9

いじめ

いじめられる子の親、いじめる子の親、双方が取るべき対応:「いじめのない社会」実現を考える(7)

先月11月上旬に、「いじめのない社会」実現を考える、シリーズの続きを
以下の2回投稿しました
◆「いじめ認知」とは、どの立場からの認知か?:「いじめのない社会」実現を考える(5) (2016/11/7)
いじめ行動を取らない、社会性と思いやりを持つ子どもを教え育む学校と社会を!:「いじめのない社会」実現を考える(6) (2016/11/8)

そのシリーズ7回目として、2016/11/30付日経の記事を紹介します。

--------------------------------
 急に無口に・持ち物が破損… 子のいじめ、親はどう対応:
 有村久春東京聖栄大教授に聞く
--------------------------------

子どもがいじめにあっているのではないか・・・。
普段は元気なのにふさぎ込んだり持ち物が破損したりするなど、いじめを受けて
いると思わせる状況があっても、子どもが何も言わないため思い悩む保護者は少な
くない。
親は子どもにどう接すればいいのか。
東京都教育委員会いじめ問題対策委員会委員長で東京聖栄大学教授の有村久春氏
に話を聞いた。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 子どもがいじめを受けている可能性が高いと分かった場合、詳しく聞くことによ
りさらに子どもが傷つくのではないかと心配する親は少なくない。
 だが、子どもの性格や様子を見ながら本人に聞いてよいと思う。
 ただし、聞き方には気を付ける必要がある。

 いじめを受けた側の親がやってしまいがちなのが、早急にいじめの原因を知りた
がることだ。
「どうしてあなたはいじめられたの?」とストレートに聞いても、すぐに答えられ
ないことが多い。

 もちろん、子ども自身がいじめられていることが恥ずかしいという心理から隠し
てしまうことも少なくない。
ただ、知っておきたいのは、「自分でも理由が分からないから答えられない」と
いうケースも多いことだ。
いじめを受けたことを秘密にしていたのではなく「説明できなかったから親に話
さなかった」という子が相当数いる。

 説明できないのは、「いじめ」そのものが、いじめる側にもいじめを受ける側に
も理解できない心理状態で行われていることが多いからだ。
 加害者側にとって、いじめは心理学的な視点では生理的欲求、つまり、食欲や睡
眠欲のように無意識に求める快楽行為の一つと考えられている。
 きっかけがあったとしても、エスカレートしていくうちに加害者側も無意識に、
ただいじめてしまうという状態になる。
 そうなると、いじめを受けている側も、なぜ自分が被害にあっているのか分から
ず、親にも説明ができなくなってしまう。

 そうした状況で重要になるのは、親の方から上手に聞き取ってやることだ。

 子どもの気持ちをしっかり言語化し、子ども自身に認識してもらうことが重要に
なる。
 その際に「スクールカウンセリング」の手法が参考になる。
 カウンセリングといっても病気のように原因を突き止めて治療するのではなく、
子どもの気持ちに寄り添い子ども自身が問題を解決する力を引き出すことが目的だ。

 子どもが交友関係のことでふさぎ込んでいるようであれば、最近心がすっきりせ
ずモヤモヤしていることがあるのではないかなど、答えやすいレベルの会話から始
める。

 「〇〇くんといて、こんなことで嫌な思いをした」という話が出てくれば、話の
先を急がずに、「そうか、そんなことされて悲しかったね」などとじっくり聞いて
やることだ。
 そうした上で「そんなことされると〇〇くんのこと苦手になっちゃうね。いじわ
るされると、宿題も習い事も集中できなくなっちゃうね」など、子どものモヤモヤ
した気持ちを分かりやすく言語化して、引き出してやるところまでしっかりと聞く。

 親が言語化した「モヤモヤ」が自分の気持ちと一致していたとき、子どもの心は
ぐっと晴れてくる。
 気持ちをすっきりさせた後で、「あなたはどうしたい?」と、今後の対処法を考
えるよう促す。
「嫌なことはしないでって、〇〇くんに直接言う」「先生に相談してみる」など、
子ども自身がいじめをどう解決したいのかを導き出せるようにしてやりたい。

 こうして、自分で「気持ちの処方箋」を持つことができると逆境に打ち勝つ力が
高くなる。
 精神的な回復力を高めることができる。
 この力が低いままでは、いつまでも嫌な出来事をグズグズと引っ張りがちになっ
てしまう。

%e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e5%af%be%e5%bf%9c
※記事中の資料を転載させて頂きました。

※有村久春氏:東京都の公立小学校の教員などから、東京都の公立小学校長を歴任。
昭和女子大学・岐阜大学などの教授を経て現職。生活指導、教育相談などが専門。
東京都教育委員会いじめ問題対策委員会委員長。現職、東京聖栄大教授

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 日経DUALのいじめをテーマにした読者アンケートでは、いじめに対する「気
持ちの処方箋」を持てたとみられる回答もあった。

 例えば、「いじめを受けていた子どもが、『泣いてばかりいる自分は嫌だ』と言
って、積極的に物事に取り組むようになった。学級委員を引き受け、習い事の格闘
技の稽古に励むようになった」(45歳母親)や、「いじめを止めることや軽減する
ことはできなかったが、本人の強い希望で中学受験を決断したことで、子どもの気
持ちの持ち方が少し変化したようだ」(50歳母親)といったものだ。

 自分で自分の問題を解決できるような子にしてあげること。
これはいじめ問題でなく、その後に待ち受ける受験や就職などの人生の転機や、
あらゆる人間関係の問題に応用できるだろう。

------------------------

日経DUALの無料購読会員なのですが、同媒体では
「子どものいじめ・SOS 親ができること 特集」というのをやっています。

第1回 子どものいじめの実態 学校関係者に聞いた
第2回 読者に聞いた「いじめに親はどう対応したか」
第3回 子どものいじめ なぜ親にすぐ打ち明けないのか
第4回 親の「聞く力」がいじめの解決を左右する
第5回 いじめ問題「先生のNG対応」 親が変えるには
第6回 いじめから不登校に。でも、また立ち上がれる
それぞれ、イントロ、さわりの部分は読めますが、残りの大部分は、有料会員だけが購読可
となっており、すみませんが、申し込んでいない私は読むことができません。
ご関心をお持ちの方は、有料会員になって頂き、購読いただければと思います。

と、これで終わってはいけませんね。

いじめに関する記事・レポートでいつも物足りなさ、突っ込みの浅さを感じるのは、これま
でも書いているように、いじめをする者に対してどうするか、ということです。

いじめが、年齢・年代によって、その在り方・問題の本質などまったく異なるので、一つの
考え方や対応方法で足りることなどありえません。

幼児の世界、小学生低学年、同じく高学年、中学生、高校生、異なる学校間・・・。
それぞれ、異なります。

11

いじめをなくす根本は、いじめる人間を撲滅すること。
そこから入るべきと思っています。

幼児の世界ならば、わがままをなくすことから。
そして、相手の気持ちを考えられるように教えることから。
躾のレベル、です。

小学校レベルならば、いじめられた時の思い、感情を分からせる教育をどのように行うか。
それが理解できないならば、いじめに遭う体験をさせ、その時の自身の感情を表現させ、
いじめ行動を抑制できるように指導する・・・。
それは問題だと、指摘されそうですが・・・。

中学校以上ならば、それらが暴力とみなされ、犯罪として少年法の適用を受け、監察処分
などを受けることがあること。
あるいは重大な結果を招いた場合には刑法の適用を受ける行為であり、社会的制裁を受け、
その後の長い人生において大きなハンデを負うことになること。
それらを教育カリキュラム組み入れ、社会人の基本としてて教える・・・。

そうした社会システムを、親、子自身、保育所・学校、そして社会が認識・共有し、活用
・実行すべきと考えます。

ですから、子どもがいじめられていることを早期発見し、対応することと同様、いやそれ
以上に、親は、自分の子どもが、他の子をいじめてはいないか、いじめる立場にないのか
に気を配り、いじめ行動を抑止するためのコミュニケーションにも、気を配るべきなので
す。

もちろん、恵まれない家庭環境で育った子どもが、いじめに走る性向を持つリスクが高い
とするならば、親にその役割を期待することが難しい。
その場合は、学校・教員が、あるいはスクールカウンセラーなどがその替りに役割を果た
す必要があります。社会が支えるわけです。

こうした観点、視点からのいじめ対策について、専門家の意見を聞きたいと常々考えて
います。
もし、そうした文献や情報などがありましたら、ぜひお教えください。

16

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 全国自治体で進む「子どもの権利条例」制定。欠かせない子ども相互の権利教育:「こど…
  2. パナソニックが「スマート畜舎」経営改善でスマート畜産業 支援
  3. 地方議員の政務活動費は、使途を公開し、成果を評価されるべき:『地方議員の逆襲』か…
  4. 近づかない「ミライ」?:発売から1年、忍耐が必要なトヨタのミライ戦略への疑問と期…
  5. ふるさと納税、特典に人気!3つの満足感で増えるリピーター

関連記事

  1. e4b9ba89157314da3a6adcc7480d16da_s

    スポーツ

    NPB日本プロ野球大改革案:セパ両リーグとも8球団、2地区制へ

    NPBの現状と他のプロスポーツ界との比較今日10月26日は2017…

  2. カプセル錠

    健康・医療

    ジェネリック医薬品への切り替え案内とメリット

    1年に2回ほどでしょうか、医療費の削減、抑制につながるようにと加入…

  3. %e6%96%b0%e8%81%9e%ef%bc%91
  4. 農地4
  5. 218
  6. ゴジラ1

    原発問題

    「原発」というテクノロジーの意味を考えるべき:『さらば、資本主義』から(2)

    今年(2016年)6月に<資本主義>と名がつく3冊の新書を読みました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 選挙3

    政治

    超党派議連が、選挙候補者男女同数化の「政治分野における男女共同参画推進法案」提案…
  2. %e5%92%8c%ef%bc%98

    地方・観光

    農水省が海外の和食料理店向け日本産食材紹介サイト:その先の展開は「和を以て尊しと…
  3. c6

    地方・観光

    2000年地方分権改革は機能しているか?:『地方議員の逆襲』から(25)
  4. EU

    グローバル情勢

    常にラディカルとは限らないポピュリズム。トランプ政治は初めから末期的?:『ポピュ…
  5. 1

    政治

    かち得た民主主義ではなく、与えられた民主主義的国家日本:『シルバー・デモクラシー…
PAGE TOP