい

    これからのエネルギー、エコを勝手に考える1週間として第1回:太…

  3. b1ebb128d5622dd0d798e999888a30b1_s

    エネルギー

    世界最大級水素工場を福島に建設:ミライの水素社会への一歩。トヨタ不参加が残念

    2016/9/29付日経に久し振りに、私が生きているうちにその具体的な…

  4. 地熱発電イメージ

    エネルギー

    地道に開発する小規模地熱発電:環境影響評価は客観的に、再生可能エネルギー比向上は意欲的に

    今月の<エネルギー・環境>問題シリーズは、再生可能エネルギーシリーズ…

  5. 荒れ地
  6. 「兵庫・高岡西水上メガソーラー発電所3」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 5

    グローバル社会

    歴史は繰り返す。トランプ現象にも前例:日経「広がるポピュリズムから」(下)
  2. %ef%bc%91

    農林水産業

    「農業界と経済界の人材マッチング推進協議会」設置:農水省、経済3団体と組み、経営…
  3. 人口ビジョン1

    人口減少

    無理やり作らされた地方人口ビジョン:自治体の主体性・独自性こそ問われる人口減少対…
  4. 政治

    飯島内閣官房参与の政教分離発言と集団的自衛権解釈問題との関係
  5. 1

    政治

    かち得た民主主義ではなく、与えられた民主主義的国家日本:『シルバー・デモクラシー…
PAGE TOP