3

地方

高齢就農者の離農が招く世代交代と農業改革:『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から(15)

GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(窪田新之助氏著・2015/12/17刊)
本書を紹介し、日本農業のこれからの可能性・期待について考えるシリーズ。

【はじめに】
第1回:自動車産業を超える農業の可能性、その根拠は?
【第1章 農業を殺した「戦犯」たち】
第2回:大規模稲作農家の離農という矛盾と米価との関係
第3回:減反・米価政策等農業保護政策が招いた稲作農業の経営実態
第4回:重労働、高齢化に抗することができない農業の弱点
第5回:70歳が農業就業者の定年?2017年大量離農予測の根拠
第6回:農家の減少と高齢化をどう捉えるか
第7回:「農家」「農業」とは?新規農業就農者の多くが60歳以上という現実
第8回:農家全体の7%で農産物の全販売金額の6割を生み出す農業
第9回:「青年就農給付金」制度の運用は、非農業出身者を重点にすべき
第10回:耕作放棄地は、不要な農地造成政策のツケ
第11回:耕作放棄地再生の目的・成果評価の見える化と農政改革
第12回:農家の総兼業化と低い労働生産性を招いた原因
第13回:高齢者の離農と若い世代の就農で、新しい時代の農業へ
第14回:兼業農家と高齢者農業のこれから

今回は、第15回です。

------------------------------
 第1章 農業を殺した「戦犯」たち(14)
------------------------------

大量離農に未来を見る農家の本音

 以上述べてきたように、これから農業には大きなチャンスが訪れる。農業に夢を
抱いている農家たちは、こうした変容に大きな期待を持っている。
これについては論より証拠。滋賀県で大規模に水田農業をしている30代の農業従
事者4人とともに、2015年の田植えを前に座談会を開いたので、それを紹介したい。
読めば納得してもらえるはずだ。また「農業は儲からない」「農業は衰退産業」
といった世間一般のイメージが、多少なりとも変わるはずである。

ー まず、なぜ農業を始めたのか聞かせてください。 

井狩篤士(イカリファーム取締役):
 実家が農業をしていたこともあるけれど、知人に農業をすると打ち明けたとき、浴
びせられた言葉もひとつのきっかけですね。「なんでそんなコストフォーマンスの悪
い仕事に就くねん」って。
 この言葉はいまでも強く印象に残ってる。そんときは、なんで農業やったこともな
い人間に、そんなこといわれなあかんねんって、腹立ちましたは。それに、おやじが
いままでやってきた農業が、すっごい傷つけられた気がした。でも冷静に考えると、
それが農業に対する一般的なイメージなんだと。
 農業っていえば年寄り、田舎くさい、格好悪い、儲かっていない、といったイメー
ジが強い。だったら見返してやらなあかんと。大手企業と遜色ないぐらい給料を得ら
れる農業をせないかんというのが根本にありますね。

森嘉信(滋賀モリファーム代表):
 僕は最初は地元の農協に勤めたけど、20代で辞めて、実家で就農したんです。親父
の体力が弱くなってきたのもあるけど、農業もそれなりに儲かるのではないかと思った。

小畠豊章(多賀農産社員):
 それは同感。僕は非農家出身で、井狩とは滋賀県立大学の同級生。大学卒業後にク
ボタに入って、滋賀のコメ農家を営業で回っていたら、みんなやたらと儲かっていた。
それなら自分でもやってみたいと思い、5年前にこの世界に入った。

ー 水田農業経営は儲かると。世間は米価闘争の印象が強いから、そう思っていない
はずですよ。

小畠:いや、みんな設けてないふりしてるだけですよ。
井狩:近江商人の国だから、儲かってても、いわない(笑い)。
小畠:やり方次第ですよね。本気でやってる専業農家は、きちんと儲かってる。

ー 小畠さんはどうやって転職先の農家を見つけたんですか?
小畠:クボタの営業で回ると、後を継がないかと結構声をかけられる。そのうちのひ
とつが今の勤務先。

ー 息子でなくても継いでほしい農家は多いですよね。
井狩:そうそう。後継ぎがいない農家なんていくらでもある。だから、ほんまに担い
手不足で困っているなら、後継ぎがいない農家は人材募集をかけたらいい。農機だっ
て納屋だって難でも揃っているんだから、いきなり食べられる状況は作れるわけで。
小畠にはうちも声をかけたけど、断ってきよった。
小畠:こいつの下で働くのはありえへん(笑)。というのは冗談にせよ、俺は経営者
になりたかった。人に使われるより人を使うほうが面白い。それに小さい会社だと自
分の思うとおりにできますやん。

ー 農業は大きな転換期を迎えたといわれるけれど、その実感はありますか?
森:うちは集落のみんなから肩を叩かれてます。後は任せたよ、と。農家は高齢化し
ているし、僕以外のほかの若いもんは農業やらないし。いずれは集落の全農地を自分
がやることになるはず。経営面積はいま41ヘクタールだけど、それが5年以内に60ヘ
クタールは超えるでしょうね。
 これはかなり前向きにとらえています。連担化(=農地を集積すること)できるの
で、作業効率がぐっと上がりますから。
小畠:うちもどんどん農地が集まってきてる。借りている田んぼは綺麗にしてるから、
地主からの評判が良くて、面積はどんどん増えてくる。これからもっと増えるはず。
 隣の集落の集落営農組織は崩壊寸前だし、5年後には80ヘクタール近くまで増える
だろう。10年後には100ヘクタールはいくかな。

ー 今後はかつてないほど農地が集まってくるわけですね。そのためにどんな備えを
しますか?
小畠:1枚当たりの平均面積が22アールと小さいので、畔を抜いて2枚を1枚にしてい
きたい。それで機械の作業効率を上げる。
森:僕も同じ意見。米価は上がる見込みはないから、農地を合筆して1枚当たりの面積
を大きくし、コストを下げていきたい。
井狩:僕は海外から肥料の原体を直接仕入れることを考えている。みんなで共同輸入
して、それを分け合えば、相当に安くなる。
森:凄いな、そんなことできるんか。そこまでは考えてなかった。

田中康仁(田中パイロットファーム代表)
地元農業後継者クラブでそんな話があったな。みんなで肥料を買えば半値でいけるらしい。
井狩:いや、もっと安くできるよ。たとえば硫安ならコストが5分の1に抑えられる。
やり方しだいで、これからの農業はどんどん面白くなりますわ。

4

次回、本書の最終回としての <「これからの農業はチャンス」> です。

-----------------------------

2年前のインタビューなので、今もちゃんと経営が続いているか、ちょっと心配したのですが・・・。
まったくの杞憂でした。(失礼しました!)
4社中、3社は専用のホームページがありましたし、内2社は、Facebookページもあり、最近
の投稿も見られました。
イカリファームFacebookページ
多賀農産Facebookページ

営農農家の高齢化と、伴っての高齢者の離農数の急増がチャンス。
問題課題が、180度前後ろを換えると、逆に優位性に変わる。
若い世代中心の農業経営にシフトし、少数精鋭で生産性が向上する。
それが高収益、高収入に直結する。
地方再生・地方創生のひとつの軸は、間違いなく農業であると考えます。
農業という単一の業種にとどまらず、各種商品の開発と流通・マーケティング、参加・体験や
観光を含めたサービス事業など、地域創生総合事業化を想定してのものとなります。
ICTがそのインフラとして必須であり、一層多世代・多様事業化が進みます。

22

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

3月20日のブログ
失敗例も多い企業・農業法人による植物工場経営:これからの農業・再考シリーズ、再開へ
で述べたように、先日、本書の続編といえる、
日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活』(2017/2/21刊)
が発売されました。

GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』から換えて、この書を紹介して現状と
今後の農業を考えるシリーズを、4月から開始します。

-----------------------------

-『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』構成-

はじめに
第1章 農業を殺した「戦犯」たち
第2章 世界5位を誇ったコメの実力
第3章 大進化するコメ農業の可能性
第4章 輸出産業となった日本農業
第5章 ロボットと農業参入者のシナジー
第6章 農業の「多面的機能」で世界に
おわりに 

-----------------------------
【著者・窪田新之助氏プロフィール】
1978年生。明治大学文学部卒。
日本農業新聞入社。以後8年間、年間100日ほど国内外を取材。
農業政策、農業ビジネス、農村社会の現場をレポート。
2012年フリーに。
2014年、米国国務省の「インターナショナル・ビジター・
リーダーシップ・プログラム」に招待され、アメリカの農業の
現場を視察。

ピックアップ記事

  1. 見えないユニー、ファミマ経営統合事業戦略:ファミマ、サークルK合併で何が変わる?…
  2. 新・都市鉱山物語:廃棄太陽光用パネル、リサイクルでインジウム等レアメタル抽出
  3. 井関農機、ワコール、三越伊勢丹、農業女子のための商品開発・販売
  4. 錦織圭 試合速報:シティ・オープン準決勝、2-1見事逆転勝ちで決勝へ!
  5. 北海道マンゴー、蒲郡デコポン、北限の桃、極実西瓜:新産地とブランド化の果実

関連記事

  1. ふるさと納税Map
  2. 豊作計画
  3. 綾町野菜

    地方

    ふるさと納税を、自治体の地方創世・農業・観光統合戦略推進ソフトに

    前回、ふるさと納税人気が自治体が競って取り組むことで 高まっていること…

  4. 桃2
  5. 1

    政治

    かち得た民主主義ではなく、与えられた民主主義的国家日本:『シルバー・デモクラシー』から(4)

    『シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任』(寺島実郎氏著・20…

  6. 同窓0

    地方

    故郷の自治体が同窓会を補助:結婚・移住・定住目論見が、とんだ藪蛇に?

    もう9月に入るかという時期に、ちょっとタイミングがずれてますが、気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

覚えるパスワードを1つに!

worldbanner2
2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ロゴマルシェ - LogoMarche
  1. 4-11

    スポーツ

    錦織圭 試合速報:ATPツアー、ロジャーズ・カップ3回戦、2-0ストレート勝ちで…
  2. 収穫6

    地方

    人口減少地方創生の基本は、土地活用政策と新・第一次産業改革
  3. 農機2

    農林水産業

    輸入米対抗策、低コスト生産の業務米か高級ブランド米か:コメ大競争時代へ備える
  4. 人口減少

    配偶者控除見直し策、女性就業率と出生率向上策のムリと矛盾
  5. 収穫

    地方

    コメ・ウォーズ:地方創生の武器のひとつ、熱く、温かいブランド米の美味しい戦い
PAGE TOP