AO4-5

スポーツ

2017全豪オープン、錦織圭、4回戦フェデラー戦敗退のポイントと課題:今シーズンの課題と期待(6)錦織ファンの勝手日記

1月16日(月)に、メルボルンで開幕した、4大大会のうちの今シーズン初戦、全豪オープン。
第2シードのジョコビッチが、2回戦で敗退。
第1シードのマレーが、4回戦で敗退、と波乱の2017全豪オープン。
順調に勝ち進めば錦織にとっては、初優勝のチャンスも出てくる・・・。
そう一瞬は思わされたのですが・・・・。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
全豪オープンを前にしての投稿は、以下の通りです。
2017全豪オープンに臨む、男子プロテニス世界ランキング5位錦織圭:今シーズンの課題と期待(1)
2017全豪オープンに臨む、男子プロテニス世界ランキング5位錦織圭:今期の課題と期待(2)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

勝ち上がった1回戦・2回戦・3回戦については、以下。
2017全豪オープン、錦織圭、辛勝の全豪1回戦に出た彼の特徴のすべて:今シーズンの課題と期待(3)錦織ファンの勝手日記
2017全豪オープン、錦織圭、ストレート勝ち2回戦の課題:今シーズンの課題と期待(4)錦織ファンの勝手日記
2017全豪オープン、錦織圭、4回戦フェデラー戦の意味と課題:今シーズンの課題と期待(5)錦織ファンの勝手日記

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今シーズン、世界ランキングを、悪くても4位を維持し、ATPマスター1000以上の大会での組み合わせを少しでも有利
にするために、なんとか難敵フェデラーとの対戦を勝ち抜きたい4回戦。
「フェデラー戦では、1ゲームでもサービスをブレークされれば必ず負けにつながります。」
と前回のブログで書きました。

ダンテコーチも事前に錦織に必要な課題の一つとして、Focus 集中を挙げていました。
珍しく立ち上がりが不安定で、ミスを連発したフェデラー。
続けてフェデラーサービスのゲームを2ゲームブレークして、3-0と、誰もがこれで第1セットは一方的に錦織が取ると思わ
れたのですが・・・。
ここで、錦織の課題、このセット、取れるという気の緩み、集中力の低下が出たことがこの試合の最大の敗因であり、そこ
に尽きるのでは、と私は思います。

4-1となるのは当然でしたが、その後の錦織のサービスゲームを2つ続けてブレークを許してしまい、5ゲーム4連取され
4-5と逆転されてしまった。
ここで踏みとどまり、6-6のタイブレークに持ち込み、なんとか第1セットを取ったのですが、ここで体力と神経を相当津使
い、かつフェデラーを完全に復活させてしまった。
第6ゲームのブレークバックで、2ゲームブレーク先行の優位性が、1ゲームのみのブレークに変わり、フェデラーを勢いづ
かせ、自身がプレッシャーを感じることになったはず。
サービスゲームをキープし続ければ、6-2の8ゲームで終わったはずの第1セット。
第2セットの1-6という一方的な展開にはならなかったと言えます。
並みの選手ではなく、グランドスラム17回優勝という、記録を持つフェデラー。
気など抜いておれないことは分かっているはずなのですが、ここでもやはり甘さが出てしまった。

AO4-3

ゲーム展開と夕食の時間と重なったことなどから、第2セット第7ゲームをブレークされた後は中継を見ませんでした。
全豪の公式サイトで、ゲームの進行をチラ見したのですが、一方的な展開に思え、中継は見ませんでした。
1-3で終わるかと思っていましたが、ファイナルセットまで持ち込んだ。
しかし、第5セット、第3ゲームを終えて0-3でリードされ、そこでメディカルタイムアウトを取り、背中から臀部に
マッサージを受けたとのこと。もう体が言うことをきかなくなってしまっていたわけです。

やはり、第1ゲームの油断、緩みの影響・結果がここに表れたと考えます。

AO4-4

7-6、4-6、1-6、6-4、3-6。
ファイナルセットで2-3.
善戦、惜敗と表現されるかもしれませんが、惜敗も完敗も負けに変わりはありません。
勝者と敗者しかないのです。

自身のサービスゲームをキープし続け、なんとか粘って、タイブレーク勝負に持ち込む。
この集中力・持続力が絶対に、上位選手には必要なのです。

象徴的、対象的なのが、同じ4回戦で、セッピと対戦した錦織の一つランキングが上の、スタン・ワウリンカ。
何と3ゲームともタイブレークに持ち込み、3ゲームともワウリンカがモノにしてストレート勝ちし、ベスト8に進出を決
めました。
こういう集中力・持続力が、まだ錦織には欠けるのです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この試合のデータは、以下の通りでした。(全豪オープンのHPより)

AO4-0-3

ファーストサービスが入る確率は、65%とまずまずでしたが、エースの数がフェデラーの24本に、大きく見劣りします。
それもあって、1stサービスの時のポイント獲得率が、格下の選手の時とは大きく違い、低くなっています。

やはり、フェデラーやマレー、ジョコビッチには、ブレークを許せば勝ち目はないのです。

 

----------------------------------

全豪オープン公式サイトの、Matt Trollopeによる、フェデラー戦のレポートの一部は以下のようになっていました。
ハイライト動画も見ることができます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

Federer required three hours, 24 minutes to see off the fifth-ranked Nishikori 6-7(4) 6-4 6-1 4-6 6-3, a high-quality affair full of magnificent shot-making and exhilarating athleticism.

Federer finished with a jaw-dropping 83 winners and 24 aces to just 47 errors.

“I thought Kei played a great match. I thought it was a great match, a joy to be a part of it,” he said.

“I wasn’t playing badly (in the first set), maybe I wasn’t

Nishikori blazed out of the blocks, scoring two breaks en route to 4-0. From 5-1 down, Federer settled and rattled off the next five games in an impressive comeback.

Although Nishikori came out on top in the tiebreak, Federer had discovered his range and was the superior player in the next two sets.

Nishikori, by contrast, fell in to a funk at the end of the third, dropping 12 of the last 14 points.

But the fifth seed rallied impressively, taking advantage of some loose Federer play in the fifth game of the fourth set to take a 3-2 lead. He hung onto that advantage and sent the match into a fifth.

Here, Federer wrested back control. He broke Nishikori – who was struggling with a back injury that required courtside treatment – in the second game and quickly built a 4-1 lead.

Serving for the match, he completed the victory in resounding fashion with a love hold and a vociferous celebration.

I thought it couldn’t get any worse from there.

“He’s not the bigges t server on tour, but he’s one of the best baseliners out there. It was hard not to win the first set after all the effort, but it did pay off in the end.

“This is a huge win for me in my career.”

----------------------------------------

 

また、ATPツアーの公式サイトでのこの試合のレポートは、以下です。
(一部抜粋です)

------------------------------------
 Federer Outlasts Nishikori For Quarter-Final Berth
------------------------------------

Roger Federer dug in his heels to stop Kei Nishikori on Sunday at the Australian Open, rallying past the fifth seed 6-7(4), 6-4, 6-1, 4-6, 6-3 in three hours and 23 minutes. Federer secured a milestone 200th win over a Top 10 opponent, becoming the first active player to achieve the feat.

“He played his heart out and I thought he played a great match, I’m happy to be a part of it,” said Federer. “He was hanging tough and playing really well on the big points. I was telling myself to stay calm and this is what I trained for in the offseason. This is a big moment for me in my career.”

The four-time champion exhibited great resolve in fighting back for his 25th career five-set victory. He will feature in the quarter-finals at Melbourne Park for the 13th time in the last 14 years, with a date against Mischa Zverev awaiting on Tuesday. Federer won their previous two FedEx ATP Head2Head encounters, most recently on the grass of Halle in 2013.

You May Also Like: Another Milestone For Roger: Swiss Grabs 200th Top 10 Win

Federer fired a staggering 83 winners, including 24 aces, while converting seven of 18 break chances. But it wasn’t all smooth sailing for the 17th seed. Striking the ball with conviction and peppering the Federer backhand early and often, Nishikori burst out of the gates, breaking twice in a row for a 5-1 first-set lead. The Japanese was more aggressive in the initial stages, jumping on Federer’s second serve and crashing the net frequently.

But the Swiss stayed the course, slowly chipping away at Nishikori’s lead and eventually drawing level at 5-all. Nishikori would take the opener in a tie-break, but momentum had swung firmly in his opponent’s corner. Federer streaked to a two-sets-to-one lead and later snatched a quick break for 2-0 in the decider, after Nishikori sent the match the distance. He would emerge victorious on his first match point with an emphatic overhead smash.

“I didn’t expect him to play this well from the start and that put me on the back foot for the remainder of the match to some extent,” added Federer. “But I was able to wrestle it back in my favour. I got myself into the match and started to play the good sets that I knew I could. The question was could I hang with Kei until the very end. I was able to do that, so I’m super happy.

“You have a game plan and he’s got a game plan. Sometimes it doesn’t match up the right way for you. He was quick out of the blocks. I was accepting it and moving on with it, trying to at least find some sort of a rhythm going into the second set… I was still upbeat about my chances after that first set. I think it gave me something coming back into that set actually.”

But the Swiss stayed the course, slowly chipping away at Nishikori’s lead and eventually drawing level at 5-all. Nishikori would take the opener in a tie-break, but momentum had swung firmly in his opponent’s corner. Federer streaked to a two-sets-to-one lead and later snatched a quick break for 2-0 in the decider, after Nishikori sent the match the distance. He would emerge victorious on his first match point with an emphatic overhead smash.

Federer improved to 5-2 against Nishikori in their FedEx ATP Head2Head series, meeting for the first time since the Swiss prevailed in their group stage match at the 2015 ATP Finals. The Japanese saw his three-match win streak in five-setters snapped, falling to 14-6 in his career. According to the FedEx ATP Performance Zone, his impressive 100-31 (.763) career record in deciding-set matches remains tops among all players in the Open Era. Learn More

“I’m really disappointed to lose like this, especially after I started really well,” said Nishikori, who exited in the Aussie Open fourth round for the third time in five years. “I missed some chances from 5-2 in the first set and I think I let him come back. He was playing good tennis especially in the middle, the second and third sets. I maybe had some chances in fifth set to come back in the match, but he was way too strong.”

AO4-6

--------------------------------------

さて、残念ながら、錦織の2017全豪オープンは、4回戦敗退で終わりました。
どうやら、世界ランクは、ラオニッチ、ワウリンカとも前回よりもポイント獲得を増やしそうで、錦織との差がより
広がります。

この後、2月は南米に闘いの場を移してのATPツアー。
連覇中で相性がいい、米国でのメンフィスオープンをパスしてのランキング戦略。
ドローに恵まれず、ポイントを落としてしまった全豪の結果を取り戻せるか・・・。
5セットマッチのグランドスラムよりも、ATPマスターズ1000での大会の初優勝を現実的な目標として、2月からの
ツアーに臨んで欲しいと思います。
下のクラスからの突き上げもありますが、上位選手の安定性にも疑問・不安がある今シーズン。
マスターズ大会は、ランキング上位選手が全員そろうことはめったにないので、錦織にとっては、決勝にまで勝ち進む
可能性が、グランドスラムよりも大きいからです。
一層、体調管理に気を付けて、長く過酷なシーズン、頑張って欲しいですね。

AO4-1

 

 

 

 

 

 

 

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 豊島区「秩父移住を検討する会」立ち上げ:危機感と豊かな財政を背景とした23区の積…
  2. 再生可能な人類が果たすべき、再生可能エネルギー社会の創造と温暖化防止
  3. 地方の私立大学が「公立化」する背景と課題:公費=税金が投入される公立大の存在意義…
  4. 総務省のふるさと納税返礼品自粛要請。効くか、効かぬか。新たな格差と制度矛盾
  5. 組織的犯罪行為と言える富山市議、政活費不正受給の背景:その報道から考える(2)

関連記事

  1. 錦織圭

    錦織圭 試合速報:マイアミ・オープン2回戦2-0ストレート勝ちで3回戦進出!

    3月25日から始まっている今季ATPマスターズ1000シリーズの第2戦…

  2. sf-4
  3. kwin2

    スポーツ

    錦織圭、2016USオープン準々決勝、宿敵マレーとのファイナルセット、死闘を制し逆転勝利!

    男子プロテニス、現在世界ランキング7位、錦織圭。ついに難敵アンディ…

  4. 錦織圭

    錦織圭、2015ATPツアー初戦ブリスベン国際シングルス、決勝進出ならず!

    錦織圭、ブリスベン国際シングルス3年連続で準決勝で敗退!世界ラ…

  5. AO3-6

    スポーツ

    2017全豪オープン、錦織圭、4回戦フェデラー戦の意味と課題:今シーズンの課題と期待(5)錦織ファン…

    1月16日(月)に、メルボルンで開幕した、4大大会のうちの今シーズン初…

  6. Italy2-3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

worldbanner2
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 地熱湯沢

    環境・エネルギー

    湯沢市大規模地熱発電所建設で考える、固定価格買い取り制度に頼らない電源開発・電力…
  2. 大樹寺

    地方・観光

    社寺・街道・酒蔵・ロケ地・近代建築・エコ等7「テーマ別観光」支援:外国人訪日客の…
  3. poli3

    地方・観光

    地方議会・地方議員について何も知らない自分:『地方議員の逆襲』から(6)
  4. エコカー4

    環境・エネルギー

    日産のEV戦略よりも、水素社会実現につながるFCVを応援したい
  5. 地方4

    地方・観光

    地域経済の活性化、まちおこし。その本質を考える
PAGE TOP