日本遺産ロゴ

地方・観光

日本遺産、初認定18件一覧:文化庁認定のストーリー型文化財、2020年迄に100件へ

 

 

日本遺産=Japan Heritage とは

日本遺産とは
文化庁が、地域の有形、無形の文化財をパッケージで認定。
観光振興などで地域の活性化に活かす新しい事業です。
2013年に政府が、日本文化を海外に売り込む
「クール・ジャパン」戦略の一環として創設へ。

文化財そのものではなく
以下の観点・要件を備えた「ストーリー」が認定対象となる
のが特徴です。

◆歴史的経緯や,地域の風土に根ざし世代を超えて受け継がれている伝承,
風習等を踏まえたストーリーである。
◆ストーリーの中核には,地域の魅力として発信する明確なテーマを設定の
上,建造物や遺跡・名勝地,祭りなど,地域に根ざして継承・保存がなさ
れている文化財にまつわるものが据えられている。
◆ 単に地域の歴史や文化財の価値を解説するだけのものになっていない。

ストーリーのタイプ
「地域型」・・・単一の市町村内でストーリーが完結。
「シリアル型(ネットワーク型)」・・・複数の市町村にまたがってストーリー
が展開(複数の市町村に「ストーリーの構成文化財」が所在)。
という2種類があるのも特徴。

また
ストーリーを語る上で構成が不可欠な文化財群として
◆地域の魅力ある有形・無形の文化財群の一覧を作成
◆地域に受け継がれている有形・無形のあらゆる文化財を
対象とし,地方指定や未指定の文化財も可能
◆日本遺産のストーリーが我が国の文化・伝統を語るものであり,
文化財群の中に国指定・選定のものを必ず一つは含む
という条件が付いています。

こうした要件に基づき申請された案件を、
以下の認定基準で審査。

1.ストーリーの内容が,当該地域の際立った歴史的特徴・特色を示すもの
であるとともに我が国の魅力を十分に伝えるものとなっている。
2.ストーリーについては,以下の観点から総合的に判断。
・興味深さ(人々が関心を持ったり惹きつけられたりする内容となっているか。)
・斬新さ(あまり知られていなかった点や隠れた魅力を打ち出しているか。)
・訴求力(専門的な知識がなくても理解しやすい内容となっているか。)
・希少性(他の地域ではあまり見られない稀有な点があるか。)
・地域性(地域特有の文化が現れているか。)
3.日本遺産という資源を活かした地域づくりについての将来像(ビジョン)
と,実現に向けた具体的な方策が適切に示されている。
4.ストーリーの国内外への戦略的・効果的な発信など,日本遺産を通じた
地域活性化の推進が可能となる体制が整備されている。

 

遍路1

こうした要件を踏まえ
第1次応募としてあった、83件(40都府県,1238市町村)の提案の
中から、24府県の18件を文化庁が4月24日に認定しました。

複数の県にまたがるネットワーク型として認定されたのは
水戸藩校だった「旧弘道館」など茨城、栃木、岡山、大分の4県の
旧教育施設で構成する「近世日本の教育遺産群」と
四国4県の「四国遍路」の2件。

その他は、1県内の複数の市町村のネットワーク型が8件
単一の市町村での地域型が8件 となっています。

初認定18件の対象府県市町村とストーリータイトル一覧表

は、次のとおりです。

-----------------------------------------

日本遺産リスト

--------------------------------------

認定審査は、以下のメンバーで構成される日本遺産審査委員会が担当しています。
(敬称略)
◎ 稲葉 信子 筑波大学大学院教授(委員長)
◯ 小山 薫堂 放送作家・映画脚本家
◯ 里中 満智子 漫画家
◯ 下村 彰男 東京大学大学院教授
◯ 丁野 朗 公益社団法人日本観光振興協会常務理事・総合調査研究所長
◯ デービッド・アトキンソン 小西美術工藝社代表取締役社長

---------------------------
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催年に
訪日客数年間2千万人を目標としており
その実現のための政策としても位置付けられている「日本遺産」。

文頭に、この日発表された、Japan Heritage の文字をあしらった
グラフィクデザイナー佐藤卓氏による日本遺産のロゴを挿入しました

このロゴをこれからあちこちで見ることになりますね。

今回は初回認定事項のみ掲載しましたが、
認定された個々のテーマと具体的な内容は
別途順次紹介していきます。
----------------------

茶畑

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 米国テスラ、国内11カ所めのEV用充電施設、スーパーチャージャーを浜松に
  2. 緑茶・富有柿、和食ブームと共にジャパンブランド農産物輸出、成長期に:日経「食と農…
  3. 日々生産性向上に取り組みつつ、100年200年の計で営む林業経営:紀伊半島・速水…
  4. 生鮮食品弱点のコンビニがJAと組む:「ファミリーマート・全農ふれっしゅ広場」えひ…
  5. 国の為政者が悪いことをするかもしれないとの想定での制度設計:『地方創生の正体』か…

関連記事

  1. 環境2

    地方・観光

    原発被災地福島県をCO₂フリー水素で環境・新エネルギーモデル地域社会へ

    2017/5/18付日経「 「CO2フリー水素」活用へ協定 福島県…

  2. ag13
  3. %e8%ad%b0%e4%bc%9a
  4. 1
  5. ミライB

    地方・観光

    燃料電池車FCVミライに乗れるミライは来るのか?ふるさと納税で乗れるミライ!?

    全国の自治体に先んじてトヨタ自動車の燃料電池車FCVの「ミライ」を…

  6. 小浜西組

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 女の子2

    地方・観光

    地方創生新型交付金方式に異議あり:上から目線の国・行政は自身の仕事の効果検証から…
  2. KG1

    スポーツ

    錦織圭ランキング下降、試練の2017年。ツアーファイナル4年連続出場赤信号
  3. エコ1

    エネルギー問題

    省エネ、環境対策でエネルギー政策に貢献する民間企業の取り組み
  4. SNS3

    暮らし

    使用料無料SNSに潜む罠から身を守る:SNSトラブル消費者相談、中高年急増!自身…
  5. 18

    グローバル情勢

    海外派兵・軍人・軍需産業・・・。トランプの軍事政策の行方は?:トランプ政治とアメ…
PAGE TOP