037

政治

復興相更迭。「緩み」で済ませるべきでない、資質を欠く政治屋、その存在を許す政治、それを選出する国民という根源問題

「緩み」。
いつの間にか、責任がないことの言い訳や、その責任を咎めないがために、意図的に使い、使われる
ようになってしまった、以下にも日本的な、情緒的な、心優しい言葉、「緩み」。
責任を問われるべき人にとっては、「癒し」を含んだ言葉に聞こえるのではないでしょうか。
まず、最近の、2つの日経記事からの抜粋を紹介します。

-----------------------------------

2017/4/26付日経から

「1強政権ゆるみ露呈 今村復興相を更迭」

今村雅弘復興相が失言を重ね、事実上更迭された。
 東日本大震災の被害を「まだ東北でよかった」と言い放ち、被災者の心を傷つけた責任をとった。
 失言や不祥事問題などで安倍政権の閣僚らが謝罪や撤回をしたり、役職を辞任したりするケース
が目立つ。止まらぬ舌禍は「安倍1強」政権の緩みを印象づける。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2017/4/24付日経
「失言相次ぐ政権「緩みある」73% 共同通信世論調査」

共同通信社が22、23両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍政権の山本幸三地方創生担当相
ら閣僚による問題発言や、政務官の不祥事が続いたことについて「緩みが出ていると思う」との回答が
73.2%に上った。

036

---------------------------------------

いかがでしょうか・・・。

「辞任」は、自らの意志決定による行動。
本来「更迭」措置人事ならば、大臣就任という履歴を抹消すべきもの。
「辞任」は、責任が問われることを回避・否認する意味合いが残る。
毎度の、大臣や国会議員の不始末・不祥事とその処理の仕方は、常識・良識が通じない
政治村の政治屋たちの異質で硬直化した疑似社会を映し出しています。

何かにつけ、こうした状況を、マスコミは「緩み」と表現します。
それは、指弾すべき性質のコト、モノを、まさにその手を、その声を「緩める」もので
あることにマスコミは気付いていません。
本来「緩み」で済ませられる性質のもの、仕事ではないはずなのですから。
国政を預かっている者に、緩みなど許されるものではありません。
そして政治家?は、そのおかしな、庇いだて用語を、さも当然のごとく、受け入れ、利
用する。
そうそう、緩みなんです、うっかりなんです、本心ではないんです、だから大目にみて
やって・・・。
そんな緩い感覚に、さらっと、軽く、乗ります。
あとは、本人の自覚の問題です、と・・・。
子どもたちの無邪気な遊びの感覚に近い・・・。

マスコミは、こうした世論調査で、選択肢に「緩み」という文言を入れることに何の躊
躇もないのでしょう。
そこにも「緩み」があります。
どちらの「緩み」にも、本質が背後に常にあり、時々、本音として、率直な思いとして
表出します。

悪気はない、そんなつもりで言ったのではない・・・と言い訳し、抗弁する。
悪気がなく、そんなつもりがないことを、その発言の意味することを考えることもなく、
「緩く」「軽く」口に出す。

政治家云々以前に、職業人としての資質を欠いている。
加えて、職業としての政治家を選んだその目的・動機自体に、不透明さ、軽さがある。
その重さは、政治村において、議員相互が「先生」と呼び合う異常性で、かき消され、
異形化・異質化・麻痺化されている。
責任とは何に対する責任で、責任を取るとはどういうことを意味し、どうすることが責
任を取ることなのか、自分勝手な責任論で幕引きを図る。
しかも、しぶしぶ・・・。
なんでこんなことで、なんで俺が、という、やはり子ども・幼児の感覚を抱いたままで
・・・。

任命責任にしても、更迭的辞任を認め、謝り、次の担当にすげ替えることが責任。
簡単なものです。
子どもの社会のレベルと変わらない・・・。

かくして、政治家という高潔・高邁な職業倫理を消失した、せいぜい政治屋さんの集う
ところと成り下がってしまった議員社会、国会村。

034

360度海に囲まれた特殊な事情を、疑いもなく当たり前と無感覚に抱き、地政学的にも、
歴史的にも、危機感・緊張感を「緩く」さえ持つことなく生きている日本社会と人々。

おもてなし、癒し、緩み、絆・・・。
日本の情緒情意特性が、対外的に、プラスに受け止められ評価されているうちはいいで
すが、恥ずかし気・恥じらいなく自ら発言し、それが本意ではないと言い訳するような
事態を招くことになる、なったとすれば・・・。
これは、やはり、大いに恥、心すべきことではないか・・・。

情意・情緒レベルにとどまっているうちは、まだいいですが、経済や安全レベルの具体
的・現実的・物理的な害・影響に至るような場合にはもう取り返しが効かない、ごめん
なさい、では済まない・・・。
緩かった、甘かったでは済まない・・・。

決して、わが国の勘違い政治屋は、圧倒的多数政党である自民党等与党議員に限ったこ
とではなく、旧民社党・現民進党等野党も同様であることが、この国のことのほかの
「緩さ」を示している現実。
それを許している根源が、その議員の資質・適性を正しく評価できず、議員に選出して
いる国民・住民にあるのだという、これもまた現実。
「一億総緩み社会」の日本という認識を持つ必要があると、強く、思うのですが・・・。
しかし、その矛先を向ける視線も、刃も、どうも「緩く」なりがちなのであります。
とほほっ・・・。

032

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ピックアップ記事

  1. 農業法人増加で雇用22万人:低賃金・高コスト・低生産性・人手不足。まだ高い農業改…
  2. 新・都市鉱山物語:廃棄太陽光用パネル、リサイクルでインジウム等レアメタル抽出
  3. JX、KDDIと提携。電力小売り小売自由化で、セット割・ポイント・値引き・組合せ…
  4. 新しい地域づくりのハードとソフト、広域コミュニティと生活諸条件:『農山村は消滅し…
  5. (時事解析)「農業構造の転換」で整理・確認する日本の農業構造改革の基本

関連記事

  1. デコポン
  2. 運用5
  3. プラトン

    原発問題

    脱原発と近代とはどういう関係があるのか:『さらば、資本主義』から(5)

    今年(2016年)6月に<資本主義>と名がつく3冊の新書を読みました。…

  4. 0-30

    未分類

    脱時間給制度?、日欧での車の安全基準統一、イクボスの育成、移動式水素スタンドサービス化、等:2月14…

    今月から、介護やライフ・ステージに関する他のブログも平行して投稿してい…

  5. 温暖化1
  6. 宇宙2

    日記・随論

    自然科学から宇宙科学への転換と人間の変化:『さらば、資本主義』から(6)

    今年(2016年)6月に<資本主義>と名がつく3冊の新書を読みました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
RSS
  1. けんせつ小町

    未分類

    スカイマーク再生支援のインテグラル佐山代表談話、百度・訪日中国人にスマホ無料で、…
  2. 太陽光7

    エネルギー問題

    太陽光発電行政の場当たり的政策のツケが国民生活に:子供だましの長期利用促す保守管…
  3. ベンツGLCred

    環境・エネルギー

    ダイムラー、燃料電池車を2017年発売:EVかFCVか、エコカーの競争段階前哨戦…
  4. 農業大学校

    地方・観光

    日本農業経営大学校、広がる卒業生の取り組みとネットワーク化:農業経営者輩出基地へ…
  5. FCスタック

    水素エネルギー

    究極のエコカー、燃料電池車(FCV)用水素の盲点
PAGE TOP